セルマネジメントのあれこれ

人見知りしてはいけないときもある。問題が起きたときのとっさ対応に人見知りかどうかは関係ない。

カフェで思いっきり水をぶちまけられて手帳がびしょびしょに。。相手は人見知りであろう若いOL。心の中に誠意はあったろうに、ちょっと対応がもったいないと思いました。

1.手帳がびしょびしょに…

先日カフェで作業していたら、隣の人が思いっきり水をこちらにぶちまけてしまい、瞬時にPCを避けてなんとかPCは無事でした。が、手帳が思いっきり水浸しに。。。手帳の表紙が厚紙だったので、そこまで被害は大きくないですが…びしょびしょに。。

ちなみにPCは修理から戻ってきた翌日だったので、本当に危なかったです。

水を僕にぶちまけてしまった隣人さんは、仕事中のOLっぽい感じでしたが、まだ若く顔つきからしてちょっと人見知りっぽい感じがしたんですが、その予想は的中。

めちゃくちゃ真顔で「す、、、すみません。。大丈夫ですか?」と言われたので、まぁ手帳はびしょびしょだけど、PCは無事だし、いいかと思ってものすごくかる〜いノリで、

「あっ、大丈夫っすよ〜っ☆」

と返事しました。店員さんも駆けつけてきて「大丈夫ですか!?」と声をかけてくれたので、

「大丈夫っす大丈夫っす〜♪」

と、これまたかる〜い感じで返しました。

手帳がびしょびしょになっているのは若いOLから見ても明らかだったはずですが、僕があまりにも軽いノリで返事をしたせいか、若いOLは

「す、、、すみません・・・」

とだけもう一度言い、そのあとちょっと気まずそうに自分の作業にすぐに復帰。。

全然構わないのですが、僕の手帳はびしょびしょです。笑

2.相手を気遣う努力が必要

言葉のテンションとか表情とか見ていても、若いOLはやはり人見知りの方なのかなと思いました。多分、やっちゃったな、まずいな、謝らないと、という気持ちはあったと思いますし、実際誤ってくれました。が、人と対峙している以上、相手にも感情があります。誤ったという事象よりも、どう謝るか、どこまで対応するかが重要だと思います。

怒っているわけでもなんでもありませんが、誤ってすぐに自分の作業に復帰はさすがにないと思います。「手帳濡れちゃいましたよね」とか店員さが置いていった紙布巾の余りを片付けるとか…いろいろやれることはあったと思います。

人見知り(だと思われる)の若いOLの方は、多分どうしたらいいかわからなくなったんだと思います。そして気まずそうに作業に戻りました。その気持ちはなんとなくわかります。でも、そこはどんなに不器用でもいいので、もう少し相手を気遣う努力が必要だったと思います。

3.起きたこと自体よりも、そのあとどう対応するか

性格を変えるのはなかなか大変なことですが、こういう人を相手にしたときに出てしまうマイナスの部分は少しずつでいいので変えるべき。僕はクレーム処理をしていた時期があるので、なんとなくわかるところがありますが、人は起きたこと自体よりも、そのあとどう対応するかで、コトの大小が大きく変わります。

何度かそういうのでやらかしてしまい、新幹線に乗って菓子折りを持って謝りに行くという経験をしたことがあります。電話だとヤクザさんみたいな感じだったその人も直接会って詫びを入れると、なぜか優しくなったり・・・不思議だなと思いましたが、起きたことそのものよりも、どう対応するかがやはり大切なのです。

普段人見知りの人はもしかしたら、とっさのコミュニケーションなどが難しく感じるときもあるかもしれませんが、何か問題が起きたときは、とにかく相手を気遣う努力は必ず必要ですし、そこから逃げれば逃げるほど相手に追い回されます。

4.まとめ

人見知りな性格だからこうなるというわけではないかもしれませんが、少なくとも普段から人とコミュニケーションをとることを楽しんでいる人の方が、こういったとっさの対応は上手くできるかもしれません。

ただ、やはり相手からしたらそれは関係ないのです。人見知りをしてはいけないときもあるのです。

セットで読める記事

おすすめ

本当に大切なことに自分の時間を使えるようになる本。
限られた時間の中で重要なことに自分の時間を割き、価値ある日々を送れるようになるための本だと思います。
基本的に本はダイレクト出版(この本の出版社)の本ばかり読んでいます。一応経営者向けの出版社ですが、僕が経営者になる前からずっと好きな出版社!
行動力は後天的に作ることができると僕は思っています。 理想を手に入れられるかどうかは行動できるかできないか、いつの時代にも言えることではないかと。 行動力についてはこちらでも記事にしています。
結果を出す人は自分を追い込んで死ぬほど努力をしているのだろう...と思っていたのですが、戦略的な休む技術を取り入れることでノンストレスでのびのびと成果を出すことができるようです。ただいま僕も実践中。
田中亮行
運営:田中亮行
新宿でソーイというWeb製作会社をやっています。こじんまりと。