フリーランスとセルフマネジメントby アキユキ社長

フリーランスのお役立ちブログ+モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術

Webデザイナーが提案するときのチェックリスト

Webデザイナーをやっていると提案活動が必要な場面は多々あります。

提案をする場合はどれだけそこに時間をかけるか、どこまで作り込むか悩ましいところですが、

ある程度提案する内容を決めていれば、効率的にできるだけ少ない時間でよりよい提案活動をすることができます。

この記事では、Webデザイナーがクライアントに提案する時に、クライアントに満足してもらえるような提案内容になるように、提案に盛り込むべき内容について解説をしていきます。

この内容に沿って提案内容の最終チェックをしていただければ、かなり提案の質はあがりますので是非チェックしてみてください。

提案活動の本質

まず提案活動の本質について説明します。

提案活動は制作サイドからすると、クライアントに選ばれるための行為ですが、

選ばれるためにはクライアントが必要としているものの答えを専門家として出してあげることが必要です。

ですので、まずは“クライアントが何を必要としているのか”これを明確にしてあげる必要があります。

クライアントによってはここが明確になっている場合もありますが、割と多くの場合で、ホームページを制作することそのものが目的になってしまっていたり、目的はあっても“なんとなくお問合せフォームからのお問合せを増やしたい”というぼんやりしたものしか持っていなかったりします。

  • なぜホームページを制作する必要があるのか
  • 本当にお問合せを増やすことが必要なのか

などまずはどういう成果の指標に対して提案活動をするかを決めることが大切です。

Webデザイナーが提案活動で提案すべきこと

ここでご紹介する提案すべきこと自体は、割とスタンダードな内容になっていますが、どのように提案するのかがとても重要なのでその視点で1つ1つ解説をしていきます。

背景と目的

背景は提案というよりはクライアントの事情になりますが、目的に関しては、クライアントが明確にできていない場合は、先に書いた通り、明確にする必要があります。これは提案書作成段階というよりは最初の打合せ時点でヒアリング・提案する形になります。

ポイントとしては言われたことをそのまま目的として鵜呑みにするのではなく、クライアントの課題の本質を汲み取った上で、Webサイトの目的を明確にすることが大切です。

この辺は後述する「コンバージョンの指標は明確か」と強く相関しますのでそこで改めて解説します。

ターゲットの詳細・本質的な課題と事情

ターゲットはできるだけ詳細に書き出しておきましょう

  • 性別・年代・居住地域・年収などのデモグラフィック要素
  • ターゲットの悩み
  • ターゲットの周辺事情

ターゲットの悩みはできるだけ本質的な悩みを汲み取ります。

例えば資格取得の専門学校のホームページを作る場合、単に資格取得をしなければならないということがターゲットの課題なのではなく、なぜ専門学校の利用を考えているのかを追求することで、専門学校を利用する人ならではの悩みが見えてきます。

他にもその資格試験が昇格や就職に必要なのか、それとも自分の夢に向かって個人的に取得する資格なのかで訴求方法も変わってきます。

コンバージョンの設定

コンバージョンとはそのホームページを閲覧したターゲットにとって欲しい行動のことで、例えば“お問合せ”や“資料請求”です。つまりコンバージョンはホームページそのものの目的です。

コンバージョンはホームページの役割を考えることで明確になります。

リニューアルの場合、クライアントから現状のホームページの課題を聞くのも大切ですが、

ホームページに関係なくビジネスそのもののスキームを整理して、その中でホームページにどのような役割を持たせるかというのが非常に大切です。

全体構造はどうするのか、重要コンテンツは何か

ホームページ全体の構造は提案に必須ですね。これがないと見積もりもできません。

その中でも特に大切なのは、どのようなコンテンツを提案しているかです。

「ホームページなんてだいたいどれも同じ様な構造しているから競合他社を模倣して…」でもある程度のものはできますが、クライアントの本質的な課題をヒアリングできていれば、「このクライアントの場合はこんなコンテンツがあると強いな」というのが明確になるはずです。

そしてそのコンテンツについてはその提案の1つの肝になるはずです。戦略的にユーザーをコンバージョンに導こうと思ったら戦略の1つや2つは出てくるはずなので、その戦略について簡単に触れておきましょう。

結果的に一般的な構造になっても構わないのですが、なぜそのコンテンツがそのクライアントに必要なのかを考え、戦略面でそれがどう有効なのかを提案することがとても大切です。

デザインの趣旨説明〜明確かつ戦略的に〜

デザインはカッコイイとか可愛いとかキレイとか、それはそれで評価の要素になりえますが、本当に大切なのは次の2つです。

  • そのデザインはターゲットにとって良い印象を与えているのか
  • そのデザインはユーザービリティが良いのか

ターゲットにとって良い印象を与えているのか

ポイントは“ターゲットにとって”の部分です。ターゲットがそのホームページを見た時にどう思うのか、これってめちゃくちゃ大切なことで、まずホームページを見た瞬間の印象がターゲットに刺さらなければ離脱されます。

ターゲットに期待感を与えられるようなそんなホームページは印象という点では最高のデキです。

アコムはトップページで実質金利0円の0をバカでかく表示していますよね。そういうターゲットにとって期待できるような表現をすることが大切です。

ユーザビリティが良いのか

ユーザビリティというのは使い勝手ですが、次のようなホームページはNGです。

  • 操作性が悪い
  • どこに何があるか分からない
  • クリックした先に想像していたものがない

ホームページはターゲットにとって簡単に操作できることが必要です。

その意味では、高齢者向けのサイト、子供向けのサイト、ITリテラシーがない人向けのサイト、などターゲットが異なれば同じ内容でも作り方が変わります。

見積り条件と納期

最後に見積りは当然必要ですが、見積り条件と納期は明示しておきましょう。

見積条件には次のようなことを書いておきたいところです。

  • 対応ブラウザ、OS
  • サーバー・ドメインは誰名義なのか
  • 写真など有償素材を使う場合は実費請求するのかどうか
  • 着手金があればそれについて
  • その他案件ごとの各種要件で特筆すべきこと(CMSの範囲やWordPress使用有無、管理費用の有無など)

全体を通して提案の肝が何なのかはっきりしているのか

提案書に記載すべき要素はたくさんありますが、全体を通して何が肝なのかははっきりしておきましょう。

例えば自分がいかに戦略的なホームページを提供できるかをクライアントに感じて欲しいのであれば、提案書全体に渡ってロジック重視で攻める見せ方をすべきですし、デザイン推しであればいかにもデザイナーが作ったような提案書もいいと思います。

昔DTP系のデザイナーが作った食品パッケージの提案書を見せてもらったことがありますが、THE・デザイナーという感じの提案書になっていて、それはそれでものすごく見ていてワクワクするものでした。

提案書全体を通してどのような印象をクライアントに与えるべきか、これも案件ごとも考えてみるのもいいかもしれません。僕の場合は全部戦略推しでやっていますが。

まとめ

提案書作りは骨が折れる作業ですが、提案書を作るロジックが理解できていれば少しでも短い時間で提案書を作ることが可能ですよね。

参考にしていただけたら嬉しいです。



プロフィール

田中亮行
アキユキ社長

フリーランスWebデザイナー・エンジニア歴6年。主に企業のホームページの企画・デザイン・開発をしています。

ここでは自分の経験から感じたフリーランスにとって役立つ情報を発信しています。また、「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要な“セルフマネジメント”についても執筆しています。フリーランスとしての生き方にも関係してくることが多いので参考にしてもらえたら嬉しすです(´ε` )

おすすめ書籍紹介