セルマネジメントのあれこれ

モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術を追求するブログです。

今でも忘れない言葉「お前ら…. 大学に受かりたいなら人間変えろ」

おはようございます。
田中です。
 
僕はよく高校時代のことを思い出します。良くも悪くもスーパーハードな高校時代を過ごしたなという自負がありまして…、ここで全部言うと色々問題になるくらい厳しい学校で3年間過ごしました。
 
先生全員厳しかったのですが、特にうちの担任は「え、こいつマジでやばいんじゃ…?」というもはや笑いが止まらなくなるような感じの人でした。おかげさまで大学に入ったときは高校ネタが絶えなかったです。笑
さて、そんな担任の先生、3年間一緒だったわけですが(辛かった…)、数々の名言を残しておりまして、今になってわかる結構いいことをたくさん言ってるんですよね。

 
それをちょいちょい思い出しますが、今日はそんな彼の名言のうち一番よく覚えている言葉をあげます。
 
お前ら…. 大学に受かりたいなら人間変えろ
 
僕が行って高校は私立です。受験戦争の負け組が集まる場所って言われてましたが、はい、それには反論の余地がございません。高校に入ってすぐに「お前らは負けてここに来た」というようなことをいわれ、
 
 
できないやつは何をやってもできない
 
できるやつは何をやってもできる
 
お前ら….
 
大学に受かりたいなら人間変えろ
 
 
ということを言われたわけです。耳にタコができるほど何度何度も、3年間言われ続けました。
当初は「うっさいわー!」ぐらいにしか思ってませんでしたが、大学に進学してから、社会人になってから、そしてフリーランスになってから、さらに起業してから、と人生の階段を登れば登るほどにこの言葉の真意が身にしみてわかるようになってきたと思います。
 
そうなんだよね、
何をやってもできないやつはできない。
悲しいけど、、そうなんだよね。
 
勝つってことが何なのか、
成功するってこと何なのか、
 
わかっている人はわかっている。
そして勝つための習慣や癖が必ずあるし、やり遂げる力もある。
 
人間を大きく大別するともしかしたら、
勝ち方を知っている人間と、勝ち方を知らない人間の2通りにわけられるのかもしれません。
 
 
でも教えてくんないんだー!
 
そういうの、学校では普通は教えてくれない。
先生たちも知らない人が多いんじゃないかな。大人は子供に勉強や規律を教えるけど勝ち方を教えてくれる先生っていうのは、数少ないと思う。
 
だけど、そういう勝つ人と勝てない人っていうのがいることに、
遅かれ早かれどこかで気づくと思います。
 
大人になって出世競争したり、30歳ぐらいになって周りと色々差がつき始めてきた頃に、気づく人もいる。
 
だけど気づけばすぐに勝てる人になるかっていうとそういうわけでもない。ちょっとずつ勝てる人になるための時間を積み重ねていかなければならないんだと思います。でもそういう時間を積み重ねていくことができるのであれば、それはすでに勝てる人になれているのかもしれないですね。
 
 
大学に受かりたいなら人間変えろ
 
 
そうです。僕らはもし「自分が勝てる人間ではない」と気づいたなら、今までの自分を変え、勝てる人間になる勇気を持ってこれからの毎日の時間を使わなければならないのかもしれません。
 
世の中すべてが競争ではないことはわかっています。
でも自分が満足する生き方をしようと思ったときに、「何かを成し遂げる力」というのはやはり必要になってきます。
そのちからを人と競うのが競争というだけであって、例え競争はしなかったとしても、勝てる人間が持っている成し遂げる力を身につける必要があるのではないかと思うわけであります。
 
以上、
本日は新宿からお届けしました。



プロフィール

田中亮行
「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要なことが“セルフマネジメント”だと考え、日々研究するようになりました。このブログはそんなセルフマネジメントについてアウトプットする場として作りました。
普段は企業のホームページのコンサルティングやデザイン・開発をしています。
ソーイ株式会社
詳しいプロフィールはこちら
 

起業家インタビュー

様々な起業家の方に、純粋に人生観を聞きたくてインタビューをしてきました。どんなマインドで生きてきたのか、そしてどんな人生を歩んできたのか、今後の展望も含めてお伺いしていますので、何か生きる上でのヒントになればと思っています。記事一覧は過去のバックナンバーです。

バックナンバー一覧