フリーランスとセルフマネジメントby アキユキ

フリーランスのお役立ちブログ+モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術

独立したいと思った時にやるべきこと

いつか独立して自分でビジネスを始めてお金を稼ぎたい、そう思っている人も多いです。

特にここ数年は、PC1台あればできる仕事も増えて、やりやすくなってきましたし、もちろんそれに限らず有益な情報自体が全体的にすごく増えてきて独立を目指しやすくなったのではないかと思います。

とはいえ、サラリーマンと独立して食べていくのとではまるで必要とされるものが異なります。

この記事では僕の経験も振り返りながら、独立したいと思った時にやるべきことについて整理しました。

独立してから稼げるようになるまでに何をやるべきかを徹底的に調べよう

独立した後、10万でも20万でも最初に稼げるようになるまで、どんな行動をとるべきなのかを知る必要があります。

たまに自分のビジョンや経営計画的なものをひたすら作り続けて何も動いていない人を見かけますが(昔の僕です…)、そういう夢を描くのが趣味になっている人は独立には向きません。まずは何をやるべきかを徹底的に調べる必要があります。

成功者の地道な体験を調べる

成功者の成功体験を調べるのは比較的誰でもやっていますが、ポイントは、その成功者がいかに地道なことを積み重ねてきたかを知ることです。

そこを見ていないと「あ、これをやったらドカンと一発当たったんだ、すごいね」で終わってしまいます。しかし、成功者は必ず地道なことを積み重ねています。なので単なる成功体験というよりは、失敗も含めてどれだけの小さく地道なことを積み重ねてきたのかを知ることが大切です。

例えばですが、毎日ブログを書いてきたとか、Twitterで毎日20投稿はしていたとか、1ヶ月で300人の人に会ったとか、毎週10社に営業してきたとか、業種によってやるべきことは異なりますが、

そういった細かく具体的な話として成功者が何をやってきたのかを知りましょう。

たくさん営業をしたから成功したとか、ブログをずっと書いていたら成功したとか、情報の解像度が低いものは具体性がなくて参考になりません

また最近はPC1台あればできる仕事も増えてきました。そのため、逆に個人で独立はしやすくなった一方で、“手をつけやすいからとりあえずそれをやってみたけど行動が伴わず失敗する人”もいます。

これって結局その人がやりやすいからそれをやっているだけで、成功者がやっている地道なところが見えていなかったりします。

できるかどうかではなく、何をやるべきかを一度リストアップする

自分がそれをできるかどうかはさておき、一旦やるべきことをリストアップします。

その上で、もちろん自分にできること、できないことありますので、根本的に自分にこれは真似できそうにないと思ったら、代替案を考えます。

できないからやらないではなく、「これならできる」という代替案を作って自分にあったやり方を考えると良いと思いますよ。

それか「できないならできるまでやる」ですが、根本的な向き不向きはありますので、自分を上手く使う意味でもある程度は自分に合ったやり方を選択する方がいいと思います。成功の仕方は1つだけではありませんから。自分が根気よく続けられる方法がいいです。

やり方が違ったとしても最終的に得られる成果が同じであれば問題ありません。成功法則を知るために一度何をやるべきかを具体的にリストアップしてから、自分仕様にカスタマイズすれば良いです。

人に影響を与える行動ができているかチェックする

独立の準備を進めるにやるべきことをリストアップしたら、それを実行するにあたってチェックしておきたいことがあります。

それは人に影響を与える行動ができているかどうかです。

例えば夢をいくら描いても誰にも影響を与えませんが、誰か1人に営業をすればその人に影響を与えることができますよね。

SNSを使って告知をするでも、クリエイターならポートフォリを公開するでもいいです。ビジネスはFXとかそういったものを除いて結局誰かに影響を与えなければ成立しません。

自分の日々の行動が誰かに影響を与えたかどうか、どのくらい影響を与えることができたのか、それを客観的に見てみると自分の行動を振り返る意味でいいと思います。

現実的に自分にできることの範囲を考えよう

人それぞれ様々な環境があります。現実的に自分がそれをできるのかを考えてみましょう。

資本力がなければできないビジネスもあります。例えば個人企業家でSNSを作りたいという人もいますが、そもそもSNSを作ったとしてそれを広めるための資金力があるのか、運営体制があるのかなど、環境的にそもそも難しいビジネスも多くあります。

もちろんVCを使ったりなど手段は色々あるかもしれませんが、その辺の現実的なことを何を調べず夢だけを抱いている人も多く見てきたので、現実として何が必要なのかは調べておく必要があります。

会社を辞めずに副業として準備を始めよう

独立する前に必ず副業はしておくことをオススメします。ビジネスはやって見て初めて分かることが本当に多いです。

サラリーマンで安定収入を得ながらまずは副業としてやってみて、最初は稼げなくても目先の利益に走らず焦らず自分がやるべきことを積み重ねていくためにも副業からやった方がいいです。

僕は副業をしませんでしたが、それは失敗だったなと思います。やはりお金に困りましたし、スマートなやり方ではありませんでした。

想いだけで突っ走って失敗しないように

独立を目指す人で想いだけで突っ走って失敗する人は多いです。夢を追うということはすごく輝いていて気持ちの良いことなのですが、その反面それを実現するためにはビックリするぐらいに地道なことの積み重ねであり、そのギャップにつまずく人が多いんだと思います。

僕も独立してからしばらくは夢を描きつつ毎日のんびりしていたので(笑)全然稼げなかったです。

独立したいと思っている人は、「そんなことを思っている自分は今何をしているのか」を考えてみて下さい。ただ夢を描いているだけなのか、実際に行動を起こしているのかでは大きく違います。

行動を起こせている場合、その行動は、誰か1人にでも影響を与えることができているのか、そういった視点で自分の行動をチェックしてみるといいと思います。



プロフィール

田中亮行
アキユキ

フリーランスWebデザイナー・エンジニア歴6年。主に企業のホームページの企画・デザイン・開発をしています。

ここでは自分の経験から感じたフリーランスにとって役立つ情報を発信しています。また、「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要な“セルフマネジメント”についても執筆しています。フリーランスとしての生き方にも関係してくることが多いので参考にしてもらえたら嬉しすです(´ε` )

おすすめ書籍紹介