フリーランスとセルフマネジメントby アキユキ

フリーランスのお役立ちブログ+モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術

フリーランスデザイナーの具体的な仕事内容や稼ぎ方!

この記事ではフリーランスのデザイナーになる方が知っておいた方がいい仕事の内容や業界のこと、そして働き方からデザイナーとして必要なマインドについて解説しています。

フリーランスデザイナーの仕事内容と価格帯

デザイナーといっても多岐に渡りますが、フリーランスデザイナーとして人気のWebデザイナー、DTPデザイナー・イラストレーターについて仕事内容や案件の価格帯について説明します。

Webデザイナー

Webデザイナーの仕事はWebサイトのデザインをする人ですが、Webサイトにも様々な種類があります。

例えば企業のホームページであるコーポレートサイト、広告をクリックすると表示されるランディングページ、物販サイトであるECサイト、リクナビのような会員が使うサービスサイト、などです。

それぞれデザインで気をつけなければならないことや必要なスキルの比重も変わってきます。

例えばコーポレートサイトよりもサービスサイトのデザインの方がページ構成の設計がかなり複雑になりますし、ユーザーインターフェース(使い勝手)をより意識する必要があります。

細かいところはここで書ききれませんが、Webデザインにも大きくわけるといくつかの属性に分かれて、人によって得意不得意も分かれるということを何となくでも知っておくと良いです。

大抵、Webデザイナーというとコーポレートサイトやランディングページを専門にしている人が多いですし、フリーランスが受注する案件もだいたいその辺が多いです。

ただ僕もそうですが、案件の幅が広がってくると、たまにECサイトやサービスサイトの設計・デザインまでやることがあるので、将来的にはそのレンジまでやる可能性があります。

ここではコーポレートサイトとランディングページに絞って話をします。

仕事内容

Webデザイナーの仕事を簡単にまとめると次のような仕事があります。

  • 要件整理 / 戦略検討
  • ワイヤーフレーム制作
  • Webデザイン
  • コーディング(HTMLやCSS / 人による)

クライアントからヒアリングをして要件整理をしたら、ワイヤーフレームを作ります。

ワイヤーフレームというのはWeb全体の構造で、全体的にどんなページがあって、各ページの中でどのような流れでパーツを配置するのか、そのフレームをつくります。

Webの基礎設計となるのでとても大切なフェーズです。それができたらデザインにとりかかります。デザインはPhotoshopでやることがほとんどです。コーディングについては、やる人と外注する人でわかれます。

僕の感覚からするとフリーランスのWebデザイナーでご飯を食べていくのであればコーディングまでできた方が案件自体取りやすいですし、稼ぎやすいです。コーディングまでやれると自分で受注して1人で納品まで対応できます。

案件相場

デザイナーというのは技術職なので、技術に対して価格がつきます。ですので、相場というのははっきりとないので感覚的ですが、フリーランス初期段階で多い価格帯がこちらです。

  • コーポレートサイト(10ページ前後)・・・15万〜(デザインのみ)、30万〜(コーディングまで)
  • ランディングページ・・・5万〜(デザインのみ)、10万〜(コーディングまで)

ちなみにこの価格帯は安いです。あくまでもフリーランス初期段階でこのくらいで取る人が多いのかなというところです。ある程度経験値があればコーポレートサイト1本(10ページ前後)でコーディングまでやって50〜60万前後は普通にあります。ランディングページも30万前後ぐらいは結構普通だったりします。もちろんそれ以上もあって、天井はまだまだ上です。

DTPデザイナー・イラストレーター

DTPデザイナーはイラストレーターともいったりしますが、印刷物のデザインを手掛けるデザイナーです。なので、チラシや名刺、パンフレット、会社案内、小冊子など多岐に渡ります。

基本的にはIllustratorを使っての仕事になりますが、小冊子などページ数がある読み物のようなものは、InDesignというソフトを使ってデザインします。素材加工でPhotoshopも使うことが多々あるので、とりあえずIllustratorとPhotoshopは使える必要があり、InDesignの登場シーンは少なめかもしれません。

仕事内容

DTPデザイナーの仕事を簡単にまとめると次のような仕事があります。

  • 要件整理
  • ラフデザイン
  • デザイン仕上げ
  • 入稿 / 印刷

クライアントからヒアリングをしてどのような情報を掲載するか要件整理をしたら、ラフデザインをして提出します。

デザインの打ち合わせをして調整していきながら最終的にデザインを仕上げたら印刷用紙の選定や印刷オプションについて確認をした上で入稿します。

個人的には後で修正が効かない印刷物はかなり緊張します。最近はもうやっていませんが、フリーランス3年目ぐらいまでは名刺、パンフレット、会社案内、1回だけ小冊子までやりましたが、誤字脱字のチェックから何から何までWebデザインより緊張感がずっとありました。

特に文字が多いもののチェックはそうなのですが、組織でやっている会社だと“読み合わせ”といって2人組でチェックしたりすることもありますが、フリーランスだと自分で全部確認します。

案件相場

Webに続きこちらも相場があってないようなものですが、フリーランス初期段階で多い価格帯がこちらです。

  • 名刺・・・3万〜
  • A4チラシ表裏・・・5万〜
  • 会社案内・・・8万〜

安い人はもっと安いですが、フリーランスとして完全に独立するなら最低限このくらいは必要ではないかと思います。ただ実際はもっと稼げて、名刺もA4チラシ表裏も10万以上はありますし、会社案内なら20万以上もあります。もちろんそれ以上も。Webと比べると単価は安くなります。

フリーランスデザイナーの稼ぎ方

フリーランスでデザイナーをやる場合はいかに紹介とリピートを回すかという点が非常に大切です。

ずっと新規営業でやっていくのはかなりきついので、紹介とリピートで回すことを意識しながらやっていきましょう。フリーランスになる前からしっかりと人脈と信頼を積み重ねることが重要ですが、それには今の時代SNSを使うことが有効です。

Twitterのフォロワーがいなくても、Facebookの友達はそれなりにいる人も多いのではないでしょうか。Facebookで自分の活動やポートフォリオをシェアするなどして、まずは認知してもらいましょう

Facebookはもともと信頼関係のある人と繋がっていたりするので、仕事には比較的繋がりやすかったりします。一人ひとりにメッセージを送っていくのもいいと思います。

Twitterをやる場合も認知の大切さは同じです。自分のポートフォリオ公開、そしてプロフィール分は適切なものにしましょう。あとは交流会やどこかの(オンラインサロンなどの)コミィニティに属するなども1つの手です。

オンラインサロンは営業目的というよりは純粋に人脈作りの方がいいと思いますが(営業目的は嫌われると思います)、そういったところで普段広がらない人脈を広げて紹介案件を増やすのもありです。

何でもそうですが、一番大切なのは自分をどう見せるかで、フリーランスはここの能力がかなり求められます。

どういうポートフォリオを作ればいいのか、どういう自己紹介をすればいいのか、FacebookやTwitterのプロフィールはそれでいいのか、その辺はかなり真剣に取り組んだ方がいいです。

デザイナーに限らずですが、フリーランスの稼ぎ方については以下の記事でもまとめていますのでご覧ください。

仕事がないフリーランスがまず第一にやるべきこと

まとめ

フリーランスデザイナーの仕事内容や稼ぎ方について解説してきました。

フリーランスは特に初期段階が難しいですが、最初に人脈を広げて軌道になれば確実にサラリーマンより稼げますので、仕事がない時こそただの暇人にならず、しっかり自分と向き合って、自分に課題を課してやっていきましょう。



プロフィール

田中亮行
アキユキ

フリーランスWebデザイナー・エンジニア歴6年。主に企業のホームページの企画・デザイン・開発をしています。

ここでは自分の経験から感じたフリーランスにとって役立つ情報を発信しています。また、「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要な“セルフマネジメント”についても執筆しています。フリーランスとしての生き方にも関係してくることが多いので参考にしてもらえたら嬉しすです(´ε` )

おすすめ書籍紹介