セルマネジメントのあれこれ

1日の始まりは朝ではなく就寝時

どうもです。

久々のブログです。

かなり。。

 

このブログ、ちょっとタイトルを変えました。

もともと「アウトプットブログ」という名前のブログだったのですが、「セルフマネジメントのあれこれ」にしました。

 

ちょっとではなく、だいぶ変えています。

 

変えた理由は気分的なことが大いにありますが、、、ちょっと心機一転しようと思いまして。

セルフマネジメントってめっちゃ大事だということをずっと思っていて、いかにセルフマネジメントを極められるかっていうことの取り組みを自分でやってきたのですが、まぁ奥が深いですね。

 

セルフマネジメントができるようになると、自分を上手に使えるようになるわけで、何やるにしても効率的になるわけです。短時間で集中力を発揮して仕事を一気に進められたり、ストレスレスで推進できたり、継続的に努力できたりと、結果を出せる自分になるというのがセルフマネジメントの最大の魅力だと思っています。

 

セルフマネジメントで最近意識していることは

最近意識しているのは、寝る時間ですね。

僕、一日の始まりは朝ではなく就寝時だと思っているんです。

朝何時に起きるかは夜寝る時間が大きく影響しますからね。

 

朝早く起きるとやっぱり気持ちいいですし、夜更かししていたときに比べると断然頭がスッキリしています。

だから朝早く起きることを大切にしていますし、そのために就寝時間に気をつけています。

 

また、朝と昼と夜など、時間別の時間の使い方も意識しています。

例えば僕は朝に企画系のことをやることが多いです。

寝ている間にその日に脳に溜め込んだ情報が整理されるとよくいいますが、朝目覚めたときは脳がスッキリ整理されている状態で企画系の仕事が捗ります。

 

昼は僕の場合は、あれば単純作業や事務作業を中心にあまり頭を使わなくてもよいものをやります。少し疲れた脳でも、こういう仕事は集中して続けられます。

 

そして夕方は、退社前の「あと少し頑張れば」の心理が働いて自然と頑張れるので「今日はあとこれをひと押し進めておこう」というようなことをやること多いです。そういった意味でだらだら仕事をしないと決めることも大事ですよ。

 

このように時間帯によってどんな仕事をすると効率的にできるか考えてみてはどうでしょうか。特に、朝の脳みそがスッキリしている時間帯を上手く使うことをちょっと意識してみると時間の使い方がよりよいものになり、1日がリズミカルになると思います。

 

それには1日のはじまりが就寝時であるという意識を少しもつと良いと思いますよ。

 

 

 



プロフィール

田中亮行
田中亮行
「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要なことが“セルフマネジメント”だと考え、日々研究するようになりました。このブログはそんなセルフマネジメントについてアウトプットする場として作りました。
普段は企業のホームページのコンサルティングやデザイン・開発をしています。
ソーイ株式会社 代表取締役
詳しいプロフィールはこちら