フリーランスとセルフマネジメントby アキユキ

フリーランスのお役立ちブログ+モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術

WordPressでクライアントの要求に応えられるのか?WordPressでできることについて初心者向けに解説

これからWordPressを勉強する人は、「WordPressってどこまで勉強すればいいのだろう」「本当に勉強する必要あるのかな」なんていう疑問をもっている人も多いと思います。

WordPressを勉強するために書籍を買おうと思っても基本分厚い書籍ばかりです。僕もWordPressを書籍で勉強したのでわかるのですが、結構分厚い書籍でした。

ペラペラめくっても初心者にとっては難しそうで、そもそもWordPressをやる必要性やどこまで勉強すればのかを迷いだすと思います。

僕は、フリーランスのWebデザイナーを志望する人にはWordPressを強くオススメしています。

WordPressをやるべき理由やWordPressを使って案件やる際に必要なスキルレベルについては以下の記事でご紹介していますので、こちらの記事を参考にしてください。

WordPressが稼げる理由と稼ぐために身につけておきたいスキル

この記事ではWordPressではどんなことができるのか、実際によくある要件ベースで概念的に解説をしていきます。そうすることによってWordPressをやるべき理由がより明確になるかなと思ったからです。

具体的なソースコードのご紹介などは難しくなるので紹介していません。あくまでもWordPressってこんなもんなんだねと、理解したい人向けです。

WordPressの基本的な概念と使い方

まずはWordPressの基本について簡単に整理します。WordPressのことを理解していないとこの先の話が理解しづらいと思います。

WordPressはよくいわれますがCMS(コンテンツマネージメントシステム)といわれるものです。コンテンツを管理する管理画面があって、誰でもその管理画面からホームページを編集できるという仕組みですね。

HTMLとCSSファイルのみで作ったホームページは直接サーバーにアクセスしてHTMLを編集しなければなりませんよね。

WordPressは管理画面から簡単に編集ができるので、サーバーに直接アクセスしたり、HTMLの中身を直接いじらなくてもホームページを編集することができます。

よくいわれますが、アメブロでブログを書く時にわざわざHTML編集しませんよね。管理画面からブログを書きますがそれと同じことです。

そしてこの仕組を理解する上でデータベースという存在があります。管理画面から編集した内容はデータベースに保存されて、Webサイトを表示する際にデータベースから必要な情報を抜き取って表示させます。

つまりHTMLファイルをそのままダウンロードして表示させるのではなく、データベースに一度アクセスして必要なデータを取得してそのデータをHTMLの必要な部分に挿入してから渡します。

つまりサーバー側で一度そういう処理をしているわけですが、この処理をする言語がPHPです。WordPressというのはPHPというプログラミング言語で作られています。

トップページでブログを5件表示するという指示をPHPで書くと、トップページをリクエストされたときにブログ5件分のデータを抜き出してHTMLに挿入して、そのHTMLをユーザーに提供します。

まずこれがWordPressの大前提です。(WordPressに限らず多くのWebサイトはこのような仕組みで作られています)

もう少しWordPressについて詳しく解説した記事が以下にありますので、もっと知りたい人はぜひご覧ください。

Webデザイナー初心者向けWordPressの使い方を徹底解説

WordPressはカスタマイズしながら使う

WordPressではデフォルトで投稿機能と固定ページ機能というのがあります。詳しくは解説しませんが、投稿機能というのはブログのような機能です。カテゴリーやタグの設定もできます。

固定ページ機能というのはページを生成する機能です。固定ページを追加するとホームページのページを追加することができます。

もちろんそれだけでは最低限の機能しかありませんので、ここからカスタマイズをしていく必要があります。その時に便利なのがプラグインです。

WordPressにはプラグインという拡張機能がたくさなります。例えばお問い合わせフォームはデフォルトでありませんが、プラグインをインストールして設定すれば簡単にお問い合わせフォームを作ることができます。

このようにデフォルト機能だけではなくプラグインを使ったり、自分で簡単なPHPを書いてカスタマイズをしていくことができます(WordPressはカスタマイズすることを前提に作られているので、カスタマイズがしやすいような作りになっています)。

ざっくりWordPressの基本を解説したところで、いよいよWordPressでどんなことができるのかを解説していきます。

WordPressでできること

ブログ機能 / 新着情報などの投稿機能

これはほぼほぼ出てくる要件です。WordPressではブログや新着情報の要件をデフォルトである投稿機能をつかって対応します。

ではこのWordPressの投稿機能は一体何ができるのか、それは次の通りです。

  • 記事の投稿、編集、削除
  • 記事の予約投稿
  • カテゴリーの設定
  • カテゴリーの階層化(子カテゴリーの設定)
  • タグの設定
  • サムネイル画像の登録

まずこれだけあればクライアントの要件は大抵クリアできます。

投稿機能は増やせる

この投稿機能はデフォルトで1つしかありませんが、カスタム投稿タイプというのがあって投稿機能を増やすことができます。
例えば新着情報とブログ両方とも要件で必要であれば、新着情報の方をカスタム投稿タイプで作成することもできます。

投稿機能を使ってスタッフ情報や実績ページの管理ができる

さらにこの投稿機能を使ってスタッフ情報や実績掲載を管理してページに表示することもできます。

つまりスタッフ1名ずつを記事として登録して、それをスタッフ情報一覧ページで表示させることができます。そうするとWordPressの管理画面からスタッフ情報を管理できますよね。

実績掲載ページも同じ考えで実績1つ1つを記事として登録して、実績ページでそれらを一覧表示させることができます。

お問い合わせフォームの作成

お問い合わせフォームはプラグインで作ります。有名なプラグインにContactFrom7というのがあります。これを使えばお問合せフォームは簡単に制作できますし、機能としても次のようなリッチな機能を使うことができます。

  • 項目はテキスト以外にもラジオボタンやチェックボックス、ドロップダウンリストなど様々な項目を簡単に設定できる
  • ファイルの添付ができる
  • 必須・任意項目の設定ができる
  • バリデーションの設定ができる
  • 自動返信メールの設定ができる
  • 問い合わせ要件によって送信先のメールアドレスを変えることができる

これ以外にも細かい設定は可能です。こんなリッチな設定を非プログラマーでも実装できるなんて素敵過ぎますよね。

トップページのヘッダー画像を差し替えることができる

これもデフォルト機能ではありませんが、プラグインを使って簡単に実装可能です。WordPressにはそもそもカスタムフィールドといって特定の場所のテキストを変更するフィールドを管理画面につくることができます。

例えば商品掲載ページがあって値段だけ変更できるようにしておきたいと思ったら、値段の部分をカスタムフィールドで作成することで、値段だけを変更できるフィールドを管理画面に作ることができます。

それをテキストだけではなく画像を変更できるフィールドをプラグインで追加することができます。Custom Field SuiteやAdvanced Custom Fieldsというプラグインが有名です。

これを使うことで管理画面からヘッダー画像を簡単に差し替えることも可能で、ちょこちょここのような要件も出てきます。

お気づきの方もいると思いますが、ヘッダー画像というのは例として出しただけで、色んなパーツの画像を管理画面で変えられるように作ることができるというのが、このカスタムフィールドの素晴らしいところです。まさにCMSですね。

ちなみに画像だけではなく、ダウンロード用のPDFファイルを管理画面から差し替えたりすることもできます。

まとめ:WordPressは最初はちょっと大変。でも理解できれば簡単に高機能なWebサイトをつくることができる

ということで、この記事ではWordPressを本当にやるべきか悩んでいる方に向けて、実際の案件でリクエストされる要件の多くを簡単に実装できる点でやはりWordPressはいいよねという視点で解説をしました。

本来なら非プログラマーではできないことがWordPressではできます。もちろん、WordPressを扱うぐらいのPHPスキルは必要なので完全な非プログラマーではありませんが、純粋なプログラマーから見たらかなり低スキルでもかなり高機能なWebサイトができます。

最初こそちょっとPHPやWordPressの構造理解に苦労するかもしれませんが、WordPressができれば50万ぐらいはもちろん、100万の高い単価もとれるようになります。

そのためにやるべきことはWordPressの概念理解とWordPressを扱えるだけの限られたPHP知識を身につけることです。

WordPressは奥が深いのでやろうと思えばいくらでも色んなことができますし、そのためには色んなことを勉強する必要もありますが、今日ご紹介したような要件は比較的プログラミングが不得意な人でも勉強すれば必ずできます。



プロフィール

田中亮行
アキユキ

フリーランスWebデザイナー・エンジニア歴6年。主に企業のホームページの企画・デザイン・開発をしています。

ここでは自分の経験から感じたフリーランスにとって役立つ情報を発信しています。また、「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要な“セルフマネジメント”についても執筆しています。フリーランスとしての生き方にも関係してくることが多いので参考にしてもらえたら嬉しすです(´ε` )

おすすめ書籍紹介