フリーランスとセルフマネジメントby アキユキ

フリーランスのお役立ちブログ+モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術

Webデザイナーに必要なエンジニアレベルは?ハイスペックなフロントエンジニアを目指す必要があるのか

Webデザイナーとしてフロント周りのエンジニアスキルをどこまで高めていくべきだと思いますか?

就職するのかフリーランスになるのかでも認識が変わると思いますが、コーポレートサイトを自分1人ですべて作る仕事をすることを前提に、Webデザイナーとしてどこまでエンジニアレベルが必要なのかを考察していきます。

ちなみに僕はフリーランスのWebデザイナー・エンジニア歴丸6年です。この記事では僕の経験をもとに、Webデザイナーに必要なエンジニアスキルについて書いていますので多少の偏りもあるかもしれません。ですが1つの考え方として参考にしていただけると思います。

Webデザイナーとして稼ぐために必要なスキル

Webデザイナーが稼ぐための大きなポイントはエンジニアスキルではなく、提案力とデザインスキルです。

提案段階でエンジニアスキルは見られませんし、そもそもクライアントはエンジニアのスキルを評価することはできません。提案段階で見られるポイントは(どこまでが提案範囲かにもよりますが)あくまでもWebの構造や戦略、それに基づいたデザインの提案力です。

当然、エンジニアスキルも必要です。エンジニアスキルがあった方が色んなアイデアも出やすいですし、実際にできることの幅も広がります。なので、エンジニアスキルも稼ぎに影響を与える要素です。ただ、提案力やデザイン力に比べると比較的影響を与えにくいスキルです。

そもそもハイスペックなエンジニアスキルを必要とする案件がほとんどない

Webデザイナーが受ける仕事で、エンジニアスキルとしてハイスペックな技術を求められることはほとんどありません。

もちろん、SEOや構造化マークアップの知識、CSS3やjQueryを使った簡単なアニメーションぐらいはできる必要はありますが、ゴリゴリにJavaScriptを書いて…というような提案が必要な案件はほとんどありません。

コーポレートサイトでも中には高いエンジニアスキルがなければ作れないようなものがあるのは確かですが、そのようなスキルが必要になる案件自体が少ないということです。

ですので、優先順位としては、とにかく一定スキルが身についているのであれば提案力やデザイン力を身につけることに注力した方がいいです。技術は案件の中で自然と磨かれますので、その程度のスピード感で成長していけばOKだと僕は思います。

低スキルで困ることはないのか?

低スキルと書くと語弊がありそうなので補足すると、コーポレートサイトは難なくスムーズに制作できるレベルを前提にします。ただゴリゴリにJavaScriptを書いたりはせず、PHPもWordPressをちょっとカスタマイズして使うに足るぐらいの基礎レベル、それがここでいう低スキルのイメージです。つまり、最低限これだけあればある程度柔軟にコーポレートサイト制作できるぐらいのスキルですね。積極的に勉強しているフロントエンジニアはもっと技術の幅も広いと思います。

じゃそのくらいのエンジニアレベルの人間が、実際の現場では困ることはないのか?

困ることは全然あると思います。僕も1つの問題を解決できなくて徹夜したことも何度もあります(低スキルなエンジニアでした、多分今も…)。今は徹夜する程困ることはありませんが、数年前はそういうことが普通にありました。特にWordPressの難しいカスタマイズでどっぷりハマって徹夜という…。困ることはたくさんあるんです。

困りがながらもエンジニアスキルを磨いていく

でも技術が身についてくれば、自分が何でハマっているのかがわかるようになってきますし(最初は何がわからないのかもわからない)、そうすると技術的課題の解決が早くなってきます。

つまり課題解決能力がついてきます。困りながらもエンジニアスキルを磨いていくことは可能です。

じゃ、最初からハイスペックなエンジニアを目指すべきでは?と言われそうです

いっそのことガッツリ勉強してJavaScriptでもPHPでもある程度柔軟に使えるプログラマーを目指して(フロントとしては)ハイスペックなエンジニアになれば困ることもなくなるのではとも思いますよね。

実際僕もそう思ってPHPも一から勉強し直したこともありました。でもハイレベルなエンジニアを目指して机の上で勉強を続けるのは結構効率が悪いです。

でも技術の幅って本当に広いから、何をどの範囲で勉強すれば良いのかわからないわけです。

だからこそハイスペックなエンジニアを目指して色んな技術を追求するのではなく、とにかく実践するんです。実践すればだいたい必要な技術と不要な技術がわかります

ハイスペックなエンジニアを目指して色んな技術を身に着けても、正直ほとんどの技術は使いません。そして忘れます。

スキルが低いと困ることはありますが、困りながらも実践でエンジニアスキルを磨いていくと必要な技術だけ身につけていくことができます。

繰り返しになりますが、エンジニアスキルとしてハイスペックな技術を求められることはほとんどありません。もちろん、最低限のSEOや簡単なCSSアニメーションぐらいはできる必要はありますが、ゴリゴリにJavaScriptを書いて…というような提案が必要な案件はほとんどありません。

とにかく動きが実装されまくってるデザインってすごいわかりづらいんですよね。あれはあれで意図したものがあるかもしれませんが、通常のコーポレートで必要されることは95%ぐらいはないので大丈夫です。

とにかく一定スキルが身についているのであればWebデザインの提案力を身につけることを優先的にやった方がいいです。

まとめ:基礎のエンジニアスキルはしっかり身につける

エンジニアスキルをないがしろにして良いというわけではありません。しっかり身につける必要はありますが、無駄にハイスペックを目指さなくてもOKだということがこの記事で言いたいことです。

基礎のコーディングがしっかりできて、SEO対策もできて、UI/UXを実装するために必要なjQueryやCSS3が使えてと、この辺のスキルは必須です。

基礎のエンジニアスキルはしっかり身につけて、後は実践単位で分からないことはしっかり調べて対応して、少しずつエンジニアスキルは磨いていけばOKだと思います。



プロフィール

田中亮行
アキユキ

フリーランスWebデザイナー・エンジニア歴6年。主に企業のホームページの企画・デザイン・開発をしています。

ここでは自分の経験から感じたフリーランスにとって役立つ情報を発信しています。また、「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要な“セルフマネジメント”についても執筆しています。フリーランスとしての生き方にも関係してくることが多いので参考にしてもらえたら嬉しすです(´ε` )

おすすめ書籍紹介