セルマネジメントのあれこれ

モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術を追求するブログです。

プロフェッショナルであるということ

おはようございます。
 
田中です。
どの分野であれ、プロフェッショナルな人はやっぱり素敵だなと思います。
 
先日バーテンダーで日本一を目指している方(現時点で実力的にはほぼナンバーワン)のお話を聞かせていただいたのですが、「プロフェッショナルとはこうあるべきだ」という姿を見せられた気がしました。
 

 
まずはお酒に対する考え方が(言い方が悪いですが)その辺でなんとなくシェイカーを振っているバーテンダーとはまるで違います。シェイカーを振る確度や速度、それらがどうお酒に影響するのかなどの細かい技術的なことはもちろん、バーの歴史やお酒の歴史を知り尽くしています。そして必ず信用できる情報を自分の目で見ようとする姿勢があります。そのためなら遠くまで足を運びます。
 
そんな人が提供するお酒と、なんとなく作り方を知っている人が提供するお酒と、その価値がまるで違うのは明らかですよね。もちろん、それを理解できる人の前でなければ、いくら技術と知識があっても有効にはならないのではないか?という考え方もあるでしょう。
 
確かにそうです。価値は相対的なものであって、誰の前で提供するかで異なります。しかし、質の高いお客様を集めることができるのは、プロフェッショナルな人たちでなければできません。
 
 
そして何よりも僕はそういう生き方がカッコイイなと思い、自分は果たしてプロフェッショナルな姿勢を忘れていないだろうかと客観的になって考えてみるいい機会になりました。
 
 
皆さんはいかがでしょうか?
プロフェッショナルとしての仕事をされているでしょうか?
人は環境に大きく影響される生き物です。プロフェッショナルな人たちに触れる機会を増やしていくことで、「自分の中での常識」が変わっていきます。
 
自分の常識が変わることで、仕事で成し得る質が変わってきます。
僕は常にプロフェッショナルな生き方をしたいと思っています。先日お話を聞いたバーテンダーの方のような、そんな生き様をしたいなと。
 
これは仕事もプライベートもすべてそう。
いつでも真剣に、取り組むことには結果を求め、価値あるものを提供し続ける人でありたいなと、
それがプロフェッショナルな生き方だなと思います。
 
先月は個人で立てた目標を達成しました。
今月も達成してまた一つプロフェッショナルに近づいていきたいと思います。
 



プロフィール

田中亮行
田中亮行
「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要なことが“セルフマネジメント”だと考え、日々研究するようになりました。このブログはそんなセルフマネジメントについてアウトプットする場として作りました。
普段は企業のホームページのコンサルティングやデザイン・開発をしています。
詳しいプロフィールはこちら
 

起業家インタビュー

様々な起業家の方に、純粋に人生観を聞きたくてインタビューをしてきました。どんなマインドで生きてきたのか、そしてどんな人生を歩んできたのか、今後の展望も含めてお伺いしていますので、何か生きる上でのヒントになればと思っています。記事一覧は過去のバックナンバーです。

バックナンバー一覧