フリーランスとセルフマネジメントby アキユキ

フリーランスのお役立ちブログ+モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術

【Webデザイナー生存戦略】稼げるWebデザイナーになるためにもWebコンサルタントの力を手に入れよう

Webサイトは24時間稼働する営業マンなんてことを昔はよくいったものです。今もいうのかわかりませんが(´・ω・)

ただそんなWebサイトを制作してもそれをうまく運用できなかったり、あるいはそもそもWebサイト自体間違った方向で作ってしまったり、24時間存在は確かにしているし誰でもいつでもアクセスできるけど、役に立っていないWebサイトも少なくはありません。

そんなWebサイトを生きたWebサイトにするために、多角的な視点から制作や運用方法などを指南するプロフェッショナルがいます。それがWebコンサルタントです。

この記事では、Webコンサルタントの実態についてより詳しく解説しつつ、WebデザイナーはWebコンサルタント業務もこなすことで稼げるようになるという考えを説明していきたいと思います。

ひらたくいうとこの記事は「WebコンサルティングできないWebデザイナーは稼げない、だからみんなWebコンサルタントを目指そう!」というテーマで書いています。

なぜWebコンサルティンできないWebデザイナーは稼げないのか

最初に簡単に結論をいうと、Webデザイナーの基本的なデザインやコーディングの仕事自体は当面なくならないと思います。ただ単価は下がっていく、あるいは、稼げる人とそうでない人の差は開いていくと考えています。

というのも、Webサイトを制作できること自体のバリューが下がってきているからです。

今や大学生でもWebサイトをつくる人がいるぐらいですし、何なら高校生でも。Webデザイナーのスキル自体は比較的独学でも身につけやすく、さらに専門的な仕事であるため肩書としてもわかりやすく、とっかかりビジネスや就職はしやすいスキルです。そのようなこともあって、そもそも作れる人が増えてきたと(感覚的にですが)思います。

その上で、ただWebサイトが欲しいというだけのニーズは減ってきています。なぜなら超簡易なWebサイトならWixなどで今や自分でも作れてしまうからです。

つまり制作できること自体のバリューは下がってきています

本質的にはWebサイトはビジネスの課題を解決するためのものです。ビジネスの課題を解決するという前提に立つと、Webデザイナーがそもそもビジネスに疎いようでは話になりません

別に世界経済について詳しくならなければならないということではありません。

マーケティングの概念を理解しているか、ブランディングとは何かを理解しているのか、そういったどの企業にも共通するようなビジネスの全体概念を知っているかどうかのレベルは必要とされます。

簡単な話「ペルソナ」とかいわれたときに頭に「?」が出てくるのであれば、圧倒的にビジネスの勉強不足になると思います。もちろん言葉を知っていればいいというわけでもありませんが。

僕はやはり独立したての頃はビジネスのことを何も分かっていませんでした。なので、大した提案もできず3流Webデザイナーでしたが(今は2流ぐらいw)、そこからWebデザイナーとてビジネスやマーケティングに対する知識が必要であることに気づき、勉強し始めました。そしてようやく2流に成り上がりました...(´・ω・)

ビジネスやマーケティングのことを知っていると圧倒的に提案の幅が広がり、提案内容に深みがかなりでてきます。

それによってクライアントを説得させることもできます。Webデザイナーのプレゼンというのは「綺麗なデザインできたでしょ?」という場ではなく「御社のビジネスの課題をこれで解決できます」という形の方が本質的でクライアントにも刺さりやすいです。

ですので、WebデザイナーはWebコンサルティングをしっかりできるようにすべきだと思います。ディレクターの下で仕事をしているWebデザイナーではなく、フリーランスで働いている人は特にそうです。自分で稼ぐ力を身につけましょう。

Webコンサルタントとは何かということで、「Webサイトを生きたWebサイトにするために、多角的な視点から制作や運用方法などを指南するプロフェッショナル」という表現を冒頭にしました。ただこれだけではよくわからないので、もう少し具体的にWebコンサルタントについて解説をします。

Webコンサルタントとは

Webコンサルタントの仕事領域を明確にどこからどこまでというのは難しいです。ただ、簡単にいうなら、マーケティング施策の策定と実行支援というのがおおよその業務範囲になります。

Webコンサルタントの具体的な仕事内容

Webコンサルタントの仕事例を箇条書きすると次のようになります。

  • 現状Webサイトの分析 / 運用方法の分析
  • 市場調査
  • 分析結果や市場調査に基づいた戦略策定
  • Webサイト制作支援 / SNS活用の検討
  • Webサイトの運用方法策定と実行(支援)

つまり、課題を洗い出し、解決するための戦略立案をして実行(支援)しましょうということです。すごく難しいですよね。実行するのはやるだけかもしれませんが、戦略を立てるところまでに様々な要素を考える必要があります。

クライアントの予算や組織体制によってもやれることは変わってきますので、全体を俯瞰した上でどんなその企業にとって最適な戦略を立てていかなければなりません。

WebデザイナーもWebコンサルタントとしての力を求められる

WebデザイナーもWebコンサルティンできないと稼げないこと、その理由は先述しました。すでに現場ではWebコンサルタントとしての知見・提案を求められることが本当に多いです。

価格帯にもよりますが、70万以上ぐらいの案件ではそれなりの戦略提案ができて、コンテンツの内容をガッツリ提案できるぐらいではないと案件はとれない印象です。

必然的にWebデザイナーはWebコンサルタントとしてのスキルを求められるようになってきているのです。

基本的なビジネスの話ができないとアイデアが出てこない

クライアントと話をしていて、基本的なビジネスの話ができないと、Webデザインに必要なアイデアが出てきません。ビジネスの話を深く理解できるデザイナーの方が同じ情報料でもより多くの戦略的なアイデアを生み出すことができます。

まったく同じ情報を渡せれても理解の深度が異なれば提案に差がでるのは明白です。

Webデザイナー生存戦略としてWebコンサルタントの力を手に入れよう

まずはマーケティングの概念から勉強していくと良いと思います。ビジネスの基本だからです。

マーケティングといっても分厚い本を買ってきてそれを勉強しようと思ってもしんどいですから、まずはマーケティング事例集みたいな書籍を買うとよいと思います。

有名企業のマーケティング戦略みたいのがのっているので、それを読んでいると結構楽しく勉強ができるものです。

ただ、とっかかりとしてはいいですが、基本的にいきなり大企業のWebサイトを任されることはないと思いますので、マーケティングに興味をもてたら、中小企業向けのマーケティング戦略の本を手にしてみるといいでしょう。もちろん最初から中小企業向けのマーケティングの本でもいいと思います。

あとは日経などからマーケティング関連のムック本がでていたりもするので、結構そういうムック本は基本的なワードの説明なども掲載してくれていたり、図やイラストも多いので、わかりやすいです。

ぜひWebコンサルティングもできるWebデザイナーを目指してみてください!



プロフィール

田中亮行
アキユキ

フリーランスWebデザイナー・エンジニア歴6年。主に企業のホームページの企画・デザイン・開発をしています。

ここでは自分の経験から感じたフリーランスにとって役立つ情報を発信しています。また、「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要な“セルフマネジメント”についても執筆しています。フリーランスとしての生き方にも関係してくることが多いので参考にしてもらえたら嬉しすです(´ε` )

おすすめ書籍紹介