セルマネジメントのあれこれ

自分の意思で動くということ。

1.雇われる側=使われる側ではない

世の中使う側と使われる側に分けられると言いますよね。表現としてはあまり好きな言葉ではありませんが。この言葉の意味を、雇う側と雇われる側に分けられる、と解釈するのは早計だと思います。

どんなポジションであれ、何事も自分の意思で動くことが大切だと思いますし、その意味では雇われ側が、使われる側だとは思いません。そして起業家やフリーランスでも使われる側の人はたくさんいます。

すべての仕事にはニーズがあって、それを満たすことが仕事であるという観点からすると、社員はお客さんのニーズに応えるために仕事をする、そしてその過程で経験豊富な上司からの指示を受ける、ただここで一方的に上司の意見を伺うだけの人間だとしたら、それはまさに“使われる側”かもしれません。ただ、自分の意思で提案して自らの仕事を自らの意思で進める人は雇われていようが“使われる側”にはならないと思います。

雇う側はどうでしょうか。例えば起業家です。小企業で下請け企業の社長なら結局、自発的な行動や提案を通す力や調整力がなければ、他社から単に使われるような存在になり得ると思います。

社長なのに客先に飛び回って頭を下げて、その上、相手企業とのパワーバランスが悪いような例を何度も見てきました。雇う側の人間でも使われる側になり得るのです。フリーランスはどうでしょうか。

フリーランスはパワーバランスを保つのがより一層難しいかもしれませんね。ちなみに僕はフリーランスですが、割と紹介ベースの案件が多いため、ひどい話はありません。

ただ案件によっては少々「あ、自分今うまいこと使われてる?」と感じることもあり、なんとかこういうのはなくしたいものです。。こういう関係性って難しいですね。

こうやって考えると、雇う側=使う側、雇われる側=使われる側と、一概には言えません。

使う側にいる人たちはどんな人たちかを考えると先述した人たち以外でしょうか。完全に会社のマネジメントに業を尽くしている社長は、使う側に立っている人だと思います。

ただ、この人達もお客さんや株主のニーズに応えるために色々と動き回って身を削る必要があるので、大変だと思いますが、使う使われるの観点でいうと使う側ですよね。あとはフリーランスでも、他社商品を扱うネットビジネスをやる人など、他社の商品とユーザーの間に入っている人たちは、使いも使われもしないポジションじゃないでしょうか。アフィリエイターなんかもそうでしょうね。

2.社畜とは何か

こういう記事を書いていると、社畜という言葉が連想されてきたのでこちらについても少し。ネットを見ていると社畜とかいう言葉が流行っているみたいです。僕はこの言葉の響きが大嫌いなのですが、社畜という言葉を調べると以下の通り。

《会社に飼い慣らされている家畜の意》会社の言いなりになって、つらい仕事でも文句も言わず働いている会社員を、皮肉を込めてからかう語。

goo辞書

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマンの状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。昔の「ガリ勉」に近い使われ方。

wikipedia

言葉の背景と意味合いが最悪ですね。あくまでも自分の意思があまりないただ単に使われている会社員に対して使用される言葉でしょうか。社畜 = ただの指示待ち人間かもしれません。

言葉自体が流行っている感はありますが、僕はサラリーマンの多くは社畜ではないんじゃないかと思っています。自分の意思がない指示待ち人間のような人って結構少ないと思うんですよね。

ところでネット上でよく社畜解放のような言葉を見かけます。訪問してきた人にアフィリを勧めるようなパターンが多いと思いますが、自分の意思で行動できない人にそれを薦めることは全くもって論外。指示待ち人間が会社辞めたら何もできない人になります。

おそらく“社畜”というのはただのキャッチコピー的な意味で使っているだけだとは思いますが、行動・実行力がない人がそういうアフィリやったところでまず成功しないと思うんですよね。

アフィリで本当に成功している人って半端ない努力家だと思いますし、ものすごく地道なことをやっていると思うんですよ。ネットビジネスとかやってる人も同じくそうです。

楽に稼げる方法っていうのは稼げるまでがものすごく大変なわけです。どの世界でも強い意思と努力がなければ上にはいけないと思います。楽して市場は動かせないですよね。

3.社畜という言葉はブラック企業向け?

色々調べていると、結構ブラック企業に勤めている人のことを社畜ということも多いみたいですね。なるほど、ブラック企業だと自分の意思関係なく奴隷のように働かされるということですね。

何かこう風潮的に社畜という言葉が一般サラリーマンに対して使われているような感じもして、「そんなことないだろ!」と思っていたのですが、ブラック企業に対する反発の意味を込めて使われているのかもしれません。使っている人の真意はわかりませんし、言葉の意味自体はやはり好きではないことに変わりはありませんが。。

4.自分の意思がない人たちはただ流されるだけ

単純に使われるだけの人間にならないためにも、自分の意思をもって仕事をすることは本当に大事だと思います。世の中流されようと思えばいくらでも流されると思います。

絶えず変化する世の中で自分の目指す方向に向かって何をするか、手段はサラリーマンでも起業家でも最適なものを選択すればいい、そこで自分の意思をもってしっかりとやり遂げることが、縛られない生き方につながると思います。

セットで読める記事