セルマネジメントのあれこれ

モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術を追求するブログです。

なぜ人は問題の種を放置するのか

問題の種を発見してもそれを放置してしまう人は結構いるものです。
 
後々問題になりそうなことを放置してしまう…それはなぜでしょうか?
 
その原因を解明する前に…
 
そもそも問題の種を見つけておいてそれを放置することはミスというよりは確信犯に近いです。そしてそういう癖をもって生きている人は常に爆弾を抱えているようなものです。
 

 
以前にオードリーの若林さんが言っていたことを思い出しました。
ご存じです?
オードリーさんが生番組中にイケアのイスを破壊した事件。笑
 
見てる側はめちゃくちゃ面白かったですが、本人は相当な冷や汗だったことでしょう。YouTubeに掲載されているのでぜひ見てみて下さい。
 
概要を説明すると、オードリーさんがイケアのイスの宣伝を番組内で任されていて、「600万回の耐久試験に合格したイスなんです」というウリ文句から宣伝が始まり、オードリーの春日さんがその耐久性を示すかのように、そのイスの上で暴れたところ、イスの脚がバッキリいってしまったという話です。
 
このとき、若林さんは春日さんの行動を抑止するのではなく、便乗して春日さんと一緒にイスを乱暴に扱う側にまわったわけですが、若林さんは後ほど自身のこの行動に対して「しくじりの種」と表現していました。
 
役割的には若林さんは「そんな扱い方したら壊れるだろ」とツッコミを入れるのが正しかったのかもしれませんが、春日さんに便乗しちゃいましたよね。以前からそういう便乗するようなことはあったみたいで「たまたまそれが悪い方向にいかなかっただけで、しくじりの種を持っていていた」というようなことをラジオで言っていました。
 
つまりどこか爆弾を抱えながら生活をしていて、たまたま生番組でそれが爆発したということです。これは性格とか癖の問題だと思いますが、仕事で問題の種に気づきながらも放置する人というのは、若林さんのいう「しくじりの種」を持って生きているのでしょう。
 
しかしなぜそんなことが起こるのでしょうか?
特に仕事において、問題になる可能性があると分かっていながらそれを放置する人の裏側にはどんな心理が働いているのでしょうか。
 
僕が考えるにはこうです。
 
「問題の種に対処する労力」と「問題の大きさと起こる確率」を天秤にかけている。
 
つまり問題の種に対処する労力が大きい場合、起こっても大した問題にならないだろうということや、そもそも起こる確率が低いものについては放置してしまう傾向にあるのではないでしょうか?
 
これは期待値の算出と同じ原理ですね。
 
期待値は以下のように算出されます。
 
期待値=(それが起こる確率)×(起こったときに得られるものの大きさ)
 
例えば、1回サイコロを振って、1の目が出れば6万円もらえるとします。このとき、期待値は1/6×6万円で1万円です。サイコロを1回振るのに1万円かかるとしたら妥当、それ未満で5,000円とかなら安いですし、それ以上で2万円なら高いかなという判断ができます。
 
もちろん仕事の問題の種についてこんなに正確に計算はしていないでしょうが、考え方としては同じではないかと思います。
 
しかし、人間には感情による振れ幅がありますから、その時の感情によって対処する労力が変わります。
 
また、人間は信じたいものを信じようとする傾向がありますから、忙しいときほど「こんなことは起こらないだろう」という感情が膨れ上がってきます。つまり、労力の大きさは感情で変わる上に、ことが起きる確率もその時の感情で変わってしまうということです。そもそも期待値の原理がうまく働いていないですよね。
 
これって問題が起きたときのコトの重大さ加減を判断する能力が鈍っているということなんですよね。
 
結果的に、問題の種を放置してしまいます。
 
期待値で問題の種に対処するしないを決めるのも問題かもしれませんが、人間誰しもそういうことはあると思いますし、時にはそれが合理的で正しい判断方法であることもあります。
 
でもそんなときに、問題が起きたときのコトの重大さ加減を判断する能力が鈍っているととんでもない問題に繋がりかねません。
 
だから、問題の種を発見しながらもどうしてもそれに向き合う余裕がない場合は、一旦メモ書きして横に置いておき翌日また向き合うなど、とにかく感情によって判断が変わらないようにしなければならないと、僕は考えています。
 
人間完璧な人は存在しませんが、できるだけ自分をコントロールしていきたいものです。



プロフィール

田中亮行
田中亮行
「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要なことが“セルフマネジメント”だと考え、日々研究するようになりました。このブログはそんなセルフマネジメントについてアウトプットする場として作りました。
普段は企業のホームページのコンサルティングやデザイン・開発をしています。
詳しいプロフィールはこちら
 

起業家インタビュー

様々な起業家の方に、純粋に人生観を聞きたくてインタビューをしてきました。どんなマインドで生きてきたのか、そしてどんな人生を歩んできたのか、今後の展望も含めてお伺いしていますので、何か生きる上でのヒントになればと思っています。記事一覧は過去のバックナンバーです。

バックナンバー一覧