セルマネジメントのあれこれ

モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術を追求するブログです。

相手本位もさることながら、やっぱり自分本位も必要なわけで

おはようございます。
田中です。
 
もう梅雨のはずだがいつから雨は降るのだ…
降るならちゃっちゃと降ってくれー!
こうして梅雨明けが遅れていくのは嫌ですね。
 
なんでもやるなら本気やで?
ドカッと雨降らさんかい…。
 
さて、なんの脈絡もないところから今日も本題に入りますが、今日のお題は
「相手本位と自分本位」
です。

相手本位というのはすごく大切ですよね。
例えば、Web制作でご相談いただいた場合、提案活動を当然しますが、制作会社によってどこまで提案に力を入れるのか、結構ばらばらなようです。
 
見積書だけ出すところもあるようですし、提案書をしっかり作るところもありますし、トップページのデザインまでだすところもあります。
 
僕はお客様が適正な判断ができるように、提案書もトップページのデザインも基本的には出します。提案書もWordペラ1枚とかではなくちゃんと作り込んだ上で提出します。
このあたりは専門的でわからないだろうなと思ったら、補足資料をバンバン付け足します。笑
 
それが相手本位かなと思っています。
 
結構大変な労力ですけどね。ヒアリングして提案書作って、トップページいデザインして…ここまででそれなりの時間を要します。ただ、まぁこれは小企業の宿命というところもあるのかもしれませんが、そこまでやらないとまずそもそも企業として信用されない。そんな裏事情ももちろんあります。
 
そりゃ、無名ですからね。仮に実績はあったとしても提案活動で力を抜いたら信用されない。
 
80万とか100万とか、時には300万とかのレベルで仕事をいただく僕らにとって、そもそも信用関係を築くことに時間を避けない、機会を作れないっていうのはあり得ないことだと思っています。
 
それなりに会社としてブランド力がついたり、数百以上の実績を見せることができるようであれば別ですが、そこまでいっていないのであれば、当然それなりのことをやらないと、と思うわけです。
 
それに正直チキンなので、特に大きな仕事は、しっかり提案してから受注しないと僕自身が不安になります。笑
 
 
自分でも「毎回しっかり提案して、、よくやってるよな、俺」なんて自画自賛することが月に5回ぐらいあるのですが(笑)、採れるかどうかもわからない案件の提案活動に対する僕のモチベーションについて大解剖してみます。笑
 
なんか自画自賛記事ですみません。。
 
頑張れる理由1
提案するなら絶対に採りたいから!
 
一応ビジネスマンですから、、この信念が一番なのですが、僕は“モチベーションとは分散するものである”という考えがあるので、あらゆるところにモチベーションを置くようにしています。
 
ということで、提案活動を頑張るためのモチベーションとして、利益のこと以外に
 

  • 頑張れる理由2:ビジネスをやるならお客様に喜んでもらうことに時間を使いたい
  • 頑張れる理由3:自分のノウハウをアウトプットすることで自分が磨かれる
  • 頑張れる理由4:どこよりもよい提案書を出して褒めてもらいたい(子供かっ…笑)
  • 頑張れる理由5:小さな会社でも大きな会社に負けないことを証明したい

 
などがあげられるわけです。
 
このようにモチベーションを多角的にもっていると、あらゆる障害を乗り越えることができると思っています。利益のことだけを考えていると、「こんなに時間をかけて採れなかったらどうしよう」と思うこともあるでしょうし、お客様に喜んでもらうことだけを考えていても、自分が死ぬほど忙しいときにでも、本当にそれだけでモチベーションを保てるのか、と思います。
 
相手本位でものごとを考えることは当然、自分本位でもものごとは考えて置かなければならないと思っています。
ただ結果、それらは相乗効果を生み、お客様にとっても自分にとっても最良のものになるのではないかと思います。
 
だから、相手本位でものごとを考えるのがベースではあるんですが、どこかに自分本位の理由をつくっておくというのが、僕のモチベーションの持ち方です。



プロフィール

田中亮行
「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要なことが“セルフマネジメント”だと考え、日々研究するようになりました。このブログはそんなセルフマネジメントについてアウトプットする場として作りました。
普段は企業のホームページのコンサルティングやデザイン・開発をしています。
詳しいプロフィールはこちら
 

起業家インタビュー

様々な起業家の方に、純粋に人生観を聞きたくてインタビューをしてきました。どんなマインドで生きてきたのか、そしてどんな人生を歩んできたのか、今後の展望も含めてお伺いしていますので、何か生きる上でのヒントになればと思っています。記事一覧は過去のバックナンバーです。

バックナンバー一覧