セルマネジメントのあれこれ

興味がないことでも気持ちよく体験してもらう方法

人は自分が興味がないものにはお金も時間も使いません。それでもまず価値を知ってもらうには体験してもらうことが必要です。そんなときの方法について書きました。

2016年6月15日、福岡市の天神で開催されるらしいです。行きたいです。オーケストラは行ったことがないのですが、これは行ってみたいと思いました。

こういうコラボって好きかもしれません。オーケストラって敷居が高いように感じますし、エンターテインメントとして捉えられていないと思うのですが、ゴジラという名作を見ながら、オーケストラに浸れるというのは、オーケストラの入り口を広げることにもなると思います。

1.まずは体験してもらう

敷居が高かったり、体験しないと価値が伝わらないようなものは、何らかの形で一度そのサービスを体験してもらうことが重要だと思います。

認知はネット広告を出すとか、SNSで拡散したりとかで、ある程度は広められるかもしれませんが、実際に体験してもらえないと意味がないですよね。まずは体験してもらうこと。オープンしたての整体院やフィットネスクラブが割引券とチラシを一緒に配っていたりしますよね。そういった売り込みも効果的だと思います。

ただ、そもそも体験しないと価値が伝わらないようなものは、それですら人がくるかどうかは微妙だと思います。自分にとって価値がない、興味がないと思っているものに対しては、人は1円も払いませんし、時間を使うことすら惜しみます。それでもなんらかの形で価値を体験してから、それにハマるということはよくあることですよね。

2.興味がないことを体験させる方法

今回のゴジラオーケストラはそういった意味で、非常にいい施策ではないかなと思うわけです。

ロックバンドのライブなら皆で大盛り上がりになって、酒を飲みながらはしゃげるかもしれませんし、アーティストとオーディエンスの一体感も楽しめるポイントですよね。でも、オーケストラと聞くと大人しく椅子に座って、静かに聴くというイメージがあります。それでも実際に行ってみると、音鳴りの仕方だったり、スケール感に圧倒されて虜になるのかもしれませんが、なんせ体験してみないとわからないわけです。

それが誰もが知っているゴジラの映像をみながらオーケストラを楽しめると聞いたら、今までのオーケストラに対する価値観とは全く違う価値観を抱くことになるわけです。ゴジラ好きならゴジラを見ながらそれに合わせて生演奏を聴けるなんて最高ですよね。

そういった違った角度の価値観からまずはオーケストラを体験させるという流れがもの凄くいいなと思います。

価値がわからない人に体験させるには、知っている価値と抱き合わせで提供するとよい、こんなことが言えそうですね。

僕は整体にそこまで興味はないが、ゴジラを見ながら受けられる整体なら行ってみるかもしれない。

セットで読める記事

おすすめ

本当に大切なことに自分の時間を使えるようになる本。
限られた時間の中で重要なことに自分の時間を割き、価値ある日々を送れるようになるための本だと思います。
基本的に本はダイレクト出版(この本の出版社)の本ばかり読んでいます。一応経営者向けの出版社ですが、僕が経営者になる前からずっと好きな出版社!
行動力は後天的に作ることができると僕は思っています。 理想を手に入れられるかどうかは行動できるかできないか、いつの時代にも言えることではないかと。 行動力についてはこちらでも記事にしています。
結果を出す人は自分を追い込んで死ぬほど努力をしているのだろう...と思っていたのですが、戦略的な休む技術を取り入れることでノンストレスでのびのびと成果を出すことができるようです。ただいま僕も実践中。
田中亮行
運営:田中亮行
新宿でソーイというWeb製作会社をやっています。こじんまりと。