セルマネジメントのあれこれ

自分に向いている仕事をするために

自分に向いている仕事を考えるときには、仕事内容だけではなく、どういう環境やスタイルで働きたいかを考えた方がよい。そしてそれは自分の舵取り能力が大きく影響する。

1.自分に向いている仕事とは?

自分に向いてる仕事は、一概に好きなことでも得意なことでもないと思います。

もちろんそれらの要素はあると思いますが、それだけを切り口に自分に向いている仕事を考えるべきではありません。

仕事のスタイルだったり環境が仕事を好きになれるかどうかを大きく左右します。

サラリーマンにそもそも向いていない人は会社勤めで何をやっても仕事に満足いかないでしょうし、好きな仕事をできても職場の環境が自分に合わなければそれまでです。こういうのは全部その人の性格が大きく影響していると思います。

人に雇われるのがそもそも嫌いな人はサラリーマンに向いていないし、もしかしたらそういう性格の人はフリーランスや起業しても下請けというスタイルだと合わないかもしれません。

一つのことをずっとやっていることが嫌いな人はプロジェクト単位で色々と動けるスタイルを好むと思いますし、自分で顧客開拓を自由にできるような仕組みができている会社で働くのもいいかもしれません。団体行動が不得意な人は、割と単体で動きやすいような仕事を選ぶとストレスがないかもしれません。

好きなことも苦手な環境やスタイルでやっていると嫌いになります。逆に嫌いだと思っていたことでも自分に合った環境やスタイルでできたら、好きになれるように思います。それぐらいに自分に合った環境やスタイルを見つけるのはものすごく重要だと思います。ただそれを就活サービスや転職サービスで見抜けという方が無理がありますし、会社説明会や面接に行ったところでそこまでは中々わからないことが多いと思います。

2.起業家やフリーランスは自分に向いている仕事をしているのか?

働く環境やスタイルが重要だとして、では起業家やフリーランスは完全に自分に向いている仕事をしていると言えるのでしょうか。

それはその人の舵取りの仕方やその能力によって、できる人とそうでない人にわかれるんじゃないかなと思っています。

舵取りの能力がある人はその会社にとって優良な仕事をたくさんとってきていますし、そういう連鎖を作り出しています。一方で舵取りの能力がない人はいつまでも目の前に転がり込んできた仕事にしがみついていくんだと思います。後者の人たちが果たして自分に向いている仕事をしているかというと、そうではないですよね。

自分のやりたいスタイルで仕事をしようと思って独立しても、結局それができるかどうかは、その人次第ですし、起業家やフリーランスだからといって一概に全部自分に合った環境やスタイルで仕事ができているかというとそんなことはありません。

それから、起業家やフリーランスは自分がすべての矢面に立つことになるので、結構大変だと思います。結局は相手があっての仕事であることには変わりありませんし、何かあったときに自分がすべて責任を取らなければいけないし、取引先との関係性なども気にしながら、いつも舵取りには気をつける必要があると思います。それでも自分に向いていると言えるかどうかです。

また、人を雇う側にはそれなりの悩みがあると思います。僕は人を雇ったりしていないので、その辺は詳しくはわかりませんが、そもそも数回面接しただけの人に毎月固定給を差し出して人を雇うってことはもの凄いことだと思います。

僕なら本当に信用できるぐらいに密な関係になっている人じゃないと怖くてできません。毎月20万ぐらいは確実に飛ぶ投資ですよ、、その人にそれだけの活躍をしてもらわなければいけないのにそれを数回の面接で決めるというのは、よほど人を見抜く力がないとやはり恐ろしいです。

今はインターンでテストしてそのまま引っこ抜くっていうパターンも昔に比べて結構あるようですが。そうするとインターン生も安心だし、企業からしても安心ですよね。お互いのミスマッチが基本ない状態ですから。

独立したからといって、全てが自由な環境やスタイルで通せて、ストレスフリーな日々が送れるかというと、この辺りはだいぶその人の舵取り能力が関係してきそうですね。

3.サラリーマンだって舵取りはできる

起業家やフリーランスは舵取りの能力が必要そうなことがわかりましたが、これってサラリーマンにも当てはまるなと書きながら思いました。つまりサラリーマンでも自分の環境や働くスタイルは、ある程度舵取り能力があれば動かせるんじゃないかという説です。

社内に有給休暇をとるのがうまい人とかいませんか?僕の前職にはいましたし、よく旅行に行く人もいました。権利ですから、やることやっていればなんら問題ないですよね。でも多くの人が有給休暇使ってない現状でした。

僕は何とか権利を行使してやろうと、頑張って消化している方でした。もちろん有給休暇のことだけではなく、人間関係とかも、自分のコミュニケーション能力を鍛えたり、ちょっと人との接し方を変えるとか、努力でよくしていける部分はあると思います。なんともならない人間関係も多いのですが。

仕事のやり方もどんどん自分から提案していって、会社への貢献と自分のやりたいことがクロスするようなポイントに自分のポジションを持っていくようなことも、会社の制度によりますが、できなくはないと思います。僕の前職は割とこういうことがやりやすい社風でしたね。

サラリーマンは起業家やフリーランスの人たちと比べて、社内の制度や社風に縛られてはしまいますが、その範囲内で最大限自分の舵取りをして、自分に向いている仕事をやることができます。

4.まとめ

結局、起業家であろうがフリーランスであろうがサラリーマンであろうが、自分に向いている仕事をやるために“必要な能力”があって、それは、自分にあった環境やスタイルを作り出すための舵取り能力であるという結論に至りました。

最初から自分に合った環境やスタイルで仕事ができるというのは稀かもしれませんね。自分を磨いていけばいくほど、自分に向いている仕事ができるようになると思います。

セットで読める記事

おすすめ

本当に大切なことに自分の時間を使えるようになる本。
限られた時間の中で重要なことに自分の時間を割き、価値ある日々を送れるようになるための本だと思います。
基本的に本はダイレクト出版(この本の出版社)の本ばかり読んでいます。一応経営者向けの出版社ですが、僕が経営者になる前からずっと好きな出版社!
行動力は後天的に作ることができると僕は思っています。 理想を手に入れられるかどうかは行動できるかできないか、いつの時代にも言えることではないかと。 行動力についてはこちらでも記事にしています。
結果を出す人は自分を追い込んで死ぬほど努力をしているのだろう...と思っていたのですが、戦略的な休む技術を取り入れることでノンストレスでのびのびと成果を出すことができるようです。ただいま僕も実践中。
田中亮行
運営:田中亮行
新宿でソーイというWeb製作会社をやっています。こじんまりと。