セルマネジメントのあれこれ

いらない情報をシャットアウトして集中力を高める

集中力を高める方法の一つとしていらない情報をシャットアウトする方法があります。

1.窓がないハーバード大学の教室

この間テレビでやってましたが、ハーバード大学の一部の教室には窓がないそうです。

「なぜか?」ですが、これは単純に外が見えると集中できなくなるから見たいです。そんな僕は今、千駄ヶ谷のエクセルシオールカフェのテラスでブログを書いています。道路の目の前ということもあり、思いっきりいろんな情報が目に飛び込んできます。

たしかにこれは集中できないかもしれません。。カフェテラスなんかでリラックスしながら仕事をしていると“やった気になる”もので、意外とはかどっていなかったりします。でも、こういう時間も必要だと僕は思っているので、自分に許可をだしていますが^^;

外を見ていると結構ブログのネタが飛び込んできたりもするので、そういった理由も、自分に許可をだすことの背中を押しています。

2.いらない情報をシャットアウトすることの重要性

とはいえ、本来いらない情報をカットすることは、生産性を大幅にあげる意味で重要なことです。
不要な情報を仕入れても何にもなりません。100にゼロを掛けてもゼロなのと同じで、入手する時間がもったいわけです。

何かに集中してそれだけに取り組むなら、カフェテラスで仕事をすることも、窓のある教室で講義をうけることも望ましくないのかもしれません。

いらない情報はいたるところにあると思います。昔登録したポイントカードのフォローメールや、読まないメルマガ、仕事中にくる仕事に関係のないLINE…あげればキリがないぐらいにたくさんあります。

さらにこういったものはやっかいなことに、プッシュ通知でお知らせがきます。twitterやfacebookもそうですよね。メッセージがきたりリツイートされるとデフォルトではプッシュ通知がくるようになっています。

僕は全部プッシュ通知をきりました。

あとで見ればいいものはあとでまとめてみればいいかと思い、そうしています。

仕事の集中力がたかまっているときにわざわざ今入れる必要のない情報をプッシュ通知されても効率がさがるだけです。

余計な情報が入ってくるタイミングも考えた方がいいんじゃないかということです。

知り合いには、仕事集中モードのときはスマホを別の部屋に置いているという人もいます。僕はそこまではやっていませんが、別にありだと思います。

3.環境を整えること

24時間で処理できる情報には限界があります。


・いかに質の高い情報を得ることができるか
・いかに効率良く情報をさばけるか

が時間を有効に使える人になるための情報処理の方法なんだろうなと思います。

セットで読める記事

おすすめ

本当に大切なことに自分の時間を使えるようになる本。
限られた時間の中で重要なことに自分の時間を割き、価値ある日々を送れるようになるための本だと思います。
基本的に本はダイレクト出版(この本の出版社)の本ばかり読んでいます。一応経営者向けの出版社ですが、僕が経営者になる前からずっと好きな出版社!
行動力は後天的に作ることができると僕は思っています。 理想を手に入れられるかどうかは行動できるかできないか、いつの時代にも言えることではないかと。 行動力についてはこちらでも記事にしています。
結果を出す人は自分を追い込んで死ぬほど努力をしているのだろう...と思っていたのですが、戦略的な休む技術を取り入れることでノンストレスでのびのびと成果を出すことができるようです。ただいま僕も実践中。
田中亮行
運営:田中亮行
新宿でソーイというWeb製作会社をやっています。こじんまりと。