フリーランスとセルフマネジメントby アキユキ

フリーランスのお役立ちブログ+モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術

Webデザイナー初学者向け!連休中にはこれをやっておこう

Webデザイナー初学者にとってこのGWの過ごし方は、その後の学習進度にも影響を与えるぐらい大切なものだと思います。
まるで受験生みたいな話をするようですが。

GWに限らずなのですが、大きな連休がきたときに、その連休中の過ごし方は連休明けにも大きな影響を与えます。今回はWebデザイナー初学者という点に絞って、このGW中に何をやっておくべきかを解説していきます。

ただ、初学者といっても幅は広いと思いますので、最終的には自分の現状やあるいは進む方向性と相談しながら考えてみてくださいね。

Webデザイナー初学者がGW中にやるべきこと

今回はご紹介するのは3つです。

  • 学びの戦略を立てる
  • 自分の価値分析をする
  • 毎日のルーティンを決める

特に今回のGWはステイホームなので、家で過ごす時間が圧倒的に多いですよね。ですからなおさら、計画的に時間を使っていかないと結局だらだらしてしまって終わります。

ということでこの3つご紹介をしていきます。

1.学びの戦略を立てる

ビジネスにも戦略があるのと同じ様に学びにも戦略があるといいですよね。ゴールから逆算して何をどのように学んでいくべきか、普段時間がないといちいちそんな設計をやる気にもなりませんが、時間のあるGWだからこそ、まず学びの戦略を立ててみましょう。

ちなみに何かを学ぶときにはそこから何を学べるのかを理解しておくことが重要です。

例えば、デザインを学ぶとき、書籍から学べることは、デザインロジックです。色や形によって何がどう見え方が変わるのかなど、ロジックの部分を学ぶことができます。

ですので僕は最初は書籍などを通してロジックを学ぶことがいいのではないかなと思っています。もし、まだ書籍でデザインロジックを学んでいない方がいたら、この機会に書籍を一冊でも買ってデザインのロジックを学んでみてください。

有名ですが「なるほどデザイン」という書籍が僕は良書だと思います。

そしてプロの技を模写する模写デザインは、デザインのロジックを理解した上でやるとより効率的に学習ができます。このように学ぶの順番を戦略的に考えるというのも学びの戦略の1つですよね。

それからもう1つ重要なことは、自分がそれを本当に学ぶべきものなのかを改めて考えることです。

例えば初学者の方でBootstrapを学ぶ方も少なくないようですが、僕は不要だと思っています。

実際使っても使わなくてもいい技術ですし、むしろ経験者の間では使いづらいという声も結構あります。また、初学者の時点でBootstrap頼りになるとコーダーとしてのスキルは伸びないと思います。

さらに、仮に下請け案件でBootstrap指定が入っても、普通にHTML/CSSコーディングができる人なら、Bootstrapの使い方を少し勉強すれば使えるようになるので問題ありません。

あと、JavaScriptをゴリゴリ書けるようになるために演習本を買ってきて本格的にやったりすることも、初学者の方は不要だと思います。JavaScriptの基本だけ抑えて、jQueryを理解していればOKです。できるだけ必要なものだけを学んでいきましょう。

ということで、「学びの戦略を立てる」についてまとめると次の通りです。

  • その勉強方法で何が学べるのかを理解する
  • 学びの順番を戦略的に考える
  • できるだけ必要なものだけを学ぶ

2.自分の価値分析、方向性分析をする

今学んでいることは将来それでビジネスをしていくためですよね。それがサラリーマンかフリーランスかに関わらず将来のビジネスのためにやっているんだと思います。

ビジネスをやる上で大切なことは、自分の価値を明確にすることです。「こいつが持っている価値は◯◯だよね」と周りから理解されることがそのまま「その人に任せたい理由」になります。それを理解した上でよく考えてみてください。

今皆さんは「自分の価値」をどう考えていますか?あるいは「1年後、どんな価値のある人間」になっているつもりですか?

Webデザイナーの中にも色んな得意不得意があります。例えば僕はガーリーなデザインは無理だとクライアントの前でもはっきり言っています。

ガーリーって乙女チックな感じのものを指していいますが、僕は無理です。他の人に負ける自信があります。ですが、言葉や写真のなど素材を活かすようなフラットデザインは比較的得意分野ですし、特にそこにマーケティング戦略を絡めたコンテンツの提案を得意としています。

この辺はWebデザイナーによって大きく分かれるところで、イラスト系が得意な人もいれば、色の使い方が優れている人もいるでしょう。

Webデザインの良し悪しって様々な要素が絡んでくるので、すべてにおいて平均点ぐらいは欲しいものの、どこが突出しているのかは人それぞれです。

一旦一通り勉強をしてからでもいいとは思いますが、自分がどんな方向性でやっていくかは、ある程度決めておくと自分の価値がはっきりします。

全体的に平均点ぐらいは欲しいので、Webデザインの要素についてくまなく学ぶというスタンスは必要だと思いますが、

自分の価値の核となる部分は明確にできるようにしておくとよいでしょう。

将来的に自分が何を武器にするのかを時間があるときに一度真剣に考えてみると、何を中心に学ぶべきか見えてくると思います。

3.毎日のルーティンを決める

これは正直Webデザイナーに限らずなのですが、重要なことなのでいれました。毎日のルーティンをなぜこの連休中に徹底すべきなのか、それは連休中こそ生活リズムを崩しやすいからです。

そもそもルーティンとはなにか、ここでは毎日決まった時間に決まったことをやることをいいます。まずルーティンを決めると何がいいのかを解説します。

例えば毎朝起きる時間を決め、朝起きたら必ずやることを決めます。

僕は会社員のとき、毎朝6時に起きて朝1〜2時間は勉強してから会社にいっていました。そういうルーティンが身につくと朝起きたら自然と自然と勉強をやるリズムになりますし、生活リズムも整います。

メリハリもつくので集中力を養うことにもつながります。僕はこの経験からも周りの経験談からも朝早起きをして何かルーティンをすることをオススメします。

ただ、連休中は夜ふかししたり、ついつい生活リズムが崩壊しがちで、むしろルーティンが壊れやすいともいえます。また、朝早起きに限らず、生活リズムは崩れやすいですから、ルーティンを取り入れることで連休中でもオンオフのメリハリをつける習慣をつけておくといいでしょう。

特にこれまでにルーティンが確立していなかった人は連休中にルーティンをしっかり築き上げることで連休中はもちろん連休明けも、スピード感を落とすことなくやりたいこと、やるべきことに取り組めるようになるはずです。

よく夏休みの使い方で受験は決まるみたいなことをいいますが、それに似たようなことが実際あると思います。連休の使い方は遊び呆ける人としっかり自己管理して休みつつ勉強を演る人とで差が出ます。

繰り返しますが、やっぱり朝早起きからの勉強がオススメです。という僕もここ最近ルーティンが崩れがちだったので、連休に入る前からまた調整をはじめました。

ということで、連休中に毎日のルーティンを確立することで、

  • 生活リズムを崩さない
  • メリハリをつけて集中力をつける
  • 連休で他の人に差をつける

これを意識してみてください。

 

以上、

Webデザイナー初学者向けに「連休中にはこれをやっておこう」3選でした。



プロフィール

田中亮行
アキユキ

フリーランスWebデザイナー・エンジニア歴6年。主に企業のホームページの企画・デザイン・開発をしています。

ここでは自分の経験から感じたフリーランスにとって役立つ情報を発信しています。また、「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要な“セルフマネジメント”についても執筆しています。フリーランスとしての生き方にも関係してくることが多いので参考にしてもらえたら嬉しすです(´ε` )

おすすめ書籍紹介