フリーランスとセルフマネジメントby アキユキ

フリーランスのお役立ちブログ+モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術

Webデザイナーの仕事内容について具体的に解説するよ

WebデザイナーはWebデザインを使ってクライアントのビジネスの課題を解決する仕事です。

少々大げさなように聞こえるかもしれませんが、クライアントがホームページ等のWebサイトをプロに依頼する理由は解決したい課題がそこにあるからです。

その点でいうと、コンサルティングのような領域を含む仕事であり、AIが叫ばれる世の中でWebデザイナーは今後も活躍できるフィールドであると僕は考えています。

この記事ではWebデザイナーの仕事について

  • どんな仕事なのか?
  • どういう流れで仕事を進めていくのか
  • 必要なスキルって何?

これらの点について具体的に解説をしていきます。

Webデザイナーはどんな仕事?

冒頭でも触れましたが、Webデザイナーはクライアントの課題をWebとデザインで解決する仕事です。
クライアントによって課題は様々ですが、例えば次のような課題があります。

  • ホームページにアクセスがない
  • アクセスに対してお問い合わせ数が少ない
  • 自社ブランドとWebデザインが乖離している

クライアントによって課題は様々ですがこういった課題を解決してあげる必要があります。そのために、デザインだけではなくWebの戦略まで考えて提案し実行するのがWebデザイナーの仕事です。

Webデザインはあくまでも商業デザインです。つまり単に綺麗なデザインやかっこいいデザインを納品することが求められているわけではなく、先に挙げたような課題を解決するためのデザインが必要であり、そこには戦略が必要です。

例えば、お問い合わせ数が少ない場合は、単にデザインを改善するだけではなく、どんなコンテンツ(ページの内容)が必要か、どういう導線設計が必要かを考える必要があります。

ですので、Webデザイナーと聞くと単にデザインをするだけを想像しますが、クライアントの要望や課題を整理し、それを解決するためには

どんなデザインやコンテンツが必要でどういった導線設計を組むのか、その辺までやるのがWebデザイナーの仕事です。

また導線設計をする上でいかに扱いやすいサイトを作るかというユーザビリティの開発もします。

ここまで大きくまとめるとWebデザイナーの仕事は以下のような感じです。

  • クライアントの要望や課題を整理
  • 課題解決のためのデザイン制作とコンテンツ設計
  • 導線設計やユーザビリティ開発

またここまでがデザインのフェーズですが、勤める会社によってはHTMLやCSSを使ったコーディング作業まで対応します。

フリーランスWebデザイナーであれば、1人ですべて納品できると仕事が取りやすく、その点でコーディング作業はできた方がいいでしょう。

僕はフリーランスですが、すべてやっています。

Webデザイナーの仕事の流れ

仕事の流れは大きく次のような流れになります。

  • ヒアリング
  • 要望や課題の整理と改善方法の検討
  • Webサイトのワイヤーフレーム制作 / コンテンツ設計
  • Webデザインの制作
  • コーディング
  • 納品

ヒアリング

初回打ち合わせでクライアントから直接現状の課題や要望について聞きます。

単純に要望を聞くよりも、クライアントの課題を聞きながらその場でどういう路線で改善していけばいいのかを整理していけるといいですね。

具体的にこうして欲しいああして欲しいという要望をもったクライアントもいますが、ただ要望をまとめてそれに応じるのではなく、Webデザイナーとして必要な時は「こうした方がいいですよ」と提案してあげる方が価値のあるWebデザイナーです。

要望や課題の整理と改善方法の検討

ヒアリングした内容を整理し、どういう路線で課題解決していくのかを検討します。
おおよそ次のようなことを整理します。

  • Webサイト制作の背景や目的
  • 現状の課題整理
  • ターゲットの定義
  • Webサイト全体の戦略定義
  • デザインコンセプト

戦略定義というのは、定義したターゲットをどうやったら集客するできるのか(集客を目的とするHPの場合)、そのための全体像をまとめるイメージです。

それを踏まえてデザインコンセプトも作っていきます。

Webサイトのワイヤーフレーム制作 / コンテンツ設計

ワイヤーフレームとはWebサイトの全体像を作っていく作業で具体的なデザインはしませんが、どんなページ構成になっているのか、どこにどんなコンテンツを配置するのかを設計をします。

コンテンツ設計は必要なコンテンツの洗い出しと具体的なコンテンツの検討です。ここは導線設計をよく考えながら作業を進めていくところで、とても重要な部分です。

Webデザインの制作

Photoshopを使ってWebデザインをしていきます。商業デザインであることを忘れず課題を解決するためにはどうしたらいいかを意識したWebデザインを心がけましょう。

コーディング

HTMLやCSSを使ってコーディングをしていきます。他のコーダーにバトンタッチするケースもあります。
バトンタッチする場合は素材をPhotoshopからスライスしてコーダーに渡します。

公開/納品

決められた方法で納品します。

ほとんどの場合はサーバーにアップロードして公開作業をして公開、納品となります。この時、アナリティクスを導入したりなど公開時の作業がいくつかあったりします。

Webデザイナーに必要なスキル

Webデザイナーに必要なスキルは以下です。

  • Photoshop / デザインスキル
  • HTML / CSS
  • JavaScript(jQuery)

コーディングまでやらない場合はHTMLやJavaScriptは不要かもしれませんが、個人的にはHTMLやJavaScriptの概念ぐらいは知っておかないと、コーディング時のデザイン制約がわからないと思います。

パンフレットなどのデザインと違ってフリーレイアウトで自由にはデザインできないので、Webデザインならではの制約は理解しておきましょう。

また、フリーランスとしてやっていくのであれば、WordPressができると仕事の幅がぐっと広がるので是非やりましょう。

Webデザイナーとしての働き方

働き方は大きくわけると次の3つです。

  • 企業で正社員や派遣で働く
  • 副業やアルバイトから始める
  • フリーランスとして独立する

フリーランスを目指す方であれば、どこかの企業で働きながら、副業で自分のクライアントを作っていき、その後独立することをオススメします。

僕はいきなり独立してフリーランスになりましたが、やり方としては失敗でした。最初の2年近くはしんどかったですね。正社員の固定給が神がかった仕組みに見えていました(´・ω・`)

Webデザイナーの仕事内容から働き方までご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

企業に務める場合もフリーランスの場合も人それぞれ働き方が結構違ったりしますので、自分がWebデザイナーで理想的な仕事を実現できるかどうかはやってみないとわからない部分はあります。

ただ大きくいうと仕事内容としてはご紹介した内容になりますので、あとはサラリーマンなりフリーランスなりやり方は色々ありますが、自分が楽しく働けるように日々スキルアップしてやりたいことを実現する力を入れていきましょう。



プロフィール

田中亮行
アキユキ

フリーランスWebデザイナー・エンジニア歴6年。主に企業のホームページの企画・デザイン・開発をしています。

ここでは自分の経験から感じたフリーランスにとって役立つ情報を発信しています。また、「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要な“セルフマネジメント”についても執筆しています。フリーランスとしての生き方にも関係してくることが多いので参考にしてもらえたら嬉しすです(´ε` )

おすすめ書籍紹介