フリーランスとセルフマネジメントby アキユキ

フリーランスのお役立ちブログ+モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術

D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)とは何か?SPAとの違いについても解説するよ

今日はマーケティング用語の簡単な解説をしていきたいと思います。
このシリーズこれからちょこちょこやっていこうかと思います。

本日取り上げるものはD2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)です。

D2Cはそのまま訳せば顧客に直接届けるということになりますが、もう少し説明をすると、自社で商品開発した自社ブランドをECを通して直接販売する手法です。

米国でも日本でもこのD2Cビジネスを手掛けている企業が急成長しています。

従来よりSPA(製造小売:商品企画から製造販売まで一貫して行う取り組み)のような直販モデルは日本にあり浸透してきました。例えば日本のユニクロはSPAであり、他の小売を挟んでいるわけではないので直販事業です。他にもニトリや無印良品も同じようにSPAです。

ただ、D2CはECを通しての販売という点はもちろん、製造プロセスや販売プロセスの変化など、D2CがSPAに台頭して急成長しているにはわけがあります。

この点について焦点をあてつつ、D2Cについて解説をしていきます。

D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)の製造・販売プロセスと急成長のわけ

製造プロセスと販売プロセスにわけて、D2Cがどのように成長してきているのか、それぞれ解説していきます。

製造プロセスの変化により多くのD2C企業が成長しやすくなっている

モノを製造するコストは昔と比べて安くなりました。そこには3Dプリンターなどをはじめ様々な技術が確立されてきた経緯があります。

さらに従来製造コストをさげるために必要だったロット数も今や低コストで小ロット生産も可能になってきています。これらのことが可能になると、ブランド商品を低コスト・小ロットで作れるようになります。実際にそういった低コスト・小ロットでの製造を後押しする製造業もあり、企業のスタートアップの支援になっているようです。

この製造プロセスに加えて、ECでの商品販売という販売のしやすさが加わり、従来のSPAに比べてD2C企業のスタートアップ企業が成長しやすくなっています。

D2Cにおける販売プロセスの事例と特徴

米国にワービーパーカーというメガネを取り扱う企業があります。

ワービーパーカーはD2C企業として様々なところで取り上げられる成功事例ですが、このワービーパーカーがどのようなビジネスモデルになっているかを紐解くことで、従来の直販事業とD2Cの違いを理解することができます。

ワービーパーカーは店舗を持っていますが、店舗では販売せず試着までにとどめ、あくまでも販売はECで行っています。店舗の役割として認知拡大とデータ収集とし、収集したデータをよりよい商品開発に活かします。また、ワービーパーカーはSNSを活用した認知拡大にも成功をしています。

このようにリアル店舗でデータを収集し商品開発をしつつ、SNSで認知拡大・ブランディングをして、ECで販売するというスキームができています。

もちろんSNSでの認知拡大はリアル店舗で販売するSPAにおいても同じことがいえますが、ECで販売することでよりSNSからの購買活動に直結しやすくなります。

また皆さんはYouTuberがブランド商品を購入してそれを開ける過程を動画にしたものを見たことがあるのではないでしょうか。これはUnboxing動画といわれ、梱包箱から開けて商品との初対面の様子を動画にする様子を拡散してもらうことが1つのブランディングになると考えられます。

テクノロジーの進化でマーケティングも変わる

テクノロジーが変わればできることが増え、マーケティングのスタイルも変わるものだなと書きながら思いました。

昔と比べてテクノロジーの進化は加速していますし、これからもどんどん新しいテクノロジーが今まで解決できなかったことを解決したり、新しい価値観を人々に植え付けることになると思います。

ビジネスの潮流を読み解く上でテクノロジーの進化はやはり見逃せないですね。



プロフィール

田中亮行
アキユキ

フリーランスWebデザイナー・エンジニア歴6年。主に企業のホームページの企画・デザイン・開発をしています。

ここでは自分の経験から感じたフリーランスにとって役立つ情報を発信しています。また、「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要な“セルフマネジメント”についても執筆しています。フリーランスとしての生き方にも関係してくることが多いので参考にしてもらえたら嬉しすです(´ε` )

おすすめ書籍紹介