セルマネジメントのあれこれ

成功者と自分の間にある起業家精神という溝

ノウハウやスキルも大事ですが、意外とそういうものはすでに手にしているもの。成功する人とそうでない人の大きな違いに起業家精神があげられる。

先日読んだ本にこのような内容がありました。

「なんとしてもやる」という意欲のほうが、その方法を熟知していることよりもはるかに重要だ。

中略

今から30年ほど前のことだが、昨日のことのように鮮明に覚えている。当時私は、販売組織やクラブ、地域団体などに対して多くの講演を行いながら月に1万ドルほどを稼いでいたが、その手法は未熟で、骨が折れるものだと感じていた。

そこで、全米講演者協会のベテランたちと交流を持って、このビジネスのあるべき姿を解明してみようと決意した。しかし、最初に参加した午後のワークショップが終わる頃には、私は完全に意気消沈していた。自分がいかに無知だったかを思い知らされたからではなく、「大スター」たちがいかに物事を知らないか、ということにがっかりしたのだ!

中略

そのワークショップには、私とは比べものにならないほどの演説がうまい講演者はたくさんいた。しかし、売り込むことにかけて私より長けている人はいなかった。さらに、ビジネス的、起業家的アプローチを取っている人は皆無だった。

中略

自己評価と天才たちの専門的知識との間にあるとと思われた溝は、実は簡単に乗り越えられるものなのだということを、私は何度となく発見した。

要するに、成功とは非常に単純なものなのである。どんなビジネスにおいてもその本質の80パーセントは基本的な常識が占めているのである。

中略

専門知識や豊かな経験を持つ人たちは、実は驚くほど低いコストで雇うことができる。世界レベルの有能な人たちが、「バカ」な起業家が作った会社に時給ベースで雇われていたりするものだ。

中略

だが、交渉の席に必要不可欠な、そう簡単に真似たり手に入れたりすることができないものがある。

それが起業家精神だ。

出典:億万長者の不況に強いビジネス戦略 ダン・S・ケネディ著

ビビビっとくる内容でした。

成功者を見ていると、自分には到底手の届かないほどのスキルやノウハウを身につけているものだと思うもの。ただ、意外とそうでもなかったりするということ。

どんなビジネスにおいてもその本質の80パーセントは基本的な常識と書かれていますが、これはホントにそうだなと思いました。どの本をみても同じことばかりが書いてある。

80パーセントの常識は簡単に手に入れられるし、そのくらいの努力は多くの人がやっている。

成功者と自分とを比較して、スキルやノウハウに差があるというよりは、それを実行する起業家精神があるかないかに差がある。

つまり成功者と自分との溝にあるものが、スキルやノウハウと思っていたなら、それはとんでもない勘違いだということ。

成功者と自分の間にある溝に隠れているものは、スキルやノウハウなんかではなく、あくまでも起業家精神だ。

本書には残りの20パーセントを得ることも難しくないと書かれており、その方法として、専門家を雇うことが書かれています。

他人の力を借りるということですね。雲の上の存在のように思える人でも普通の人だったりします。なんでも一人でこなせる人ではありません。

この人やばいなと思っていたスーパーサイヤ人みたいな人でも、身近な存在になると、やっぱり人間だったと思えるもの。僕もそう思ったことがあります。ものすごい努力家ですし、スキルやノウハウもあるのですが、一番尊敬に値すること、一番自分と差を感じるのは、その起業家精神だったりします。

スキルやノウハウはお金出せは簡単に手に入れられます。職人技みたいな、分野によっては時間がかかるものはもちろんありますが、寿司屋だって3ヶ月の修行でミシュランにのっちゃったぐらいなので、大抵のことはある程度のところまではすぐに到達するということです。

たまたま起業系の本を読んでいたので、“起業家”精神にフォーカスしましたが、起業にせよなんにせよ、自分のやりたいことをやろうと思ったときに欠かせないもの、お金で手に入れられないものは、そういったマインドの部分なんだなと改めて思いました。

セットで読める記事

おすすめ

本当に大切なことに自分の時間を使えるようになる本。
限られた時間の中で重要なことに自分の時間を割き、価値ある日々を送れるようになるための本だと思います。
基本的に本はダイレクト出版(この本の出版社)の本ばかり読んでいます。一応経営者向けの出版社ですが、僕が経営者になる前からずっと好きな出版社!
行動力は後天的に作ることができると僕は思っています。 理想を手に入れられるかどうかは行動できるかできないか、いつの時代にも言えることではないかと。 行動力についてはこちらでも記事にしています。
結果を出す人は自分を追い込んで死ぬほど努力をしているのだろう...と思っていたのですが、戦略的な休む技術を取り入れることでノンストレスでのびのびと成果を出すことができるようです。ただいま僕も実践中。
田中亮行
運営:田中亮行
新宿でソーイというWeb製作会社をやっています。こじんまりと。