セルマネジメントのあれこれ

満員電車に乗る = 究極に不毛な時間を過ごす

もっと日本にフレックス制度を使う文化が広まれば満員電車もだいぶ解消されると思うのですが、いつになったら満員電車はなくなるのでしょうか。

1.ミスって満員電車に・・・もう金輪際のりたくない…です

満員電車、、、のってますか?

東京の中央線なんて混雑する時間帯は最悪ですよね。

僕はサラリーマン生活が6年半ありましたが、満員電車は数えるほどしか、のらなかったと思います。というか、自転車通勤でした。笑

たまに出張で何も考えず電車のったら満員電車だった・・・ということが年に数回あったぐらいですかね。

就職が決まって茨城から東京(地元は福岡です)に出てくるときに、「絶対に満員電車だけはイヤだ」というのがあったので、ちゃりんこをキコキコしながら行ける範囲のところに住んでいました。

なんでこんな話をしているかというと、わたくし、フリーランスの身であるにも関わらず、今朝、不覚にも満員電車に乗ってしまい、改めて思うことがたくさんあったからです。しかも、あろうことか、中央線の思いっきり混雑する時間帯に加えて大雨のため大混雑。。

打ち合わせが9時からだったので8時過ぎの電車に乗る必要があったのですが、この時間帯の中央線がやばいことをすっかり忘れておりました。

さらに途中でガタイのいいお兄さんがのってきて、その人からエルボーを胸にぐりぐりくらいながら電車にのっていました。

ちなみにとあるウェブアンケートによると、通勤で使いたくない路線は1位から順に「JR埼京線」「JR山手線」「JR中央線」だったそうで、理由はもちろんその混雑っぷりですね。

そんな満員電車にのって改めて思ったことを書きます。

2.満員電車って負のオーラしかない

満員電車で笑顔の人を見たことはありません。苦笑いの人はたまにいますが…。

基本的に皆さん、平静を装っていますが、かなり険しい顔をしています。目をつぶっている人もだいたい眉間にシワがよっています。

だいぶいらついていますよね。

負のオーラが漂っています。

殺気立っています。

中には舌打ちなんてしちゃう人も見かけますし、乗り降りの際は、もう一種の格闘技です。

身が削られる思いです。どれだけベッドの上で清々しい朝を迎えようがなんだろうが、この数分で1日のパワーを浪費してしまいます。

これはあからさまに浪費です。

僕は電車の移動中などはスマホで他人の記事を読んだり、検討中の企画などを頭の中で考えたりしていますが、スマホなんて見れませんし、ものを考える気力すら根こそぎ持っていかれます。

こういう人たちはたくさんいると思いますが、これだけで日本の生産性がどれだけ落ちているんだろうと真面目に考えてしまいます。

ちなみにたまにぎゅうぎゅうの中で新聞を広げている人がいますが、いったい何を考えているんでしょうか?笑

ほら、こういうことを考えるだけでも眉間にシワがよります。

満員電車で音漏れ激しい人が隣にいるとMAXでいらいらしてしまいます。

不毛なんですよね、、このパワーの使い方は何にもなりえません。せめてもの思いで僕はブログのネタにしていますが。。

3.今すぐ満員電車にのることをやめよう

今日は不覚にも満員電車に乗ってしまいましたが、本来、自分の時間をそういう無駄に労力を削られる部分に当てるべきではないと思います。

今日なんてもう朝からくたくたです。

こんなことは今すぐやめるべきです。満員電車にのっても本当に何の生産性もありません。日々ストレスを溜めるだけです。早く会社に行くとか、会社の最寄駅に早めにいって喫茶店でゆっくりするとか、時間軸を単純にずらすだけで解決できると思います。

4.満員電車をなくすために必要なのはフレックスを率先してOKする文化を広めること

最近はフレックスを導入する企業も増えていて、早朝から仕事をすることが認められるケースもあります。確かうちの元職の社内規定でも認められていたと思いますが、ほとんどの人が使っていませんでした。

というか厳密にいうと、たぶんフレックス制度を導入している会社なんていくらでもあります。でもそれを使う文化がないのです。

こういうのは上司とか役員とか、上の立場の人が率先してやるべきですよね。じゃないと社風としてフレックスというのは定着しないと思います。

以前テレビで、早朝出勤を認めている役所が取材されていましたが、こういうのって大事だと思います。もちろんその逆もしかりで、遅い時間に出勤OKでもあります。

勤務時間は一般的には9~18時とかだと思いますが、別にそこを合わせる必要もないと思っています。というか僕はそもそも職場に行くというスタイルが今後なくなっていくんじゃないかと思っています。

職場がなぜ必要なのかを考えたことがあるのですが、結局仕事をするための設備(PCや電話、FAXなど)が自宅にないからというだけであって、仕事がちゃんとできる環境さえあれば、週2回ぐらい職場でみんなが集まって仕事をやる、というスタイルでも全然まわっていくような気がします。

取引先との関係もしかり、別に取引先と時間帯を合わせる必要もないと思います。そりゃもちろん、半日まるまるずれてたら困りますが。。

5.まとめ

いろいろと書きましたが、フレックスというのが当たり前の文化になれば満員電車ってだいぶ解消される気がします。

先述しましたが、満員電車って本当にそれだけで、日本の生産性が落ちるんじゃないかなって思いますし、7時半〜8時半ぐらいの都内の登り方面の電車にのっている人口がどれだけなのかわかりませんが相当な数ですよ。みんな朝の通勤時間でクタクタになって、ストレスが溜まって生産性が落ちているはずです。

通勤がもっと快適だったら、ちょっと仕事に対する姿勢も変わるんじゃないですかね。毎朝、会社に着く前に無駄に労力を削られるなんて非生産的過ぎます。

とにかく僕は満員電車にのらずにすむようにこころがけます。



プロフィール

田中亮行
田中亮行
「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要なことが“セルフマネジメント”だと考え、日々研究するようになりました。このブログはそんなセルフマネジメントについてアウトプットする場として作りました。
普段は企業のホームページのコンサルティングやデザイン・開発をしています。
ソーイ株式会社 代表取締役
詳しいプロフィールはこちら