フリーランスとセルフマネジメントby アキユキ

フリーランスのお役立ちブログ+モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術

ホームページ制作でよくある要件とWordPressでの対応方法についてまとめてみた

これからWebデザイナーになってホームページ制作をやろうと意気込んでいる人にとって、実際の案件ではどんな要件が出てくるのかものすごく不安になると思います。

特に機能的な要件は気になりますよね。デザイン要件はまだしも実装が難しい機能を要求されたらどうするのか、そんな不安が常につきまとってくると思います。

僕も実際最初はものすごく不安に感じていたと記憶しています。この記事では実際の案件でよくある要件を僕の経験からまとめていきます。

読んで安心したという人もいれば、やばい、、と思う人もいるかも知れません。ただ最初から全部できる人はいませんし、調べればなんとかなるのがフロントエンドエンジニアの世界です。

皆そうやってきているので、そこは安心してください(そして安い案件から入れば高度なことは要求されません)。

ではホームページ制作でよくある要件を主に機能要件の面から紹介し、さらにそれらの要件に対してWordPressで制作する場合にどのように対応するのか、解説をしていきます。

新着情報やブログなど投稿系の機能要件

新着情報やブログ機能をつけるケースは結構あります。

また、ただ投稿するだけではなく、カテゴリーやタグからの絞り込み検索機能の要件もあります。さらに本格的なブログ対応をする場合にはフリーワード検索が必要になることもあります。

  • カテゴリー・タグでの絞り込み検索
  • フリーワード検索

細かいことをいうと、カテゴリー一覧やタグ一覧を出力する要件、記事が現在所属しているカテゴリーやタグを出力する要件、各カテゴリーやタグに所属している記事数のカウント要件、特定のカテゴリーの記事だけ出力するちょっと変わった要件、、など色々あります。

ただこの辺は詳しく知らなくてもググって調べればできるようになるのであまり心配する必要はありません。また、フリーワード検索は要件としてはほとんど出てきません。

WordPressの投稿機能を理解して、カテゴリー一覧ページを生成するためにはどうしたらいいのか、その辺の基本がわかっていればとりあえず問題はありません。

わからないことがでてきたら調べて頑張る、というスタンスは必要ですが。何がわからないかわからない状態は結構苦しくなるので、基本だけは抑えておきましょう。

ただ注意が必要なのは、新着情報とブログどちらもやりたいという要件があった場合ですね。この時は新しくカスタム投稿タイプという仕組みを理解する必要があります。

カスタム投稿タイプというのは、デフォルトでは1つしかない投稿機能を増やす機能です。これも理解してしまえばすごく便利です。が、少しここは最初は理解が面倒かもしれません。僕も最初なんとなくで使っていましたが、本質を理解するまでにはちょっと時間がかかりました。

デフォルトの投稿機能ではカテゴリーとかタグという言葉がありましたが、カスタム投稿タイプではタクソノミーとかタームとか謎の言葉がでてきます。

この辺の理解がちょっとややこしいとは思います。ただ設定自体はCustom Post Type UIというプラグインでできるので、結構簡単ですので使いながら覚えていきましょう。

お問い合わせフォーム作成要件

定番中の定番要件ですね。ほとんどの場合これは必要です。ただお問い合わせフォームといっても様々な要件があるので、リストアップします。

  • バリデーション
  • 必須項目と任意項目の切り分け
  • 添付ファイルを送信できるようにする
  • メールアドレスの再入力(入力ミス防止)
  • 郵便番号からの住所自動入力
  • 送信前の確認ページ
  • 送信完了後のサンクスページ
  • ユーザーへの自動返信メール

この中でよくあるのは、バリデーション、必須項目対応、ユーザーへの自動返信メールぐらいで他はちょこちょこあるかなぐらいですね。

ただこれはWordPressのプラグインContactForm7でほとんど実装できますので安心してください。メールアドレスの再入力チェックはできなかった気がしますが、対応方法はググれば出てきます。

郵便番号からの住所自動入力もできませんが、jQueryで簡単に実装できます。ちなみに用件をドロップダウンメニューで選択すると選択した用件別に送信先を変えるなんて用件も前にありましたが、それもContactForm7で超簡単に設定できました。本当に便利な世の中です。

実績ページやメンバーページを更新できるようにする要件

これもよくありますね。実績ページをどんどん自前で充実させていきたい、メンバーは増えたり減ったりするので自分でいじれるようにしておきたいということ意図ですね。

これは実は投稿機能で実装できます。新着情報でデフォルトの投稿機能を使っている場合、カスタム投稿タイプを使う必要があります。

実績やメンバーを1つの投稿として管理するわけですね。ただ投稿そのままではただの記事なってしまいます。ただの記事ではなく、決まったデザインされたページを追加していきたいわけです。

例えばメンバー紹介ページだったら、メンバーのページってテンプレートが決まっていて、各メンバーごとに写真や文章が所定の場所に埋め込められるという仕組みになっていますよね。

ですので、通常はただの記事として使う投稿機能ですが、そこにテンプレートファイルに応じた、写真や文言が入るような枠を作る必要があります。例えばプロフィール文という項目を作ってそこに文言を入れて更新したら、テンプレートデザインのプロフィールの部分にその文言が入力されるっていうイメージです。

これはWordPressのカスタムフィールドという機能で実装可能です。

ただ標準のカスタムフィールドだと画像やファイルなどを入れることができません。そこで、カスタムフィールドの機能を拡張するプラグイン、Advanced Custom FieldsやCustom Field Suiteというのがあってこれが使えるようになるだけでかなり機能拡張できます。

基本的にホームページ制作をする際には僕はほぼほぼこのプラグイン、どちらかは入れます。できるだけ更新を自前でやりたいというニーズは強いので、個人的に必須のプラグインです

ヘッダーをスライドさせたい要件

これも定番中の定番です。ヘッダーがびゅんびゅんスライドするホームページは結構多いですよね。機能要件というよりはデザイン要件よりですが、不安要素の1つだと思いますので、入れました。

これはデザインの仕方によっては最初多少難しいものはありますが、jQueryが使えれば実装自体は難しくありません。有名なjQueryプラグインはbxSliderやFlexSliderです。

スライド要件は様々あって、次のようなものがあります。

  • スライドにリンクを設定
  • スライドにキャプションをつける
  • スライドに矢印やマルポチなどコントローラーをつける
  • スライドの中身をWordPressの管理画面で変更できる

スライドの中身変更以外はjQueryプラグインの機能で実装可能で簡単です。他にもスライドのスピードの変更などをはじめ様々なことがプラグインの機能でできます。

スライドの中身変更については、先述したカスタムフィールドで対応可能です。

まとめ

ということで大きくわけでこの4つがよくある機能的な要件です。

以外と少ないですよね。もちろん細かいことを言いだすともっと色んな要件があったり、あげた4つの中でもさらに細かい要件はあります。

ですが、細かい部分でわからないことがあればそれは調べれば大抵なんとかなるものであり、大局的にみたときにどんなことができなければならないのか、それを理解してスキルを身につけていれば、後は実践の中で調べながらやるスタンスで問題も起きないと思います。

僕もそういった形でやってきました。

だいたいどんな要件があるかわかると少し安心かなと思いましたがいかがだったでしょうか。



プロフィール

田中亮行
アキユキ

フリーランスWebデザイナー・エンジニア歴6年。主に企業のホームページの企画・デザイン・開発をしています。

ここでは自分の経験から感じたフリーランスにとって役立つ情報を発信しています。また、「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要な“セルフマネジメント”についても執筆しています。フリーランスとしての生き方にも関係してくることが多いので参考にしてもらえたら嬉しすです(´ε` )

おすすめ書籍紹介