セルマネジメントのあれこれ

モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術を追求するブログです。

人生をやり直したい人が、やり直せる人になる方法。

人生変えるって言葉では簡単だけど、実際そうでもない。
でも、人間変えるつもりで取り組めば、ほんとに人生は変えられると思う。
人生変えられないのは、人として変えないといけない部分があるのにも関わらず、そこに気づかず、あるいは気づいているけど、頑なに変えようとしないからだと思う。
そりゃ変わるわけがない。
少し話が飛ぶようですが、僕の大学受験戦争真っ只中のときに担任にいわれた言葉がこちらです。

「お前ら人間変えろ」

めちゃくちゃな厳しさで有名で、今の時代なら間違いなく問題になっちゃうような先生だったのですが、言っていることには筋が通っている人でした。

当時は何言ってんだコイツぐらいにしか思っていませんでしたが、今ではよくわかる。

この言葉の意味は、自分の人生をやり直したい、挽回したいと思ったのであれば、今までの自分ではダメで、人間(性格)を変えなければダメだということ。

僕の高校は私立で、高校の受験戦争に負けた人間たちが集まった学校でした。

そんな一度受験戦争に負けた人間が、今度は大学の受験戦争に立ち向かおうとしていたわけですが、負けた奴が勝つためには、人間(性格)を変えなければダメだというわけですね。

“負ける人間”は何度でも負けます。

負け癖というか、負ける性格っていうのがあると思う。
受験戦争の話になりましたが、何でも同じ。

仕事で失敗したとか、人間関係で失敗したとか、全部おなじで、間違った道にいったなら、そこから脱するかあるいは同じことを繰り返さないためには人間を変えるしかないのです。

大袈裟ですが、本当にそうだと思う。

この記事では、人生をやり直したいと思っている人たちが、どうしたらやり直せるのかについて書きました。

もし人生をやり直したいと思っていたら、ちょっと読んでみてください。

いくつになっても可愛げのある人とか、純粋なガッツがある人は、人を惹きつける。人生やり直したいと思ったとき、自分がそういう人になることが大事なんだと思う。

1.人生をやり直すファーストステップ

人生そう思い通りにはいかないな〜、、と思う人もいれば、それとは正反対で「人生は思い通りにしかならない」という人もいます。
思考は現実化するとかそういった話になりそうですが、でも確かに思考っていうのは大事なわけです。
だいたい世の中に起きていることは冷めた目でみれば物理的な事象であって、そこにいろんな価値観をもった人間がそれぞれに意味付けをするわけ。
で、それがその人の思考であり感情となるのだと思う。
そういったものが積み重なって、その人がその人に合った(思考通りの)現実を自らつくっていくんじゃないかと思います。
思考が変わってくると、ちょっとした行動が変わってくるし、そうすると周囲の人間関係も変わってくる。
人間関係が自分に与える影響はめちゃくちゃでかいので、人生をやり直すなら人間関係からやり直すぐらいのことを考えた方がいい。
だから思考を変えることが人生をやり直すファーストステップ。
人生やり直したいなと思っている人は、思考もまるっと変えてしまおう。
人生をやり直す一歩をちょっと踏み出して、普段とは違う世界を見てみると思考も変わりやすい
成功者が集まる場所に行ってみるなど。

2.人生をやり直したいと思っているあなたは今何をしているのか

人生やり直したいともし思っているのなら、今すでに何かに取り組んでいるべきじゃないかと思いますが、どうでしょう。
頭の中でやり直したいと思っていても、何も変わらない。ほんとに。
何も行動していないよりは行動している人の方が周りの人も手を差し伸べたくなるものです。
今ももし頭の中で人生をやり直したいと思っているだけで行動が伴っていなかったら、結局同じようなことを繰り返す。絶対。
思っているだけではなく、何かやってみよう。本当に簡単にできることからでも。
自分が変わらなければ、やり直すも何も、何も起こらない。
誰も相手をしてくれない。
変化の第一歩は自分の行動からしか生まれない。
これはいつの時代でもどこにいっても普遍だと思う。

3.年齢は考えない

僕が以前お会いした人で、30歳で東大に入って、36か7で卒業して医者になった人を知っている。
30歳で仕事もあまりなかったけどとりあえず法人登記して今全国飛び回ってばりばり稼いでいるコンサルタントの人も知っている。
ちなみに僕はまだショボいけども、29歳で会社辞めて、心機一転、なぜか未経験からホームページ製作で生活をしている。
30歳オーバーでも全然やり直せるなと思います。
もちろん、40とか50とか、いくつになってもやり直すことは可能だと思う。
未経験から59歳でカレー屋オープンさせた人も知っています。余談ですがここのカレーはめちゃくちゃ旨いです。
テレビのドキュメンタリーなんか見ていると、この人この年齢からこんなこと始めたの?という人はたくさんいる。
テレビだからリアルじゃないように感じるけど、そういう人は意外とたくさんいるもの。
上に書いた例は、起業とか独立とかそういうテーマで書きましたけど、もちろんそれに限らず。

4.人生をやり直したいなら人を惹きつけるべし

いろんな人を見てて思うのは、やっぱりいくつになっても可愛げのある人とか、純粋なガッツがある人は、人を惹きつけますし、そういうところから人生の新しい道が開けてくるものだと思います。
先述しましたが、人間関係が自分に与える影響はめちゃくちゃでかいわけです。
人生をやり直すと決めたら、自分が進めべき方向に導いてくれるような人間関係をつくることを考えるべきです。
自分一人ではなく、仲間が出来ると、スピードも早くなりますし、出来ることも増え、考えもより前向きになります。
当然、苦しくても一人で耐え抜く忍耐は必要ですし、そういう時期はあります。
でも、そういうところを周りは見ています。
だからこそ人は助けてくれると思います。
家でゴロゴロしながら人生やり直したいと言っている人に手を貸したいと思う人は多分皆無

5.過去の自分が今の自分を応援してくれる

どんな過去を持っているかは人それぞれですが、今の自分はどこに向かっているのかをよく考えるべきです。
「人生をやり直したい!」と思っているということは、どうやり直したいのか、人生をやり直した後の自分像ははっきりとしていると思います。
何をどうしたいのかをまだはっきりできていないなら、人生をやり直す以前に考えた方がいいですよね。
人生をやり直したあとの自分像は、どんな感じでしょうか。
多分、素敵な人間像じゃないでしょうか。じゃその素敵な人間像はどういうところから生まれてきたかというと、それは過去の自分からじゃないかなと思うわけであります。
今の自分は過去の自分の積み重ね。
過去の自分の経験があるからこそ、今の思考とか価値観があるわけで、そういったものが、人生をやり直したときにどんな人間になりたいかというのを創り出していると僕は思ってます。
いろんな過去があるものだと思いますが、人生をやり直したいという前向きな考え方も、過去の自分から湧いてきた思考です。過去の自分が今の自分を応援してくれているようなものです。
だったら、「人生やり直せたらいいな」という思考で止まっているのではなく、「人生やり直すぞ!」と、早いところ一歩踏み出してしまった方がいいと思います。

6.本当に人生をやり直したいのなら今動き出す

人生をやり直したい理由は人それぞれでしょうけれども、今何か問題が起きていて悩んでいるのなら、根本的にそれを解決できる方法は何かをまずは考えることだと思います。
悲観的になりすぎて、そこまで考えられていない人もいるようですが、まずはそこから考えないと、これまた全く同じことを繰り返してしまいそうです。
自分で考えて分からなければ、友人でもいいですし、お金払ってその手のコンサルタントに話聞いてもらうのも全然ありだと思います。
人間、悩みが多いところにこそお金を使うものです。
今動き出さないと、悩んでるだけの過去をたくさん作ってしまうことになります。
そしたらもっと悲観的になっちゃいそうですよ。
大抵のことは、最初の一歩がちょっと重たいぐらいで、あとは案外ポンポンいけるものです。
これは僕の持論ですが、人間は想像の中で生きている動物ですからね。。
想像する世界を間違うと、本質をすぐに見失うし、周囲に流されやすくなりますし、勝手に自分の世界でしか物事を考えられなくなります。動けば想像は変わりますし、想像が変わればもっと動けるようになります。
もし人生をやり直したいと思っているのなら、まずは思考だけのループから抜け出しましょう。

いかがだったでしょうか?
そして最後に、「行動力をつけたい!」という人向けに、書籍のご紹介。
僕が定期購読しているダイレクト出版から出ている書籍で、
「億万長者のお金を生み出す26の行動原則」というのがあります。
別に僕は億万長者を目指しているわけではありませんが、やりたいことをやれる自分になりたいと思ったときに、
必ず必要なのは、本書にも書いていますが、心の奥底にある“行動のブレーキ”を解除することだと思います。
この書籍の紹介文を一部抜粋しておきます。

誰もが心の奥底に“行動のブレーキ”を持っています。中にはそれで一生悩む人もいます。僕自身もそうでした。
もし、あなたも常日頃、そんな自分を感じている人なら、この本に出会えたのはラッキーです。あなたがこの本を読み終わる頃には、そのブレーキが外れてアクセル全開で行動できる自分に変わっていることでしょう。

それでは、日々エネルギッシュにいきましょう。



プロフィール

田中亮行
「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要なことが“セルフマネジメント”だと考え、日々研究するようになりました。このブログはそんなセルフマネジメントについてアウトプットする場として作りました。
普段は企業のホームページのコンサルティングやデザイン・開発をしています。
詳しいプロフィールはこちら
 

起業家インタビュー

様々な起業家の方に、純粋に人生観を聞きたくてインタビューをしてきました。どんなマインドで生きてきたのか、そしてどんな人生を歩んできたのか、今後の展望も含めてお伺いしていますので、何か生きる上でのヒントになればと思っています。記事一覧は過去のバックナンバーです。

バックナンバー一覧