フリーランスとセルフマネジメントby アキユキ

フリーランスのお役立ちブログ+モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術

ドメイン、DNSとは何か?ドメインとサーバーの関係と理解必須なDNSまで徹底的に解説!

ドメインとサーバーについて理解をすることはWebサイトが表示される仕組みを理解することにつながります。

Web制作をする人にとってドメインとサーバーに対する理解は必須で、案件をやっていると必ず出てきます。

そしてこのドメインとサーバーの関係を理解する際に外せないのがDNSです。もしドメインとサーバー、そしてDNSについて理解ができていないのであれば、必ず理解をしておきましょう。

この記事で理解いただけることとしては主に次の3つです。

  • ドメインとは何か
  • Webサイトが表示される仕組み
  • ドメインとサーバーの関係およびDNSについて

こられらのことがわかっていなければ、Web制作で起こりうるドメイン変更、サーバー変更などについて対応ができませんので理解していきましょう!

ドメインとは何か

例えばhttps://○○○.co.jp/というURLがあったとします。この場合◯◯◯.co.jpの部分がドメインです。

ドメインというのはURLに含まれるものですが、このドメインがあるからこそ、サーバーを特定することができます。
この辺について詳しくは後述するWebサイトの表示の仕組みのところで解説します。

ドメインには国別ドメインと分野別ドメインがある

ドメインには国別ドメインと分野別ドメインがあります。
国別はccTLD(country code Tol Level Domain)、分野別はgTLD( generic Tol Level Domain)といわれます。
それぞれどんなドメインがあるのかをまずは具体例を出します。

国別ドメイン

国別ドメインは国や特定の地域でとれるドメインです。例えば日本だとjpです。.co.jpや.ac.jpなどです。アメリカだと.usだったりします。

国別ドメインはさらに属性型JPと汎用型JPというものにわかれます。

属性型JP・・・.co.jp、.ac.jp、.go.jp
汎用JP・・・◯◯◯.jp

属性型JPというのは取得できる対象が決まっています。例えば.co.jpは法人、.ac.jpは学校関係、.go.jpは政府機関です。内閣府のホームページにいくと.go.jpになっていることがわかります。大学のホームページなどを見ると.ac.jpになっていることが多いと思います。また、.co.jpは1法人に1つしかとれないなど、属性型JPの取得には制限があったりします。

汎用JPというのは◯◯◯.jpですが、◯◯◯に任意の文字が入ります。

分野別ドメイン

こちらは国や地域に制限なく取得できます。
.com、.net、.orgなど

サブドメインとは

サブドメインというのもあります。

例えばヤフーのドメインはyahoo.co.jpですが、ヤフー地図をみるとmap.yahoo.co.jpになっています。このmap.yahoo.co.jpはサブドメインです。

サブドメインの使い方についてはポリシーが様々ありますが、例えば大企業で様々なサービスをもっているところはヤフーのようにサービスごとにサブドメインを切り出して運用しているケースがあります。

他にもコーポレートサイトとは別でメディアサイトをもっている企業が、コーポレートサイトのドメインからサブドメインを切り出してメディアサイトで使ったりすることもあります。

例えばXXX.co.jpというコーポレートサイトと、media.XXX.co.jpのような感じですね。

レジストリとレジストラについて

ドメインを取得する方法は簡単で、レンタルサーバーを契約するついでに簡単に取得できます。

ですので、ここで解説するレジストリもレジストラもドメインを取得する上で知っている必要はありませんが、知っておくと少し知識が深くなるので簡単にご紹介します。

  • レジストリ・・・ドメインを管理していることろ
  • レジストラ・・・ドメインをレジストリに登録できる機関

ちなみにレジストラとユーザーの間に代理店が入っていたりします。例えばXサーバーでドメインをとることができますが、Xサーバーは代理店です。

ここは深く知っている必要はありません。参考程度にご紹介しました。

Webサイトはどうやって表示されるのか

ドメインについて理解いただけたところでWebサイトが表示される仕組みについて解説をします。ものすごく簡単にWebサイトが表示されるまでの流れを整理すると次のようになります。

  1. ユーザーがURLにアクセスする(リンクをクリック)
  2. URLに含まれるドメインの情報からサーバーを特定する
  3. サーバーからファイルをダウンロードする
  4. ブラウザでファイルを読み込んで表示する

ユーザーがリンクをクリックするとURLに含まれるドメインからサーバーを特定します。ではドメインはなぜサーバーを特定できるのでしょうか。

ドメインとサーバーの関係

まずそもそもサーバーの住所というのはIPアドレスです。

ですので、IPアドレスが特定できればサーバーにたどり着けます。もう気づいたかもしれませんが、ドメインはIPアドレスと紐付いているということです。本来ドメインがなくてもIPアドレスでサーバーにアクセスできるのですが、IPアドレスって182.22.XX.XXXのような数字の羅列ですよね。

この数字の羅列は人にとって見ずらいので、ドメインという形でネームプレートのようなものを付けて見やすくしています。

つまりドメインである◯◯◯.co.jpとIPアドレス182.22.XX.XXXが紐付いているわけです。そしてこの紐付けの役割を担っているのがDNS(DomainNameSystem)です。

DNS:ドメインとサーバーを紐付けている

DNSにそのドメインがどのサーバーと紐付いているか登録されています。

そしてDNSサーバーにアクセスして問い合わせることでIPアドレスを得ることができます。ですので実はドメインからサーバーを特定する際にはDNSサーバーを一度経由しています。そこでそのドメインがどのIPアドレスと紐付いているのかを問い合わせています。

そしてそこで取得したIPアドレスでサーバーにアクセスし、サーバーにあるファイルをダウンロードしてブラウザで表示しています。

サーバーにあるファイルをダウンロードする点についてもう少し正確にいうと、サーバーにあるファイルをそのままダウンロードするのではなく、PHPファイルなどがある場合はPHP(などのサーバーサイドプログラム)をサーバーで処理したのちに、ブラウザにダウンロードされ、ブラウザ側でレンダリング(HTML、CSS、JavaScriptなどの処理)されてホームページが表示されます。

ドメインとサーバーの契約は誰がやるのか

ドメインとサーバーは誰が契約するのかという点について最後に解説して終わりにします。もちろんどちらが契約しなければならないと決まっているわけではありませんが、基本的にはクライアントに契約してもらいましょう

僕の場合は例外なくクライアントに契約してもらっています。

というのも、クレジットカードをこちらが変えた場合などで支払いがとまってしまった場合にクライアントに被害がいくからです。これはあり得なくはない話でなおかつ大きなクレームになりますので、お互いのリスク対策としてそうしておく方がよいでしょう。

中にはドメインもサーバーも制作側で契約して制作会社を変えさせないという方法をとっている企業もあるようです(たまに相談されます)。そういう半強制的な方法で縛ってもむしろ逆効果ですので、ビジネス戦略的にも僕はどうかなと思います。

ということで、ドメインからサーバー、DNSまわりについて解説をしてきました。



プロフィール

田中亮行
アキユキ

フリーランスWebデザイナー・エンジニア歴6年。主に企業のホームページの企画・デザイン・開発をしています。

ここでは自分の経験から感じたフリーランスにとって役立つ情報を発信しています。また、「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要な“セルフマネジメント”についても執筆しています。フリーランスとしての生き方にも関係してくることが多いので参考にしてもらえたら嬉しすです(´ε` )

おすすめ書籍紹介