セルマネジメントのあれこれ

利用価値を最大化するために

すき家の牛丼の歌の中に「すき」が何回入っているか気になる今日この頃。誰か数えた人いませんかね。

さて、僕はすき家をちょいちょい利用させていただくのですが、僕がすき家に入る大きな理由は、「時間の節約」です。

だから、すき家を有効活用するならなるべく早く店をでる、です。

たまにすき家(べつに吉野家でも松屋でもいいのですが)でゆっくりとしている人をみかけると、

「すき家を有効活用できていないな」

なんてひっそり思います。。

もちろん、勝手に僕が心の中でそう思ってるだけで、すき家をどう使おうと自由なんですが、僕がすき家を使うときは先述した通り、「時間の節約」をするために使います。

すき家(吉野家も松屋でもいいですが…)ってスピードめちゃくちゃ早いじゃないですか。店内の綺麗さとか全然だめですけど、スピードは異常に早いわけです。そこがウリだと思うので、そのウリを十分に活用することで、一番すき家の利用価値を高められると思うんですよね。

利用価値は存分に味わいたいですし、であればそこに自分を合わせていくことが必要かなと思います。スピード重視のサービスを受けているのに、ゆっくりするって、提供されている価値と自分の行動がマッチしていないわけです。

少なくとも僕は時間を節約したいと思っていて、そこにすき家という最強に自分にマッチしたサービスがあるので、そこにお金を投じているわけです(いや、そんなに毎日行ってないですけど^^;)。

自分の行動を、すき家の“スピード”という提供価値にマッチさせる、つまりさっさとメニュー決めて、早く食べて、食べたらすぐにでる、というこの一連の流れが価値を最大化することになります。

まぁ昔、すき家でビール飲んでたことありますけどね…。

ただ僕がこの記事でいいたかったのは、せっかく価値を受けるなら、価値を受け入れる体制を作っておいたほうがいい、ということです。

そうしたら利用価値を最大化できますよ。

以上です。

セットで読める記事

おすすめ

本当に大切なことに自分の時間を使えるようになる本。
限られた時間の中で重要なことに自分の時間を割き、価値ある日々を送れるようになるための本だと思います。
基本的に本はダイレクト出版(この本の出版社)の本ばかり読んでいます。一応経営者向けの出版社ですが、僕が経営者になる前からずっと好きな出版社!
行動力は後天的に作ることができると僕は思っています。 理想を手に入れられるかどうかは行動できるかできないか、いつの時代にも言えることではないかと。 行動力についてはこちらでも記事にしています。
結果を出す人は自分を追い込んで死ぬほど努力をしているのだろう...と思っていたのですが、戦略的な休む技術を取り入れることでノンストレスでのびのびと成果を出すことができるようです。ただいま僕も実践中。
田中亮行
運営:田中亮行
新宿でソーイというWeb製作会社をやっています。こじんまりと。