フリーランスとセルフマネジメントby アキユキ

フリーランスのお役立ちブログ+モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術

良い人間関係を築くことの重要性とその方法

人間関係がその人に与える影響ってめちゃくちゃ大きいと思います。
良い人間関係さえ築けたら人生がもっと楽しくなるのにと思うことも多いですよね。

お金とか住む場所とか仕事内容とか、そういうのも僕は大事だと思っていますが、

やっぱり人間関係が豊かであればそれだけで人生が上向きになります。

ということで、

今日は良い人間関係を築くことの重要性とその方法について書いていきます。

この記事では皆さんがちょっとだけ勇気を持って今日から人間関係を変えていくための努力ができるような、そんな記事にしていきたいと思いますので最後までお付き合いください(´ε` )

良い人間関係が人生に与える影響

まずは良い人間関係が与える影響について解説します。

影響を知ることはすごく大切なことで、良い人間関係が自分の人生にどんな影響を与えるのかを理解することで、本気で自分が良い人間関係を作るために動こうと思えるようになります。

常に前向きな思考になれる

良い人間関係は常に自分の背中を押してくれます。

自分が失敗して落ち込んだ時、不安になってしまった時、いつも声をかけてくれるような存在が周りにたくさんいたら、どれだけ心強いことか。

良い人間関係を持つということは自分のモチベーションをいつも支え、持ち上げてくれるような人たちを周りに作ることです。誰だってやりたいことの1つや2つはありますよね。

でも結構理想を現実にするのって難しいじゃないですか、僕もそうですけど。でもそんな時に自分を見てケナすような人が近くにいるのと、一緒に頑張ろうぜって一言でも言ってくれる人がいるのとでは雲泥の差です。

人間関係が自分の原動力になったりするものです。

だから人間関係が良くないと思ったらそれを必死こいて変えることに力と時間をかけるのは人生の投資として正しい選択だと僕は思います。



情報が変わることで人生が変わる

人間関係が変わることで自分に入ってくる情報は変わります。

当然良い人間関係である方がよい情報は入りやすいですよね。誰もどうでもいいと思っている人に貴重は情報をわざわざ教えませんから。

普段から入ってくる情報が変われば、自分の常識が変わります。常識が変われば行動が変わりますよね。そしたら人生が変わります。

よく言われることですが、人間関係変わると人生変わるのは本当だと思いますよ。

誰と付き合うのか、そしてその人とよい人間関係を築くことが自分の人生に大きな変化をもたらします。

 

この2つが大きなところかと思いますが、これだけで人間関係を変えることがどれだけ大きな変化をもたらすか理解していただけたかと思います。

良い人間関係とはどんな状態か

では良い人間関係ってどんな関係なの?というところを次にまとめていきます。

  • お互いいつも真剣に応援し合える
  • お互い自分の人生に真剣である
  • お互いのことを素で受け入れられる

この辺だと思います。

自分の人生に真剣に向き合っている人が、向き合っていない人と一緒にいたらあまり良い影響はもらえないですよ。

ただただ一緒に話していて楽しいっていう友達もいいかもしれないけど、

1日24時間限られている中でどうせ影響を受けるなら、人生真剣に向き合っている人と一緒にいる方が絶対いいですよね。

別に会って真面目な話をしようというわけではなく、馬鹿話でもいいんだけども、「あ、こいつもマジで人生生きてんな、俺も頑張るか」って思えたらいいですよね。

お互いのことを素で受け入れられるのも大切ですよ。

お互い真剣であればアドバイスもし合いますからね。その人が言っていることを自分の先入観抜きにちょっと真剣に考えてみようと思えることは大切です。

良い人間関係はどうやって作るのか

良い人間関係を作るためには、自分が応援されるような人間を目指してみてください。

応援されるような人間とは

  • 愚直に頑張っている
  • 文句を言ったり言い訳をしない
  • 本気になっている

です。こういう人は応援されやすいです。

応援されやすい人こそ、人と良い人間関係を築くことができます。

やっぱり応援される人は根本的に人に好かれていますからね、その人の言っていることを真剣に聞いてもらいやすかったりします。

それに自分の人生に本気の人ほど頑張っている人が好きです。

結果的に、

お互いの人生に真剣な人同士の人間関係がそこには生まれますし、そういう人たちは大抵人のことをしっかり考えることができる人たちでもあるので、良い人間関係が自然と生まれます。

シンプルなことですが、このことを意識していると人間関係が変わるはずです。

悪い人間関係をどう克服するのか

とはいえ、悪い人間関係にすでになってしまっている場合もありますよね。

こういう悪い人間関係になってしまっている人が良い人間関係を作るためには次の2パターンがあります。

  • 自分を変える
  • 人間関係を断つ

相手を一方的に変えることは難しいので基本は自分を変えるか人間関係を断つかの2択です。

魔法のようなやり方はありません。

自分の努力によって人間関係を変えようとすることは大切なことですし、身につけておくと一生役に立つスキルでもあるので、ここに自己投資する価値は十分にあります

もし自分が相手にネガティブな感情を持っているのであれば、一度それは事実だけを抜き出して考えてみるとよいです。

相手が自分に何をしたのか、その事実を見ます

その時に、事実として相手が自分に害を与えている場合は、そんな人間関係は断ってしまうべきですが、相手は自分に害を与えていないことがわかったとき、自分がどういう行動をとるかが重要です。

ほとんどの場合は言い方とかちょっとした態度の問題ですが、そんな時は自分が先に歩み寄ることをしっかり考えてくだだい。

何度も言いますが相手を一方的に変えることはできません。

付き合う価値がない人であれば人間関係を断ってしまってOKですが、自分が間違っているかもしれない可能性はどこかで一度考えてみた方がいいと思います。

そういうことができるようになった時、人のことを本気で考える力がつきます。人が取る行動や言動には必ず背景があります。

どういう背景があってのあの人の行動・言動なのか、

そういったことをよく考えてみた上で自分がそれを受け入れられるかは考えてみる価値はありますよね。

精神論ばかり語っても仕方がないので少し具体的な改善方法をあげます。

ポジティブな反応を繰り返す練習をする

関係性が悪い場合はお互いに雰囲気が悪くなります。

この雰囲気の悪さはさらに悪い方向へと導いてしまいます。

なので、挨拶の一言でも返事の一言でもいいので、ちょっとだけポジティブな返し方をしてみてください。

とにかくそれを続けていれば自分自身がちょっと前向きになってきますし、お互いすれ違い程度で悪くなってしまった関係性なら相手も変わります。

さりげない気遣いをする

関係が悪い場合は向こうもこちらに対して悪い印象があるので、あえてさりげない気遣いをしてみる、つまりこちらから歩み寄ることが大切です。ポジティブな反応と同じですが、相手から見た自分の印象を少し変えることが大切です。



相手を理解する姿勢は大切

相手の発言・行動の動機を知って理解する姿勢を持つは大切です。

多くの人は相手に変わって欲しいと願います。

それが苦しいのです。

人はそれぞれ生きてきた背景も育ちも違うければ、積み重ねてきたもの、経験などがまるで違います

常識とか人として最低限のこととかありますが、それも明確な線引きがあるわけではなく、道徳観にもばらつきがあります。

それは当然のことです。

相手にも自分にはない価値観や裏事情がありますので、理解をする努力が少しあると許せることも多いものです。

もちろん、許せないこともありますが、まずは相手を知ることです。

これなしに、自分を理解させることはできません。相手の発言・行動の動機を知って理解する姿勢を持ちましょう。

ただ、本当にどうしようもなく理解し合えない間柄の人というのはいるものです。そういう時はそこから離れる必要もあります。人間関係がうまく行かず会社を辞めるというのも、一つの選択肢です。

 

さて、いかがだったでしょうか。

良い人間関係を築くためには、まずは自分を変えることを考えることは大切です。



プロフィール

田中亮行
アキユキ

フリーランスWebデザイナー・エンジニア歴8年目。主に企業のホームページの企画・デザイン・開発をしています。

ここでは自分の経験から感じたフリーランスにとって役立つ情報を発信しています。また、「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要な“セルフマネジメント”についても執筆しています。フリーランスとしての生き方にも関係してくることが多いので参考にしてもらえたら嬉しすです(´ε` )

おすすめ書籍紹介