フリーランスとセルフマネジメントby アキユキ

フリーランスのお役立ちブログ+モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術

負け癖はどうやれば直るのか

今日は負けの計算と負け癖について少し。
人は目標に届きそうにないと思ったときに、思考として2つのパターンに分かれます。

  • 「100%は達成できないけど、80%だけでも達成できれば…」と思うパターン
  • 「厳しい状況だが100%を達成するためにできることは何だろうか?」と考えるパターン。

前者がやっているのは負けの計算です。

最悪なパターンは、目標設定する時点で、「最悪80%の達成でも悪くはない」というような思考をすることです。

わかりやすい話、1000万稼ごうと思っている人が、「800万でも十分生活できるし遊べるから、最悪それでもいいか」と計画時点で負けの計算をしていることは端から勝つ気がないのと同じです。負け癖は思考の段階からあります

だったら最初からやれば確実に達成できると思える(つまり失敗したら言い訳のつかない)目標を設定していた方が全然いいです。

負けの計算は癖である、直さなければ負け癖になる

負けの計算をする思考は、その人の癖なので毎回同じような考え方をしてしまいます。

つまり、目標設定をしても常に負けの計算をしてしまう、あるいは、目標設定時は達成することしか考えていなくても、途中で目標に届きそうになくなってしまうと諦めてしまいます。

負け癖が染み付き、

負けることがデフォルトになると、負けに対して“いつも通り”という感覚

になってしまい危険です。

毎日の自分の時間を諦めず勝つことに集中して使う

では負け癖のある人はどうすればよいのか。負け癖は気合では直りません。

単に躍起になってがむしゃらに頑張るというのは、一時的に効果があっても永久的なものではありません。根本的な考え方をまず変える必要があります。

その考え方とは“毎日の自分の時間を“諦めず勝つことに集中して使う”という考え方です。

シンプルに、毎日をどう生きるかの積み重ねで結果は出るので、持続力のないその場の気合とか根性で負け癖を直すというのは無理なことだと思いませんか。

毎日自分の時間を勝つことに使う、そして毎日勝ちを積み重ね続けること、その意識を自分のデフォルトとして持つことで負け癖を脱しましょう。

負け癖を直すための目標設定の仕方

負け癖を直すためには目標設定の仕方が重要です。

短期目標は確実に達成できるものを設定する

目標はある程度手に届きそうなところにも設定しておくべきです。

壮大な夢や野望を持つことは自分のやる気エネルギーを爆発させる意味では重要だけど、目標の達成には、確実に1つ1つこなしていける短期目標の設定が必要なんですね。

達成できなかったときの言い訳がどうにもつかないぐらい、これなら確実にやれるということを短期目標におきましょう

その代わり言い訳なしですね。

また、短期目標を作ったときに以下のことを再確認してください

  • それを達成することで本当に成功に近づけるのか?
  • その理由は?(データが証明している、成功者がそうだからなど、つまり無駄な努力をしない)
  • どうやってその目標を達成するのか(毎朝やると決めるなど)

なぜその目標が必要なのか明確にしておきます。ただがむしゃらに頑張るだけの努力は報われない可能性も大きいです。

もちろん最初から確実な方法を選択できるケースは少なく、失敗はつきものですが、ある程度の推測を立てた上で実行し、間違っていればすぐに軌道修正すれば良い話ですよね。

できたらいいなではなく、絶対に達成しなければならないことを目標にする

「できたらいいな」というのは当然、目標ではありません。

やるべき理由が明確になければわざわざそこに時間を使う必要もありません。絶対に達成しなければならない、あるいは絶対に達成したい理由があるからこそ、人より抜きん出た努力ができるものです。

持論ですが、結局世の中どこにいって競争です。競争相手の多さに差はあっても、まったく競争がないということはありません。どこかで競争しているのですが、そんな競争の中で人より抜きん出た努力ができない人が成功するわけがありません。(もちろん努力の質も重要)

目指す世界が高いところにあるのであればあるほど、

“絶対に達成しなければならない理由”を常に持ち歩きましょう

この辺は反骨精神というのも大切です。

いわゆる努力家というのは自分が持つコンプレックスからどうしても抜け出したいと激しく思うことで、他を寄せ付けない努力をするものです。

そしてコンプレックスというのは自分の理想とのギャップですから、自分が理想を描くことから始まるわけですね。

お前はそれでいいのかと、自分に何度も問いかけてみてください。負け癖のある人は自分の生き方に疑問を持つことから始めて見るといいかもしれません。

もがくことも必要な要素だと考える

勝つ人(目標を達成する人)は負けの計算はしません。もがいてもがいて、どうしたら逆転できるかを考えます。

もがくことでしか見えてこないこともあります。もがくことでやれることもあります。常に冷静さ(冷静な判断)は忘れず意味のあることをやらなければなりませんが、もがいているときは普段とは違うことをやろうと思えるものです。普段の自分を脱して、行動をするチャンスがそこにあるんじゃないですかね。

人は知らず知らずのうちに自分の限界を決めていることも多いですが、もがくことでそれを脱する、普段とは違う思考・行動をとることができる。僕はそこに勝機を見い出せることもあると思います。

負け癖を直すために今からやるべきこと

負け癖は思考からやってくるということから、負け癖を直すための目標設定まで書いてきました。

最後に負け癖のある人が今からやるべことを書いて終わりにします。

  1. 自分は何をやりたいのか、どうなりたいのかを具体的に書き出す
  2. 今の自分はどうなのかを事実ベースで書き出す
  3. 両者のギャップについて把握する
  4. それを埋めるためにいつまでに何をしなくてはならないか明確にする
  5. 毎日自分のやるべきこを淡々とやり続ける

ちなみにおすすめなのは自分がなりたい分野での成功者のSNSをフォローして、成功者の感覚を自分に刷り込むことです。

これは自分の常識を変えるために必要なことです。

常識が変われば行動も変わります。

やると決めたら余計なことを考えず淡々と毎日やりましょう。



プロフィール

田中亮行
アキユキ

フリーランスWebデザイナー・エンジニア歴8年目。主に企業のホームページの企画・デザイン・開発をしています。

ここでは自分の経験から感じたフリーランスにとって役立つ情報を発信しています。また、「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要な“セルフマネジメント”についても執筆しています。フリーランスとしての生き方にも関係してくることが多いので参考にしてもらえたら嬉しすです(´ε` )

おすすめ書籍紹介