フリーランスとセルフマネジメントby アキユキ

フリーランスのお役立ちブログ+モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術

初心者Webデザイナーがホームページの必要性を深く理解するための3つの要素

Webデザイナーであれば、ホームページの必要性についてビジネス的な観点から説明ができなければなりません。

なぜならWebデザイナーとしてホームページの必要性を理解しているからこそ、その必要性に応じた提案ができ、それがクライアントの課題解決につながるからです。

言われたからとりあえずつくる、ということではなく、なぜ必要なのかを理解していることで、どうつくればいいのかが見えてきます。そして実際につくるホームページにも意味がでてきます。

ホームページの必要性をクライアントの立場になってしっかり考えることができるかどうか、それはWebデザイナーとしての価値を左右します。

初心者のWebデザイナーがホームページの必要性についてビジネス的な観点から理解しその結果、より深い提案活動、制作活動ができるようになることを目指して、この記事を書いていきます。

ホームページがビジネスに貢献しうる3つの要素

ビジネスは集客数と成約率と顧客生涯価値という3つの要素に分解して考えることができます。

集客がゼロなら当然売上はゼロですし、成約率がゼロでも同じです。顧客生涯価値は顧客がその会社に生涯を通じてどのくらいの資産を投じたかということです。つまり顧客単価やリピート、単価アップなどの概念を含みます。

この集客数と成約率と顧客生涯価値の3つの要素の掛け算でクライアントの売上は決まってきます。

ホームページがクライアントにとって必要性の高いものであるかどうかは、ホームページがこの3つの要素のどれか1つにでも大きな影響を与えることができるかどうかにかかっています。

もちろん例外的に銀行取引用にホームページが必要なだけということもあるのですが、ほとんどの場合、クライアントがホームページ制作を依頼するのはこの3つのどれかを改善したいからです。そのための1つの手段としてホームページ制作を依頼しているということになります。

ここをしっかり理解した上で、自分が提案するホームページはこの3つのどれを改善できるのか、これを突き詰めることでホームページの必要性を最大限高めることができます。

ではこの3つの要素について1つ1つ深堀りをしていきます。

必要性要素1.ホームページで集客改善する

クライアントが集客で困っているのであればホームページでアクセス数をアップすることには大きな意味があります。ホームページからの集客は基本的にはこちらから営業するのではなくターゲットから来るものですから、そういった意味ではインバウンドな集客ができるということです。ですからホームページから集客ができるようになれば、営業課題を一気に解決できる可能性があります。そのくらいホームページ集客というのはビジネスで大きな意味があります。

ただ、ホームページでアクセスを集めて集客するためにはSEO対策について専門的な知識がなければなりません。Googleの検索エンジンについてある程度知識をつけ、SEO対策ができる力は身につけておきましょう。

特にホームページを新規でつくる場合はつくってすぐにアクセスが集まるということはないので、どのくらいの時間をかけて集客をしていくのか、それまでにどういう施策をうつのかまで考えて提案ができるようになると良いでしょう。

リニューアル案件の場合はリニューアルオープン後2〜3週間でアクセス数が伸びることもあります。

いずれにせよ、SEO対策の知識、そして効果が出るまでのロードマップがある程度引けることが必要になります。

必要性要素2.ホームページの成約率を改善する

わかりやすく成約率と書きましたが、Webでいうなら正しくはコンバージョン率という指標になります。アクセス数に対してどれだけ目標達成できたかという指標です。お問い合わせゲットが目標の場合、アクセス1000に対して1のお問い合わせがあれば0.1%のコンバージョン率となります。

このコンバージョン率をあげていくことで結果的により多くの成約を生み出すことにつながります。

コンバージョン率をあげるためには、ホームページでどのようなコンテンツを作るのか、どういう導線設計を組むのか、その辺が非常に重要になってきます。

また、コンバージョンがそもそもお問い合わせでいいのか、資料請求のほうがいいのか、などの検討もできるといいでしょう。

戦略的にホームページの構造を考えていくことが大切です。

必要性要素3.顧客生涯価値を改善する

どうしたらより高いグレードの商品を検討してもらえるか、その辺の戦略を考えるのもWebデザイナーの仕事です。

商品の見せ方によって選ばれるものが変わってくるのはマーケティングの世界ではよく言われることです。

数パターンの商品グレードがある場合はその比較の仕方や打ち出し方をよく検討しましょう。

3つの要素を頭にいれておけばWebデザイナーは提案に強くなる

この3つの要素が頭に入っているとかなり提案はしやすくなります。なぜなら課題分析がしやすいからです。

クライアントの課題の本質は、集客なのか、成約率なのか、顧客生涯価値なのか、そこから整理していくことで、何を提案していけばいいのかが見えてきますよね。

ビジネス的な話で難しく聞こえますが、いたってシンプルでクライアントの悩みのコアとなる部分を理解した上で、最適なWebデザイン・戦略を提案していきましょうということです。

突き詰めると奥が深いのでこの記事では初心者の方向けに簡単にしか書いていませんが、まずはこの3つの要素を考えながら、Webデザイナーとして何に軸をおいて提案していけばいいのか、案件ごとに考えてみてください。



プロフィール

田中亮行
アキユキ

フリーランスWebデザイナー・エンジニア歴6年。主に企業のホームページの企画・デザイン・開発をしています。

ここでは自分の経験から感じたフリーランスにとって役立つ情報を発信しています。また、「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要な“セルフマネジメント”についても執筆しています。フリーランスとしての生き方にも関係してくることが多いので参考にしてもらえたら嬉しすです(´ε` )

おすすめ書籍紹介