セルマネジメントのあれこれ

モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術を追求するブログです。

一人になれる場、皆で集まれる場、この役割の異なる2つの場を行き来すること

おはようございます。
田中です。
 
今日は昼から夕方まで和太鼓の稽古です。
ちょうど1年ぐらい前に和太鼓教室に通い始めて、来月、2回めの夏祭りを迎えます。
 
去年の夏祭りのときの様子がこちら。。


 
といっても太鼓叩いてないときのピンの写真ですが。。
デカデカとすみません…
 
皆が写ってる写真は許可取ってないのでやめておきます。
 
そもそも僕が和太鼓を初めてやったのは、小学校4年の頃。学校に和太鼓クラブがあったので、そこに小4から入って小6までやりました。毎年夏は小倉祇園太鼓(北九州市小倉で毎年催される祭り)に出てて、それが楽しかったのでまたそんな楽しいことをしたいなと東京に出てきたときからずっと思ってました。
 
思い続けること10年、ようやく再開したということです。笑
さっさやれよ自分って思うんですけどね。
 
なぜ10年やらなかったものをようやく始めたのかというと、もっと色んな人といる時間を作りたいと思ったから。
僕は29歳で独立しましたが、会社員時代のようにたくさんの人と毎日会うってことは本当になくなりました。特に最初の2年は事務所が自宅だったので、誰とも会わないこともよくありました。
 
会社を辞めて初めてコミュニティに属することの重要性に気づいたのです。
いつも人に囲まれて生きていた毎日が、打合せなどを除き、急に人に会わなくなる、最初は会社に行かなくてよいのだから自由そのものだぜ!なんて思ってましたが、そんな時間も長く続くと自分にとって大事なのは何なのかと考え始めるようになりました。
 
やっぱり人と接するということは重要なこと。話をしなければアウトプットする場もないし、自分のアンテナに触れているもの以外は何も入ってきません。
 
そして何よりも楽しくないです!笑
 
人が生きる上で、「場」というのがものすごく重要だなと思っていて、場は人に大きな影響を与えます。力強さを与えてくれたり、知識を与えてくれたり、集中力を与えてくれたり、幸せを与えてくれます。
でも周りに人がいない場(例えば自宅にずっと一人でいる)っていうのは、そういうものを与えてくれません。
 
もちろん、一人になる場も必要です。一人になって瞑想をしたり、じっくり一つのことを考えたり、頭を空っぽにしてたそがれたり。それもとても大切な時間。
 
一人になれる場、皆で集まれる場、この役割の異なる2つの場を行き来することで、人は生きるのに必要な様々なエネルギーを得ているのだと思います。
 
だから場探しみたいのはこれからもやっていきたいと思っています。
それは仕事でどんなお客様やパートナーと一緒に仕事をするのかも同じ。
 
お客様は当然どこの会社を使うかを選びますが、僕だって人間ですから、どんなお客様と一緒に仕事をするかは、選んでいきたいものです。
 
じゃなきゃいいものなんて作れないと思う。
自分がやっている会社にどんなお客様が集まってきてもらえるか、それはある意味でどんな場を作れているかってことです。
良い場づくりをしなければ、存続はないでしょう…
 
よし、ガンバやで俺!



プロフィール

田中亮行
「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要なことが“セルフマネジメント”だと考え、日々研究するようになりました。このブログはそんなセルフマネジメントについてアウトプットする場として作りました。
普段は企業のホームページのコンサルティングやデザイン・開発をしています。
ソーイ株式会社
詳しいプロフィールはこちら
 

起業家インタビュー

様々な起業家の方に、純粋に人生観を聞きたくてインタビューをしてきました。どんなマインドで生きてきたのか、そしてどんな人生を歩んできたのか、今後の展望も含めてお伺いしていますので、何か生きる上でのヒントになればと思っています。記事一覧は過去のバックナンバーです。

バックナンバー一覧