フリーランスとセルフマネジメントby アキユキ

フリーランスのお役立ちブログ+モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術

リモートワーク時代の到来!この時代にフリーランスと会社員どちらがいいのかを改めて考えてみる

フリーランスか会社員か、よくある議論の1つですよね。

結論からいうと好きにしましょう、なのですがそれにしても判断材料がなければ判断ができません。

この記事ではフリーランスも会社員も経験した(なんならニートも経験)僕の独断と偏見を交えながら、フリーランスか会社員かを判断するに必要な情報を提供していきたいと思います。

また、今さらこの議論について記事にしたところで、とは思いましたが、今世の中が大きく変わろうとしています

コロナの影響もあってリモートワークやオフピーク通勤が一気に広まっています。今までフリーランスの特権であったリモートワークスタイルが多くの会社員にも適用され始めたのです。

会社員の働き方のスタイルが大きく変わろうとしているこの時代だからこそ、改めてフリーランスと会社員どちらがいいのかを考えてみる価値はあると思います。

フリーランスの特権は消えつつある?

フリーランスに憧れる人の多くは、会社に行かなくてよい、自分の生活リズムで自由に働ける、会社の人間関係に悩まされることはない、など自由で縛られないスタイルに対して憧れています。

ところが会社員のリモートワークが推進されていけばこれらすべてほぼ解消されるわけです。つまり会社員もすごく自由な身になるわけです。

そもそも会社員が会社に行く理由は、会社にしかない“環境的な制約”があるからだと僕はずっと考えてきました。つまり、会社に行かないと会議ができないとか、何かの設備がないとその仕事ができないとかですね。

ただテレビ会議もZOOMやSkypeで簡単にできるようになりましたし、PC1台あればできる仕事は山ほどあります。また紙で仕事をする文化も必要性もなくなってきましたので、データのやりとりで仕事が完了することも多いです。

なので、リモートワークが可能な環境自体はすでにそろっていたということなんですが、それでもリモートワークを採用している企業はほんのわずかでした。

今回のコロナの関係で強制的にリモートワークが推進されるようになりましたが、おそらく「あ、リモートワークやってみたらうちの会社でも全然できるじゃん」という企業がたくさんでてきます。そうすると一気にリモートワークの勢いは加速します。

結果、働き方のスタイルという点ではフリーランスと会社員の区別はほとんどつかないですよね。むしろ会社員は自由に働きつつ安定感もある職業になります。

これまでは、例え稼げないフリーランスであっても、会社員と違って自由で気ままなスタイルにメリットを感じてフリーランスを続けていたという人もいたと思います。ですが、この層は完全に崩壊します。メリットが全くないですよね。

自由度が会社員と変わらないなら、お金に対する不安が比較的少ない会社員の方がいいわけです。

むろん、この時代会社員とてお金に対する不安は大アリだと思いますが、稼げないフリーランスよりいいわけです。

フリーランスの特権が消えたあとは、より優秀な人材だけがフリーランスになる時代に

稼げないフリーランスがフリーランスを続ける意味はなくなり、会社員がフリーランスに憧れる理由も半減しフリーランス志望の人材が減っていくでしょう。

フリーランスの特権が消えたあと、フリーランスに憧れを抱く唯一の理由としては稼げること、だと思います。稼げるフリーランスは会社員の数倍は普通に稼げますから、そのような人はフリーランスをやる意味があるわけです。

つまりより優秀な人材だけがフリーランスになる時代になるのではないかと勝手に予想します。

会社員の幸福度が圧倒的に高くなる

もともと会社員は働き方のスタイルさえ自由になればかなり楽しい制度だと僕は思います。というのも、仲間がたくさんできますし、毎月収支をあれこれ心配する必要も少ないですし、さらに福利厚生がよい会社であれば得することも多く、さらに有給や産休、育休などフリーランスにとっては喉から手が出るほど欲しい制度があります。

いや昔は全然考えませんでしたけど、年齢的にも友人の産休や育休の話をよく聞くようになり、この制度がめちゃくちゃすごいことに気づきました。素晴らしいですよね。

ということで働き方の自由を手に入れた会社員の幸福度は圧倒的に高くなっていくでしょう。

それでも僕はフリーランスを続ける

はい、そんなこれからの時代に魅力的な会社員ですが、僕はフリーランスを続けます。僕について補足すると、僕は会社経営をしていますのでフリーランスではないかもしれませんが、個人企業ですのでフリーランスとスタイルは同じです。ですので、フリーランスと言っていますが、僕がフリーランスを続ける理由は2つです。

1つは稼げるからですが、もう1つの方をここでは強調していいたいです。

それが、「自分の未来を自分で舵取りすることが楽しいから」です。

自分自身で稼ぐために色んなことを考えて舵取りができるわけです。1つの事業に縛られることもありません。それがフリーランスとしての働き方の会社員とは大きく異るところです。

これは会社員がいくら自由になったといえどフリーランスにしか得られないものです。もちろん、コケたら自分の責任ですが。

僕にとって大切なのは、安定感やちょっとした自由ではなく、自分で未来を切り開くことを実感できるかどうかです。同じような感覚の方も多いのではないかなと思っていますがどうでしょう。

結局フリーランスか会社員かは生への価値観である

大げさなことではなく、フリーランスか会社員かは、その人の生への価値観だと思います。

人生観といった方がいいでしょうか。自分の人生で何を得たいのか、どう生きたいのか、ちょっとスケール大きめな話になりますがそうだと思います。

人生において仕事がしめる割合はめちゃくちゃ大きいわけですから、どんな働き方をしたいのか、自分の人生と絡めて考えると自ずとフリーランスか会社員かみえてきます。

ただいずれにせよ、今回みたいに時代によって環境が変わって前提が大きく変わることもありますので、フリーランスでも会社員でもどちらでも食べていけるように、常にスキルを身につけておく必要はあるでしょう。



プロフィール

田中亮行
アキユキ

フリーランスWebデザイナー・エンジニア歴6年。主に企業のホームページの企画・デザイン・開発をしています。

ここでは自分の経験から感じたフリーランスにとって役立つ情報を発信しています。また、「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要な“セルフマネジメント”についても執筆しています。フリーランスとしての生き方にも関係してくることが多いので参考にしてもらえたら嬉しすです(´ε` )

おすすめ書籍紹介