セルマネジメントのあれこれ

メモアプリはいらない。LINEをメモのツールに使ってます。

PCでもスマホでも共通して使えるメモツールとしてLINEの個人グループを使ってます。これ便利です!今更ブログにしました。。

先日仕事の効率化のためにいろいろツールを見直していたのですが、そのうちの一つがメモツールです。メモってどうやってとりますか?iPhoneとかに標準であるメモアプリを使うって人もいれば、スマホアプリをインストールする人もいると思います。

ちなみにメモと言っても幅広いかもしれませんので、一応ここで言うメモの定義を最初に書いておきます。

ここでいうメモというのは、何か思いついたアイデアとか面白いと思ったこと、見つけたことをストックしておく意味で言っています。なので打ち合わせ中にとるメモのことではありません。

1.LINEはメモツールとしても使いやすい

いろいろ探したのですが、前から使っていたLINEがやっぱり一番かなと思ってLINEを使っています。

メモアプリではありませんが、LINEで個人のグループを作って、そこにメモをがんがん放り投げています。

さくさくメモできますし、簡単にチェックできますし、楽ちんですよ。

LINEを使う理由を具体的に説明する前に、僕がそもそもどんなときにメモをとるかをまず書いておきます。

2.どんなときににメモをとるか

僕は、仕事やブログのアイデアとして使えそうなものを見つけると、すぐにメモします。結構頭のメモリが少ないタイプらしく、すぐに忘れるんですよね…昔からそうなんですが。。笑

なので、僕の場合は、メモは移動中にとることがほとんどですが、PCをいじっているときにももちろん使います。

例えば、PCを使ってデザインの仕事をしているときに、全然関係ないブログのネタがふと湧いてきたりします。そういうとりあえずメモだけしておきたいというときですね。

そういった意味で、僕にとって使い勝手のいいメモツールとは、スマホでもPCでも共通して管理できるものなんですよね。

3.だからLINEの個人グループを使う

です。

スマホからがんがん放り投げて、帰宅してPCで振り返ることができますし、PCを使っているときにメモするときは、ワンクリックでLINEを開いてそこにメモを放り投げることができます。

もちろん写真とか画像もがんがん投げられます。

僕は電車の時間をメモするときにも活用します。PCで作業している時間が長いので、移動するときなどは電車の時刻を先にPCで調べておくことが多いのですが、検索結果をショートカットキーで一発キャプチャーして、それをLINEの個人グループにドロップして送ります。スマホで時刻検索するより断然早いです。

それから、PCで企画資料を作っている途中で移動しなくてはならなくなったときは、作りかけの文章をLINEの個人グループにぼんと送って、移動中に完成させたりすることもあります。

このPCでもスマホでも自由に使えるところがいいなと思っています。それに僕はLINEって普段から使いますし、いろいろアプリ開く必要もありません。

4.はあちゅうさんオススメの有料メモアプリ「captio」を使ってみた感想

ブロガーのはあちゅうさんがスマホアプリのcaptioをだいぶ絶賛していたので、有料で240円でしたが、インストールしてみました。

captioはワンクリックでメモ帳を開いて、すぐにメモができ、送信ボタンを押すとGmailなどに内容が送信されます。

めちゃくちゃスピード感あっていいですよ。はあちゅうさんが絶賛するだけあって、ほれぼれしました。

ただ僕的には「スマホ → PC」だけではなく、「PC → スマホ」も絶対に必要だったので、結局インストールはしたものの使っていません。

まだ実験段階なので、今後いい活用方法があったら、また報告したいと思いますが、現状LINEの個人グループが便利過ぎるという感じです。

個人グループの作り方は簡単でググったら、たくさんでてきますので調べてみてください。

セットで読める記事

おすすめ

本当に大切なことに自分の時間を使えるようになる本。
限られた時間の中で重要なことに自分の時間を割き、価値ある日々を送れるようになるための本だと思います。
基本的に本はダイレクト出版(この本の出版社)の本ばかり読んでいます。一応経営者向けの出版社ですが、僕が経営者になる前からずっと好きな出版社!
行動力は後天的に作ることができると僕は思っています。 理想を手に入れられるかどうかは行動できるかできないか、いつの時代にも言えることではないかと。 行動力についてはこちらでも記事にしています。
結果を出す人は自分を追い込んで死ぬほど努力をしているのだろう...と思っていたのですが、戦略的な休む技術を取り入れることでノンストレスでのびのびと成果を出すことができるようです。ただいま僕も実践中。
田中亮行
運営:田中亮行
新宿でソーイというWeb製作会社をやっています。こじんまりと。