セルマネジメントのあれこれ

モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術を追求するブログです。

相手の価値を認めることで世の中の真実が見えてくる

おはようございます。
田中です。
 
世の中には自分と違う価値観を持った人がたくさんいます。
ほんと、自分から見たら、わけわかんないようなことをやってるなっていう人でも実は色んな人に賞賛されている素晴らしい人だったり、、、なんてことはありますからね。
 
でもそんな人を見つけたら、それは自分の知らない世界を知るチャンスかもしれません。価値観が違う人は自分とは違う環境で生きてきた人だと思うからです。

所詮人間なんてある程度の場所や環境しか味わうことができません。例えば、極端な話ですが、都会で何不自由なく生きてきた人はスラム街で生きてきた人の環境を味わうことはないわけですし、当然両者の価値観は違います。
 
日本でしか暮らしたことがない人にとって外人の価値観はいまいちわからなかったりします。当然、向こうからしても同じこと。
 
そんな自分と価値観の違う人を見てそれを避けるもよし、理解しようとするも良しですが、取り入れる入れないは置いておいて、理解しようと考えることは大切ではないかと思うんです。はい。
 
それは表面上なんとなく理解しようとするレベルじゃなくてですよ?
その人の背景にあるものを想像したり、時には聞いてみたりしながら、なぜそんな価値観を持つようになったのかを考えるんです、深く!自分が正しいなんて思っちゃたぶんダメ。
 
結局正解不正解なんてほとんどのことにおいてなくて、どんな価値観も認められる場所があるわけです。そら、限度はありますけどね。
 
じゃ相手の行動とかを見て、わけわかんない価値観だな…って思ってる自分はもしかしたら狭い世界で生きているってだけの話かもしれないと思うわけです。
 
だったら、自分の世界を広げるためにも、わけわかんない価値観をも吸収してしまうぐらいの気持ちで、常に周りと接するようにしてみると、意外とそれがいろんなことに気づくことができるチャンスになることもたくさんあります。
 
そして、こう思うかもしれません。
自分が見ていたものは幻想か、あるいは、ただひとつの事実を自分なりに解釈していただけであって真実ではなかった、と。
 
相手の価値を認めることで世の中の真実が見えてくる
 
本日のタイトルですが、あながち間違ってないのかなと思います。
うん、よかった。笑
 
無論、すべての価値観を理解しきることは無理だし、理解しようと近づくことがすべてではないのですが、少なくとも自分が世の中を見る時の視野は広くなるのではないかな。
 
それはマーケティングにも言えること。
自分の常識が世の中の常識かのように考えていると、もうこれは完全にアウト。行くところに行けば自分は完全に非常識な人間だったりする。だから、常識なんてもともとないんだという体で、世の中の情報に触れてみると、いつもとちょっと違うものが見えてくる
 
それは自分がこれまで「眼中にない」と言わんばかりに直視せずガン無視してきた世界を積極的に見ようとした結果、今までに見えなかったものが見えてきたということだ思う。
 
一応このブログ、仕事観について書くと決めているので、今更無理やり仕事観に結びつけますが(笑)、
マーケティングをやる人間としては、自分の常識ほど邪魔なものない
 
もっと色んなものを捨て、身軽になって初めて見えてくるものがある。仕事でマーケティングやっているなら、身軽にならなきゃ自分の常識に潰され、誰のためのマーケティングもできなくなってしまう。
 
なんとか最後に仕事観に結び付けられた…のか、
怪しいですが、今日は日曜日の朝でございます。
 
ということで、パソコンをパッタン閉じて、
今日はこれから自宅のインテリアを下見しに行ってきます。



プロフィール

田中亮行
「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要なことが“セルフマネジメント”だと考え、日々研究するようになりました。このブログはそんなセルフマネジメントについてアウトプットする場として作りました。
普段は企業のホームページのコンサルティングやデザイン・開発をしています。
ソーイ株式会社
詳しいプロフィールはこちら
 

起業家インタビュー

様々な起業家の方に、純粋に人生観を聞きたくてインタビューをしてきました。どんなマインドで生きてきたのか、そしてどんな人生を歩んできたのか、今後の展望も含めてお伺いしていますので、何か生きる上でのヒントになればと思っています。記事一覧は過去のバックナンバーです。

バックナンバー一覧