セルマネジメントのあれこれ

モチベーションを高く維持するためのセルフマネジメント術を追求するブログです。

継続するために等身大の自分で取り組むということ

おはようございます。
 
田中です。
今日からブログを始めました。
ここで僕の仕事観をどんどん露呈していこうと思っています…。
 

 
仕事観といってもそんな立派なものではありませんが、「ソーイの田中っちゅうやつはこんな感覚で仕事しよるんや!」と思っていただけたら嬉しいです。
 
ブログってあれですよね、
始めたばかりのときって記事が少なくて、寂しくて、サイトが充実するまで長いんだな〜と、途方もない感覚に陥りますよね。
今まさにそんな状態です。
 
しかし僕は負けません。他にもメディアを運用していますし、お客様への納品も本当に有り難いことに絶えないので、これしきのことで途方もないなんて言ってられないのです。。
 
さて、とは言ってもそんな途方もない状態の中で…いかに努力を継続させるかは重要です。
 
 
努力を継続できる人っていうのはほんの一握りだと思いませんか?勝負の世界では努力を継続できない人は勝負の土俵にすらあがっていないと思っています。
努力を継続した者の中でのみ勝負が行われ、勝敗がつき、一部の正しい努力を継続してきた人たちが勝者となっていきます。少なくとも僕はそう思っていますが、どうでしょうか。
 
そうすると、どう努力を継続させるのかが非常に重要な要素になってきます。
 
ちょっと僕の話になりますが、自分で会社をやっているせいかわかりませんが、仕事と私生活の境目ってあるようでなかったりします。ビジネスの成功なくして自分の幸福はないと思っていますし、自分の目標を達成するまでがむしゃらに頑張るわけですが、それには「継続的な努力」が必要なわけです。
 
そして「がむしゃらに頑張る」を継続的なものにするためには、あくまでも「ありのままの等身大の自分」の中で頑張ること必要だと思っています。
 
そう、そこなんですよ。
例えばアフロが大好きなのに、リーゼントにしたらモテるからといってリーゼントにしても、結果疲れちゃうわけです。「たまにはアフロにしたいよ〜!」ってなるわけです。
仕事でリーゼントにするだけならともかく、僕みたいに個人の目標と仕事の目標が同じような場合は、自分を常に抑えて「俺、リーゼントにすんぜよ!」としなければいけないのです。それは結構つらいです…。
 
当然、どんな仕事でもお客様に価値あるものを提供するのが仕事なので、そういった意味では「自分がこうしたいから」はアウトです。ただ、継続が物を言う世界においては、ありりのままの等身大の自分を軸にしていないといつか崩れてしまいます。
 
ですから、できるだけ「ありのままの等身大の自分 = ソーイとしての活動」としていきたいわけです。それが結果的に会社のためになるし、最終的に自分にあったお客様と巡り会えることになり、すべてがウィンになると信じています。
 
そういうことで、このブログの運営コンセプトは「ありのままの等身大の自分」で「仕事観を露呈する」という、、、果たしてニーズがあるのか微妙な(いや、ニーズはないでしょうけど…)コンセプトで運営を始めてみます。
 
今後はこちらのブログでもどうぞよろしくお願いします。



プロフィール

田中亮行
「やりたいことをやれる自分になりたい」そのために必要なことが“セルフマネジメント”だと考え、日々研究するようになりました。このブログはそんなセルフマネジメントについてアウトプットする場として作りました。
普段は企業のホームページのコンサルティングやデザイン・開発をしています。
詳しいプロフィールはこちら
 

起業家インタビュー

様々な起業家の方に、純粋に人生観を聞きたくてインタビューをしてきました。どんなマインドで生きてきたのか、そしてどんな人生を歩んできたのか、今後の展望も含めてお伺いしていますので、何か生きる上でのヒントになればと思っています。記事一覧は過去のバックナンバーです。

バックナンバー一覧