フリーランスとセルフマネジメントby アキユキ

フリーランスのお役立ちブログ+モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術

RSSって何?RSSとAtomの概念を解説!どんなことができて何に使われる?

RSS、Atom、よく聞きますが、今いちなんのことかよく分かっていない人も少なくないと思います。僕もWebをはじめてからしばらくはよくわからないまま何となくの理解レベルで放置をしていました。

この記事では、RSSやAtomって一体どういう仕組みになっているのか、なぜ必要なのか、そもそもRSSとAtomって同じなの?などなど、初心者にもわかりやすく解説をしていきます。

RSSは更新情報を配信するフォーマット

RSSはWebサイトの更新情報を伝えるためのもので、よくブログやニュースの更新情報の配信で使われます。

これだけ言ってもよくわからないと思いますので、具体的な例を最初にあげますね。

例えばWebサイトAで発信しているニュースの更新内容をWebサイトBで表示したい場合があったとします。

この場合WebサイトAで発信しているニュースの更新内容を何かしらの形でWebサイトBにもってこなければなりません。そのときに利用されるのがRSS(やATOM)です。

RSSというのは配信フォーマットで、WebサイトAから配信されているRSSをWebサイトBで読み込んで表示させるわけですね。

なのでまずはWebサイトAのニュース更新情報をRSSという配信フォーマット(言語はxml)にして一般公開します(XXX.com/rss.xmlのようなURLでRSSにアクセスできるようにしておきます)。

そしてWebサイトAが公開した配信フォーマットを読み込みにいくプログラムをWebサイトBに作って、WebサイトBでAのニュース更新情報を表示させます。

つまりRSSというのは次の通りです。

  • RSSは配信用のフォーマット
  • 情報を発信している側のWebサイトが出しているもの(つまり他Webサイトが勝手に情報を抜き取るわけではありません)

RSSの仕様について

RSSのファイルの中には記事の更新情報がずら〜っと並んでいます。例えば記事の公開日やタイトル、記事本文の抜粋やサムネイル画像のURLなどですね。

RSSの記述例を出すと以下のような感じです。

これは僕のブログのRSSですが、タイトルやリンク、日付などデータがいろいろ入っていますよね。ちなみにここには画像URLは入っていません。

このような情報を一般公開することで外部の人が更新情報を取得できるようにしているわけです。

RSS1.0、RSS2.0、Atomについて

ちょっと調べたことがある人であればわかるかもしれませんが、RSSとAtomというのがあり、さらにRSSは1.0と2.0にわかれます。

ややこしいのですが、RSS1.0とRSS2.0は別にバージョンの違いではありません。

1.0と2.0では開発者や団体が異なり、RSS1.0のポリシーに納得がいかない人が別に2.0というものを作ったという経緯みたいです。そしてAtomというのはRSS1.0と2.0ですったもんだしている間に「じゃ我々が新しい規格をつくろう」といって別団体が立ち上げたものだそうです。

とりあえずこの3つの形式があるんだなぐらいで問題ありません。ではこのようにRSSを配信するメリットはなんでしょうか。

RSSを配信するメリット・使い道

RSSリーダー・フィードリーダーに対応するため

皆さんはRSSリーダーとかフィードリーダーって聞いたことがありますか?自分が気に入ったWebサイトを登録しておくとその更新情報一覧が表示される仕組みになっています。

このようなRSSリーダーやフィードリーダーに気になっているブログなんかを登録しているといちいち複数のブログをそれぞれチェックしにいかなくても、「あ、今日はこのブログが更新されている」というのがすぐにわかるんですよね。

とても便利なものです。有名なサービスとしてはFeedlyが有名ですね。

また、先ほどRSS1.0、RSS2.0、Atomが出てきましたが、多くのRSSリーダーがこの3つの配信形式に対応しているようです。ですので、どの配信形式を使ったらいいのか、あるいは3つともやるべきなのか、あまり深く考える必要はないみたいですね。

複数Webサイトの情報をメインサイトでまとめるため

話を戻しますが、他にもRSSを配信するメリットや使い道はあります。

例えば1つの企業でいくつかのショップを運営している場合、メインのコーポレートサイトで各店舗のWebサイトの更新情報を表示したいというニーズがあったりします。

これ実は僕がやった案件で実際に出てきた要件です。色んなショップを運営している企業のメディアサイトの制作があって、そのメディアで各ショップの情報を自動的に表示して配信するという要件がありました。

ですので、この場合はまず各ショップのWebサイトからRSSを出してもらう必要があります。そのRSSにもとづいて(あるいはこちらからRSSの形式を指定してそれにもとづいたRSSを作ってもらって)、制作するWebサイトでRSSを読み込みます。

あまりこのような要件は出てきませんが、RSSのことを仕組みだけでも理解しておくといざという時にも安心ですよね。

まとめ

案件で扱うことは少ないと思いますし、WordPressとかで開発をすると自動的にRSSが生成されるので、気にすることもありません。ただそれだけにRSSやAtomに対する理解をする機会も少ないと思います。

ただ概念を知るぐらいはそんなに時間がかからないですし、専門性を高めるのであれば知っておくとよい技術の1つです。このブログを読んでいただいた方であればすでに理解いただけたのではないでしょうか。



プロフィール

田中亮行
アキユキ

フリーランスWebデザイナー・エンジニア歴6年。主に企業のホームページの企画・デザイン・開発をしています。

ここでは自分の経験から感じたフリーランスにとって役立つ情報を発信しています。また、「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要な“セルフマネジメント”についても執筆しています。フリーランスとしての生き方にも関係してくることが多いので参考にしてもらえたら嬉しすです(´ε` )

おすすめ書籍紹介