フリーランスとセルフマネジメントby アキユキ

フリーランスのお役立ちブログ+モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術

初心者がwebデザインを学ぶ時に知っておきたいこと

最初にWebデザインの勉強をしようと思っても何から勉強したら良いのか、どんな勉強方法が効率が良いのか迷うところですよね。僕の場合は結構特殊で自分が作りたいサイトがあったのでまずはそれ作ってみたり、案件を受ける中で勉強したりしていました。

僕の場合は少し順番がおかしかったのですが、

この記事ではWebデザイナーを目指してWebデザインを学ぶ際に意識しておきたいことや勉強方法について解説をします。

Webデザインは商業デザインである

まずWebデザインは商業デザインです。

あくまでもクライアントがいて、クライアントのビジネスの課題を解決するための手段としてデザインがあります。なのでWebデザイナーの好みでもなければクライアントの好みでもありません。ターゲットに影響を与えるデザインが必要です。

その点を理解していなければ、せっかくデザインセンスが身についても、方向性のズレたデザインを提案してしまい、クライアントの満足度をあげることができません。

逆にいうと奇抜なデザインやクリエイティブに溢れたデザインをする必要はありません(ケースバイケースです)。

ブランディングサイトのような世界観を重視するWebデザインにおいてはそれなりの独特な見せ方も必要ですが、一般的なコーポレートサイトであれば、クリエイティブさよりもWebデザインの戦略やコンテンツ(ページの中身)の方が大切だったりします。

Webデザインの役割を考える

では商業デザインとしてWebデザインをやるにあたって必要なことな何か具体的に説明していきます。

それはWebサイトの役割を考えることです。Webサイトには必ず役割があります。クラアンとのビジネスを俯瞰してみた時に、Webサイトが集客の役割をするのかブランディングの役割をするのか、集客の場合、単純にお問い合わせなのか、資料請求なのか、メルマガ登録なのか、セミナーへの誘導なのか、など様々なゴール設計が考えられます。これがWebサイトの役割です。

仮にセミナーへの誘導がWebサイトの役割だとしたら、セミナーへ誘導するためには、どういう導線設計をすべきで、セミナー申込みの過程でどんなコンテンツを見せればよいのか、を考えていきます。

そしてそれらの構成を考えた上で、全体のデザインをしていきます。そうすると何となくデザインするよりも、よりターゲットに響くよいデザインができます。

少し難しい話なのですが、こういったことを頭の中に入れておきながら勉強すると吸収するものが変わると思いますよ。

初心者が知っておくべき勉強方法と効果的なやり方

学習方法にはいくつかあります。

ここでは独学の方法3つとスクールについて解説をしながら、各勉強方法においてどうしたらより効果的な勉強ができるのかを解説していきます。

書籍で学ぶ

書籍でデザインを学ぶことのメリットはデザイン理論を理解できることです。

ですので、まずはWebデザインの書籍ではなくDTPなどの印刷媒体のデザイン書籍で学ぶと良いと思います。Webデザインは色々制約ががありますが、DTPデザインは制約がないフリーレイアウトでのデザインなので、デザインの基礎自体はこちらの方が学びやすいですし、良書もたくさんあります

デザインの基礎を学んでおけば、デザインで大きく間違うことはありませんし、整ったデザインを簡単に作れるようになります。

また書籍で学んだことを意識しながら周りを見てみましょう。歩いている時、電車に乗っている時、周りにはたくさんの広告やデザインされたものがありますが、書籍で学んだ内容がどう応用されているかを見てみると自然と勉強になって効果的です。

例えば、余白のとり方を書籍で学んだら、周りにあるものの余白のとり方を意識して見てみると学んだものが定着します。

既存のWebサイトを模写する

世の中に公開されているWebサイトでPhotoshopでトレースしていく勉強方法です。

模写はプロの技術を自分で再現することでWebデザインの応用力を身につけることができます。

ですので、基本的にはデザインの基礎をやってから取り組むのが望ましいです。まずは書籍で基礎を固めてからその応用編としてWebサイトの模写をしていきましょう。

また、Webサイトを模写していくと、Webデザイン特有の型を学ぶこともできます。例えばヘッダー部分のデザインはヘッダー画像とメニューの並べ方をいくつかのパターンに大別することができます。そういったWebデザインのパターンを学習することで、Webデザインのセオリーを身につけることができます。

そして大切なことですが、Webサイトの模写をする際のポイントとしては、作業的に模写しないことです。

手を動かすだけの作業になってしまうと意味がありませんので、「このデザインはなぜこうなっているのだろうか」と考えながらデザインを模写していくことでプロの技術を身に着けていくことができます。

スクールに通う

スクールには通学形式とオンラインの2つがあります。

どちらもカリキュラムとして学ぶことができるので、一定期間である程度のスキルを身につけることができるところがポイントです。

それぞれの違いとしては、通学形式の場合は仲間ができることで、関係性を築くことができればお互い高め合ったり、モチベーションの維持になることが1つです。そして現場で活躍しているプロが講師をしている場合は、講師に直接業界のことを聞くこともできます。これは結構ポイント高いかなと思っており、正直Webデザインを学ぶだけでしたら自己管理できる人なら独学でもある程度効率よく学ぶこともできるのですが、

ただ現場のプロに話を聞き業界のことを知ることは、自分が実際にWebデザイナーになる時の道筋になるような役に立つ情報を手に入れることができます。

例えばどういう提案方法をしたらいいのかを聞いてみるのもいいですし、現場での制作工程について聞いてみるのもいいです。

他にもスクールは自習室が無料で使えたり、就職サポートがついていたりあるので、その辺も大きなポイントです。

オンラインは、動画を何度も見直すこともできますし、チャットサポートなどでいつでも相談できるというのもあります。サービスによると思いますが、マンツーマンのメンターがついていることもありますので気になるところを調べてみてください。

実戦形式で誰かのサイトを作ろう

僕からのオススメですが、ある程度基礎スキルがついたら実践で誰かのサイトのWebデザインをやってみると良いと思います。

ここは勉強の延長として無料でもいいのでやる、というスタンスです。ずっと机上で勉強しているよりもよほど現場感があって僕は良いと思います。

冒頭に書いた通りWebデザインは商業デザインですので、あくまでもクライアントのビジネスの課題をデザインで解決するということになります。その点、机上で学ぶでは限界がありますので、ぜひ実戦形式でやれるチャンスがあればやってみてください

まとめ

Webデザインの考え方や勉強方法について解説していきましたが、もしかしたら小難しいこと言っているなと思われたかもしれません。

ただWebデザイナーという仕事はキラキラした世界に見えますし、そう見せている人が多いですが、あくまでもビジネスとしてWebデザイナーという職業があります。

かっこいいデザイン、可愛いデザイン、だけでは中々仕事にならないのがこの業界です。ですのでWebデザインの考え方からまず書いてみました。皆さんが勉強する時のお役に立てれば幸いです。



プロフィール

田中亮行
アキユキ

フリーランスWebデザイナー・エンジニア歴6年。主に企業のホームページの企画・デザイン・開発をしています。

ここでは自分の経験から感じたフリーランスにとって役立つ情報を発信しています。また、「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要な“セルフマネジメント”についても執筆しています。フリーランスとしての生き方にも関係してくることが多いので参考にしてもらえたら嬉しすです(´ε` )

おすすめ書籍紹介