セルマネジメントのあれこれ

モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術を追求するブログです。

仕事は企画が7割

おはようございます。
田中です。
 
仕事は企画が7割。
これは僕が前職でサラリーマンをやっていたときに先輩から言われた言葉です。
 
「仕事は企画が7割だ。最初の企画(段取り)さえしっかりとやってしまえば、後はそれをたったかたったか進めていくだけなんだぞ。」
 
僕は仕事の段取りが組むのが下手くそだったのですが、それを見た先輩が僕にかけてくれた言葉です。

今となっては当たり前のことと思いますが、当時はほんとに仕事の段取りを最初に上手く組むのが苦手で、中々苦労しました。今でもたまにこの言葉を思い出して初心にかえることがありますが、結構この「最初の段取り」をしっかりやるのは性格の問題かなと思うことも多いです。
 
僕はどちらかというと、「これをやろう」と決めたら先に先にと進みたくなる方なんですよね。それはそれでいいこともあるのですが、段取りを丁寧にやっておかなければ、後々ミスなどで出戻りが発生します。
 
よくありませんか?
「あれ、最初に確認しておけばよかったな…」
 
大したことがないことならまだしも、時間やお金をかけて進行中のものは「あ、やっちゃいました…」ではすまされません。
 
話が少しそれましたが、先へ先へと進みたい気持ちを抑えて、段取りを余念なくやるというのは一つの能力で、大切なことです。
 
ホームページもまさにそうなんですよね。
企画がすごく大事で、そこがしっかりできていなければ、いくら見た目良いものを作っても機能しません。また、運用のフェーズに入ったときに、企画ができていなければ、運用のしようがなかったり、「あそこはこういう仕様にすべきだった…」と後からなります。
 
だから僕はホームページを制作させていただく際には、どんな背景と目的があって、そのためにどんな戦略を打っていくのかをお客様と話し合いながらじっくり決めていきます。納期が急ぎのお客様も多いのですが、できるだけ企画に時間を割くようにしています。
 
ホームページを会社情報を羅列するためのものではなく、お客様に訴求するためのものであって、営業ツールです。しっかりと戦略を前もって立て、営業ツールとして機能するようにしなければなりません。
 

一晩は寝かせる余裕をもつ

重要なことは最低でも一晩は寝かせる余裕をもつとよいです。
例えば社運を占う重要な新商品の企画書を作っていたとします。時間がない中でバタバタで作ってもよいものはできません。大抵急いで作った資料は翌日になって見直してみると、お粗末な状態になっています。
 
重要なことは一晩は寝かせる余裕が必要です。
僕もホームページの提案書も作ってすぐに提出することはしません。必ず作り終えたら一晩は寝かせます。一旦他のプロジェクトを進めたり、他のことに頭を切り替えたあとに、見直してみると見えなかったものが見えたり、抜け漏れが見えてきたりもします。
 
時間に余裕をもつことで、焦らず慎重に段取りを組むことができます。
時間には常に余裕を持つようにしましょう。
それがミスのないよい段取りを生み出し、仕事の効率化、信頼の獲得につながっていくと思います。
 
なんだか今日はひたすら真面目モードで書いてきました…
さて、今日は睡眠時間が短かったので、さっと仕事を終わらせて早めに帰宅して寝 … たいです!



プロフィール

田中亮行
「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要なことが“セルフマネジメント”だと考え、日々研究するようになりました。このブログはそんなセルフマネジメントについてアウトプットする場として作りました。
普段は企業のホームページのコンサルティングやデザイン・開発をしています。
詳しいプロフィールはこちら
 

起業家インタビュー

様々な起業家の方に、純粋に人生観を聞きたくてインタビューをしてきました。どんなマインドで生きてきたのか、そしてどんな人生を歩んできたのか、今後の展望も含めてお伺いしていますので、何か生きる上でのヒントになればと思っています。記事一覧は過去のバックナンバーです。

バックナンバー一覧