フリーランスとセルフマネジメントby アキユキ

フリーランスのお役立ちブログ+モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術

時間がない時に時間を作る簡単な方法7つを解説

時間がない、時間を作りたい、そう思っている人は結構多いと思います。そもそもすごく忙しいのなぜこれだけの作業をこなせるのか、というような人もいますよね。

時間の作り方についてはいくつかの要素に分解して考えることができます。まずは時間はどのようにして作るのか、その概念から整理していきましょう。

時間を作るための概念

時間を作る方法を4つに大別すると次のように整理できます。

  • 作業を効率化して時間を作る
  • 集中力を高めて生産性をあげる
  • 死に時間・隙間時間を活かして時間を作る
  • 人に任せて自分の時間を確保する

これらの視点で自分の時間をもっと作れないか考えるだけでも色んな方法がありそうですよね。では具体的にどのような方法があるのか、時間を作る簡単な方法について具体的に解説をしていきます。

簡単に時間を作る具体的な方法7つ

1.手帳には人との予定以外にも、自分1人の大事な仕事や勉強予定も入れておく

手帳にどんな予定を入れていますか?基本的に人との打ち合わせや用事、後は荷物がいつくるかとか何かの提出期限とかですよね。ここに自分1人の大事な仕事や勉強の予定も入れていきましょう。

人から色んな誘いを受ける人は、自分のやりたいことが色々あっても結構断るのが大変だったりします。でも手帳に予定が入っていると精神的にこの日はダメ、と断りやすくなります。

手帳に予定を入れていないと、「一応予定は空いている」という感覚になるので断りづらい誘いほどOKを出してしまいがちですが、予定をしっかり入れておくとスッパリ断れるようになります。

無駄な予定を人に入れられるほど時間の無駄はありませんので、ぜひやってみて下さい。また、この方法をさらに活用するためには、“緊急ではないが重要なこと”を中心に手帳に予定として入れておくと良いでしょう。

2.スマホの通知をオフにして集中して作業に取り組む

これは集中力を高めて時間を作る方法です。作業中に電話やアプリの通知などがくると途中で作業が中断されます。本当に集中したいときは、スマホの通知をオフにして電話も気づかない状態にしておくといいです(iPhoneはおやすみモードで電話も気づかないようにできます)。

これは結構オススメなやり方で、自分の作業に没頭できるので生産性がかなり高まります。

時間がない、時間を作りたいと思ったら、まず自分の集中力を高めることを考えるのも手です。集中力を高める方法が身につくと今後の生産性を高めることができますよね。

3.移動中にできることは移動中に回して時間を作る

人が1日で移動する時間はかなりの時間になります。もちろん、人によっても違うと思いますが、多い人は1日に2〜3時間移動しますよね。ちなみに僕は比較的移動が少ない方ですが、外を1日に歩いている時間も含めて30分以上は移動していると思います。電車で移動する時は1〜2時間は移動時間に使います。この時間を使わない手はありません。

移動中にできる事は移動中にやると決めましょう。

移動時間を無駄に使っている人も少なくないと思います。移動時間にできることを把握しておき、それを移動時間中にやることができれば、自宅やオフィスで普段やっている仕事を移動中に回すことができ、時間を作ることができます。

一度自分の仕事を仕分けしてみて移動中にできることがないかを考えてみましょう。

これはかなり効果的な時間の作り方です。

4.細かい時間をかき集めて時間を作る

細かい時間をかき集める方法を考える前に、どういうところで細かい時間をロスしているかを考えてみます。

  • 仕事の切り替えにかかる時間
  • 集中力が切れてから回復するまでの時間
  • 誰かを待っている時間
  • 何も生み出していないダラッとした時間

色々ありますね。もちろん、すべの時間を仕事や勉強に回して効率的に使いましょうなんて難しいですから、そういう提案はしません。

ここではこれらの細かい時間ロスを解決するために2つの具体的な方法をご紹介します。

作業を細切れにしない

例えば仕事を細切れにして、あれやったりこれやったりしていると、切り替えにものすごくロスが発生します。1つの作業に絞って集中して片付けましょう。

作業を細切れになってしまう最たる原因がメール返信です。メールがくる度に返信しようとすると、そのたびに作業が止まりますし、集中力も切れます。ですので、メール通知を切って、メールチェックする時間も朝一と夕方にするなど、決めておきましょう。小さなことですが、習慣にすると効果は結構あります。

小さな空き時間にできることをやる

人を待っていたりする時など、小さな空き時間は有効活用しましょう。空き時間はいつ訪れるかわからないので、空き時間にやることを決めておくと良いです。

これは先述した移動中にできることは移動中に回す方法と考え方は同じです。例えばスマホで仕事をしたり、アイデアを考えたり、頭とスマホが使えればやれることはたくさんあるはずです。このようなちょっとした工夫で時間を作ることは可能ですよね。

5.生産性のない仕事や勉強は極力しない

何も生み出さない仕事や勉強はしないと決めます。当たり前のことのようですが、特に仕事となると意外と無駄な仕事をしてしまいがちです。

無駄な資料作りや無駄なメールなど。どうしても相手がいると、相手の要求を満たすことを前提に動くのでピッタリ100%ではなく、120%ぐらいのことをやってしまいがちです。また、自分の不安を打ち消すために資料をやたらリッチに作る人も少なくありません。

その仕事に生産性はあるのか、本当に必要なのかを一瞬手を止めて考えてみましょう。もしかしたら時間がない状況にさらに追い打ちをかけているかもしれません。生産性をあげて時間を作っていきましょう。

6.休憩時間なのかそうでないのかはっきりする

何となくダラダラしてしまうことはありませんか?休むことは必要なので、休むのも仕事だと思ってしっかり休憩時間を取ることも大切です。ただ、何となくダラダラしているという時間がもしあれば、それには改善の余地があります。

今何をすべき時間なのかを意識してメリハリをつけ、作業をやるときはやる、休むときは休むと決めて、今の時間を使いましょう。そうすることによって時間の使い方がはっきりしますので、無駄な時間をおさえて、時間を作ることにも繋がります。

7.作業の一部を人に任せる

人に作業を任せることで自分の時間を作ることができます。この方法はすべての人にできるやり方ではないかもしれません。人に任せるためにはお金や任せられる信用に足る人が必要です。それでももし(特に仕事が)忙しくて手が回らないという状況であれば、目指すべきところです。そもそもあった作業がまるっとなくなるので、圧倒的に時間を作ることができます。

まとめ:時間を作るための習慣を作ろう

時間を作る方法を7つご紹介してきました。比較的に簡単にできることばかりですよね。ただ1回やっただけでは意味がないのですが、習慣的にやってみましょう。例えば移動時間の有効活用なんかは、毎日やって習慣にすると自然と移動中に何をやればいいか考え出し作業ができるようになります。

ぜひまずは1つからでもいいので、やってみて下さい。きっと効果を実感いただけると思います。



プロフィール

田中亮行
アキユキ

フリーランスWebデザイナー・エンジニア歴6年。主に企業のホームページの企画・デザイン・開発をしています。

ここでは自分の経験から感じたフリーランスにとって役立つ情報を発信しています。また、「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要な“セルフマネジメント”についても執筆しています。フリーランスとしての生き方にも関係してくることが多いので参考にしてもらえたら嬉しすです(´ε` )

おすすめ書籍紹介