フリーランスとセルフマネジメントby アキユキ

フリーランスのお役立ちブログ+モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術

質の高いランディングページの作り方!効果的な全体構成の理解と1つ1つのコンテンツの質を高めることが重要です

ランディングページの作り方はホームページと少し異なります。というのも、ランディングページの役割を考えると明確なのですが、ランディングページにはホームページとは異なる役割があります。

この役割を考えることはホームページ制作においても、ランディングページ制作においても重要で、必要な役割に基づいて戦略的にWebサイトはつくられていきます。

ではランディングページの役割とは何か、そこから整理していきましょう。

ランディングページの役割

ランディングページとはそもそも何かを皆さんは理解していますでしょうか?

ランディングページというのは広告などからリンクされるページのことを主にいいます。広告をクリックしてランディングする先のページということですね。

これだけだと今いちよくわからないと思いますので、もう少し具体的にランディングページの役割について解説をしていきます。

広告からリンクさせるページということは、特定の商品をPRするということです。つまり、ランディングページというのは、特定の商品を訴求するためのページであることが一般的です。

つまりランディングページを作るときに意識しておくべきことは、特定の商品をPRする上でどんな流れで商品を紹介すべきか、どんなコンテンツがあればそのコンテンツを適切かつ最大限PRできるのかを考えることです。

以降、ランディングページは特定の商品をPRするためのものという前提で、ランディングページはどのような作り方が最も適切なのかを解説していきます。

ランディングページの全体構成を決める

まずは最初に構成を決めます。構成というのはどんなコンテンツをどういう流れで作っていくかですね。

これは人に対してどうプレゼンするかを考えるといいです。どんなコンテンツが必要でそれをどういう流れで提示するかです。

まずどんなコンテンツが必要なのかを考えていきましょう。ランディングページの目的はお問い合わせフォームからのお問い合わせや、資料請求、商品購入です。

つまりターゲットに対して、何かしらのアクションを要求するにふさわしいコンテンツを作っていきましょうということです。

ではターゲットに何かしらのアクションを要求するにふさわしいコンテンツとは何でしょうか。

端的に言えばそれは、商品の信頼性を担保するコンテンツと商品を販売する企業の信頼性を担保するコンテンツになります。

ではそれぞれの項目で何が必要なのかを見ていきましょう。

商品の信頼性を担保するコンテンツとは何か

皆さんはどんな情報を見たらその商品を信頼するでしょうか。

その商品の効果を実証するに足り得る実績だったり論理的な実証があればその商品を信用しますよね。それに加えて商品に対するユーザのコメントがあればさらにその商品を信頼しますよね。

つまり、ここで必要なのは商品の効果を実証するコンテンツそしてその商品を実際に使った事あるユーザのコメントによる商品が本当に効果があるよねと言うことを実証するコンテンツです。

商品を販売する企業の信頼性を担保するコンテンツとは何か

企業の信頼性がなければ問い合わせや商品購入にはつながりません。では企業の信頼性はどういうところで得ることができるのでしょうか。

一番効果的なのはその企業の(ランディングページで訴求する商品に限らず)商品販売実績だったり、企業成長性を示す売上実績の推移を訴求することです

これに限らず様々な観点からその企業を信頼するにたる情報をかき集めどう表現するかを考えましょう。例えば他にも事業年数を売りにしている企業もありますし、仕組みを売りにしている企業もあります。実に様々な訴求方法があります。

また、それらの見せ方も大切で、グラフィカルにそれを見せることも考えましょう。例えば売上推移をみせるのであれば表よりもグラフで見せることも効果的な方法です。ここはデザイナーとしての腕の見せどころですよね。

ランディングページの全体構成の例

全体構成は業種や訴求したい内容によって変わりますが、だいたいこのような全体構成にしたらいいのでは?という参考になる全体構成案はあります。

あくまでも一例としてですが、考え方の参考になると思いますのでランディングページの全体構成案をご紹介します。

以下のような流れでランディングページを構成していくといいと思います。

  1. ヘッダー(ターゲットの絞り込みと第一印象の付与)
  2. どんな悩みを解決できるかを訴求するコンテンツ
  3. なぜその悩みを解決できるかを訴求するコンテンツ
  4. 悩みを解決できることを証明するコンテンツ(論証や実証)
  5. 実績を紹介するコンテンツ
  6. お客様の声の紹介
  7. 自社紹介(企業信頼を得る)
  8. よくある質問(細かい悩み、不安を打ち消す)
  9. お問い合わせフォーム / 資料ダウンロード / 購入フォームなど

最初はまず自分ごと化させることが重要です。あなたに必要な商品ですよ、と最初に投げかけるのがヘッダーの役割です。

そして具体的にどんな悩みを解決できるのかを訴求します。その後はなぜそれが可能なのかを説明・証明するコンテンツが続き、そして実績やお客様の声を通してさらに商品自体の信頼を得ます。

その後、企業としての信頼を得るコンテンツを通して最後によくある質問でちょっとした不安を打ち消し、お問い合わせや購入などにつなげていくという流れです。

コンテンツを充実させることが重要

全体の流れを把握していただけたかと思いますが、1つ1つのコンテンツは綿密につくる必要があります。ここが結構大切でテキトウなコンテンツであれば誰でも作れますが、信頼を得ることができません。

コンテンツを1つ1つ丁寧に作り込んでいく必要がありますがここで重要なのは質の高い情報を得ることが大切だということです。

情報は基本的にクライアントから提供してもらいますが、クライアントには表面的な情報ではなく実際に「その情報さえあれば誰にでも営業ができる」というぐらい濃い情報をもらう必要があります。当然そうですよね。

ランディングページというのは営業目的なのですから、それを作る立場としては営業してターゲットを説得するに十分な情報を得る必要があります。

ですから、先にあげた全体構成の1つ1つのコンテンツの中でどれだけ濃い情報を届けられるのかというのは非常に重要なことです。

自分がターゲットの立場になって、気になること、不安なこと、わからないことなど情報はとにかく集めていきましょう。

まとめ

ランディングページは1つの商品を訴求するという意味で情報の濃度はかなり濃くなるのが一般的です。

この情報をいかにゲットできるかでランディングページの質が変わってきます。そして情報を収集する上で大切なのがランディングページの全体構成です。しっかり全体構成を作って、濃い情報をクライアントから聞き出せるようになると質の高いランディングページを作れるようになります。

ぜひ参考にしていただければと思います。



プロフィール

田中亮行
アキユキ

フリーランスWebデザイナー・エンジニア歴6年。主に企業のホームページの企画・デザイン・開発をしています。

ここでは自分の経験から感じたフリーランスにとって役立つ情報を発信しています。また、「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要な“セルフマネジメント”についても執筆しています。フリーランスとしての生き方にも関係してくることが多いので参考にしてもらえたら嬉しすです(´ε` )

おすすめ書籍紹介