フリーランスとセルフマネジメントby アキユキ

フリーランスのお役立ちブログ+モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術

Webデザインを作ったら必ず言語化して全体をチェックしよう

皆さんはWebデザインを作ったあとにどのようにしてそのデザイン・コンテンツの妥当性をチェックしていますか?

Webデザインの制作フローは人それぞれ異なるとは思いますが、最終的なデザイン・コンテンツチェックとしてオススメしたいのは、デザインを言語化して説明しながらチェックする方法です。

Webデザインの細かいプレゼンをやる人はこれを必ずやると思います。

例えばトップページのデザインを作ったら、トップページを上から順番に説明をしてプレゼンの練習をしたりします。やってみるとわかりますが、これがかなりデザインの最終チェックには効果的です。

デザインを言葉で説明できるかどうかが商業デザインでは重要

Webデザインは商業デザインです。ですからそれなりにロジカルに作っていく必要があります。

当然そうですよね、商品やサービス、あるいは企業ブランドを訴求するのがWebサイトですから、ターゲットに何をどう見せたら良いのかを考えた上でデザインする必要があります。

ですからデザインそのものに加えてコンテンツの設計も非常に重要です。

そしてそれらをチェックする上で有効的なのが、デザインを上から順番に説明をしていくことです。

このデザイン説明をやって、どんなターゲットに何をどう見せて、その結果どういう印象を抱いてもらって、何を理解してもらって、、というようなことが説明できればOKです。

ですが、これをやるとだいたいデザインが説明できなかったりコンテンツのつじつまが合わなかったりする部分が出てきます。

例えば写真の選定が甘かったり、トリミングの意図がおかしかったり、あるいはキャッチコピーの方向性に修正が必要であったり、もっとこんなコンテンツがあったらいいんじゃないかと気づいたりなど。

もう少しこの言語化の有効性をイメージしていただくために、具体的にこのチェック方法でどんなことに気づくか箇条書きにしてみました。

  • 写真から想起されるイメージに微妙にズレがある
  • 写真のトリミングや色調調整と、連想させたいものがマッチしない
  • キャッチコピーの方向性が間違っている
  • コンテンツの配置順番を変えたほうがいい
  • 動線設計が間違っている
  • ◯◯◯のようなコンテンツがあった方がより説得力がある

デザインを言語化して説明するとこんなことに気づきます。なんとなくイメージ伝わりますでしょうか。デザインの細部をチェックするというよりは全体的なコンテンツ設計や流れそのものをチェックしていく感じです。

何度も言いますが、Webデザインは商業デザインですので、上記のようなことに気付けるかどうかは相当重要なことです。

言語化してチェックする前に必ずやるべきこと

ただデザインを言語化して説明する前に必ずやるべきことがあります。

それはWebデザインの戦略設計です。まあ、もっというと、デザインをする前に必ずやるべきことなのですが(´・ω・`)

ここができていないと適切なデザインがまずできません。ですので、まずは戦略設計からやった上でデザインをやるのですが、デザインをやっているうちに戦略も色んなアイデアが出てきたり、思考が深まります。

途中で戦略や方向性をブラッシュアップして変えることは全然ありますので、そういった意味でもデザインが一度終わったら、戦略設計を最新版に更新した上で、デザインを言語化してチェックしましょう。

ちなみに戦略設計といっていますが、具体的には以下のような項目を整理していきます。

  • ターゲットは誰か
  • ターゲットはどんな事情を抱えているのか
  • 商品やサービスの市場はどんなか、特徴はなにか
  • クライアントの特徴やビジネススキームはどうなっているのか
  • これらを踏まえた上でどういう流れでターゲットをコンバージョンに導くのが最適なのか

まとめ:プレゼンの練習をやればやるほどデザインはブラッシュアップされる

プレゼンの練習をすればするほどに自分の中で戦略設計が研ぎ澄まされていくので、それだけデザインはブラッシュアップされていきます。

この記事ではデザインの大まかな部分やコンテンツ設計など全体的な流れを中心にチェックする方法として、デザインを言語化して説明する方法をご紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください。



プロフィール

田中亮行
アキユキ

フリーランスWebデザイナー・エンジニア歴6年。主に企業のホームページの企画・デザイン・開発をしています。

ここでは自分の経験から感じたフリーランスにとって役立つ情報を発信しています。また、「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要な“セルフマネジメント”についても執筆しています。フリーランスとしての生き方にも関係してくることが多いので参考にしてもらえたら嬉しすです(´ε` )

おすすめ書籍紹介