セルマネジメントのあれこれ

サボりたいときはサボろう

普段、僕は1日どのくらい仕事をするか決めています。

時間より質だとは思っていますが、時間を決めることで無駄な時間をなくすことができます。

 

例えば、1日10時間何かをやると決めたら、結構大変だから移動時間とかも無駄にしていられないし、ボーっとする時間なんてないなと思うようになるわけです。

 

だけど、昨日はまぁやる気が出ず(笑)、夕方早々に帰宅しました。

なんやかんや帰宅してから仕事はしましたが、とりあえず飯を食って普段はそんなに見ないテレビを見てちょっとだらだらしました。

 

この時間の組み立て方はサラリーマンではできそうにありません。どうしてもコアタイムが決まってますから。そういった意味で効率的な時間の使い方ができるのが今のスタイルのいいところだと思っています。

 

サボりたいときはサボればいい。

だけど、サボることに対する評価ってあまりない。

 

サボるというのは次に向けてエネルギーを蓄えたりアイデアを蓄積したり、頭を整理する時間を確保することに他ならない。

 

こうすると決めたからそれは絶対、、というのも無理なければいいが、単に動いているだけっていうのは生産性が悪かったりするから、やっぱりサボるっていうのは重要だと思う。

 

サボると頑張るは、成果を出す過程において、セットで使われるものなんじゃないかなって。

だから、疲れたときはサボっちゃおう。

 

それがいいことだと、信じて!笑



プロフィール

田中亮行
田中亮行
「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要なことが“セルフマネジメント”だと考え、日々研究するようになりました。このブログはそんなセルフマネジメントについてアウトプットする場として作りました。
普段は企業のホームページのコンサルティングやデザイン・開発をしています。
ソーイ株式会社 代表取締役
詳しいプロフィールはこちら