セルマネジメントのあれこれ

人生ちょっと遠回りする余裕があった方がいい。見た目の最短ルートは最短ではないこともあるよ。

視野が狭いとみえるものもみえなくなります。人生遠回りしてもいいかな、ぐらいの余裕があった方が近道を見つけられるかもしれません。

1.見た目の最短ルートをひたすら行ってたら一番遠回りだった

昨日、久しぶりに元職に遊びに行きましたよ。オフィスの激変っぷりに驚いた以上に、みんな出張ばっかりで全然人に会えなかったことに驚きました。

なんだか「もう俺もオワコンか?」なんて、オワコンな人たちの気持ちがわかった気がします。笑

そもそも使えない社員だったので、最初からオワってた可能性大ですが^^;

さて、元職は僕の家から4キロぐらいのところにありまして、バスだと乗り継がなくてはいけないし、ちゃりんこで行く気分でもなかったので、タクシーで行くことにしました。大きな国道が近くを通っているので、タクシーなんて余裕でつかまるだろうと思ってトボトボ歩いていたのですが、全然つかまりませんでした…。

途中にJRの駅があるので、そこにひょいっと寄れば100%つかまえられます。でも、駅に行くまでに5分ロスするので国道をずっと歩いていたのですが、気づいたらタクシーをつかまえるどころか会社に着いていました。。時間的には一番の遠回りでしょう。。

2.見た目の最短ルートが最短ではない

結局40分以上あるいて会社についたのですが、5分ロスしてでも駅に寄った方が全然早く会社についてました。

僕は見た目上の最短ルートをひたすら進んでいたのですが、実は距離的には少し遠回りした方が早かったわけです。

こういうのって判断が難しいんですよね。明らかにタクシーが来ないとわかっていたなら、距離を遠回りしてもタクシーを使うことを迷うことなく決めていましたが、実際はタクシーがいつ来てもおかしくないような大きな国道でしたから。

ただ、一ついえるのは、駅にいけば確実にタクシーをつかまえられたということです。意識はしていませんでしたが、僕がやっていたことは一種のギャンブルのようなもので、そのギャンブルに僕は負けたんですよね。まぁ負けたところで大金を失うようなことでもなかったのでいいですが。それでも時間を無駄にしました。

3.少し遠回りするか!ぐらいの気持ちも必要

何かをやるときは、目の前に見える道が最短なように見えてもそうでないことがよくあります。日々の小さなことを確実に積み重ねていきたいと思ったなら、やはり人生すこし遠回りする覚悟をもって全体を俯瞰してみることが必要だと思います。どうしても焦ったり、遠回りをめんどくさいと思いがちですが、確実に積み重ねることが最短ルートだと思います。

4.最短ルートを探すためにするべきこと

最短ルートを探すために必要なことは、同じ道での成功者のやり方を知ることです。すべてがそれでうまくいくわけではありませんが、少なくとも間違った道を選ぶことは避けられます。

“成功者のやり方を知る”というのは自分から情報を取りに行くという行動が必要です。今はありがたいことに多少のお金を払えば質の高い情報を得ることができます。オンラインサロンとか有料メルマガとかそうですよね。自分に必要な情報はお金を払ってでも質の高いものにこだわることが重要だなと思っています。

僕もオンラインサロンやメルマガで勉強させてもらっています。自分で処理できる情報の量は限られているので、もっともっと情報の質や流入の精度をあげようと考えています。

みなさんも何かいい情報の取り方などがtwitterとかで教えてください!

セットで読める記事

おすすめ

本当に大切なことに自分の時間を使えるようになる本。
限られた時間の中で重要なことに自分の時間を割き、価値ある日々を送れるようになるための本だと思います。
基本的に本はダイレクト出版(この本の出版社)の本ばかり読んでいます。一応経営者向けの出版社ですが、僕が経営者になる前からずっと好きな出版社!
行動力は後天的に作ることができると僕は思っています。 理想を手に入れられるかどうかは行動できるかできないか、いつの時代にも言えることではないかと。 行動力についてはこちらでも記事にしています。
結果を出す人は自分を追い込んで死ぬほど努力をしているのだろう...と思っていたのですが、戦略的な休む技術を取り入れることでノンストレスでのびのびと成果を出すことができるようです。ただいま僕も実践中。
田中亮行
運営:田中亮行
新宿でソーイというWeb製作会社をやっています。こじんまりと。