セルマネジメントのあれこれ

移動時間をより有効に使う

自分の仕事と1日の流れを整理して、移動時間を有効活用する方法

先月福岡にいた期間にポケットWiFiの制限を使い切ってしまい、WiFiが全く使えない状態がかれこれ2週間ぐらい続いています。僕みたいに自宅かカフェが作業場所な身としては結構痛いです。

そもそも、そんなにネットを使ったつもりもなかったのですが、間違ってソフトウェアダウンロードをしてしまい、一発でWiFiの上限に達してしまいました。

これはかなり困る、と思っていたのですが、これが意外とそうでもありません。いや困るに困ってますが、ネットに繋がっていなくてもできる仕事はたくさんあります。時間の使い方次第だなと。

自分の仕事を、使うツールや必要な環境ごとに分けて整理すると、僕の場合は、自宅でしかできない仕事、外でもできる仕事、移動時間を使ってできる仕事の3つにわけて考えることができます。

例えばこんな感じです。

自宅でしかできない仕事

・デザインの仕事
基本デザインの仕事はデスクトップPCとノートPCをつないでデュアルディスプレイでやることがほとんどなので、外ではできません。
ノートPCだけでもできなくはないですが、効率面以外でも機密保持の観点から、多くの仕事は場所を選びます。

外でもできる仕事

・ブログを書く
ブログはネット環境がなくても書けます。これを書いている今もネットはつながっていません。僕はCotEditorにブログを書いて、それをあとでWordPressにコピペしてアップしています。

・事務処理や業務改善など
一般的な事務処理や自分の業務フローや管理方法を見直したりするのはどこでもできるので、外でやることもよくあります。これもネットは不要です。

・コーディング
内容によって、場所を選びますが外でもできます。ローカル環境で作り込む場合などにおいてはネット環境は不要ですが、基本ネット環境が必要です。

・プレゼン資料作成など
場所を選びますが、外でできます。

移動時間を使ってできる仕事

・メールの返信
急ぎでなければ移動時間に返信することもよくあります。スマホから返信可能です。

・電話
うるさいところでは無理ですが、静かな場所や周りに迷惑をかけない場所を選べば、移動中に電話で用事をすませることは普通にできます。

・本を読む
情報のインプットという意味ではこれも仕事です。移動時間にできます。

このようにわけて考えると、1日の流れの中で、どの仕事をどの時間帯に当てはめると一番効率よく仕事ができるかが見えてきます。意外と移動時間でできることを自宅やオフィスでやっていることってあると思うんですよね。

1日10分つくることができたら、1ヶ月で5時間、年間で60時間もの時間が作れます。あまり時間を意識していない人なら1日に1時間ぐらいつくることなんて多分簡単にできると思います。そうすると1年で365時間。。残業ゼロのサラリーマンが2ヶ月働くに等しい時間をつくることができます。

うまいこと自分の時間を作っていきましょう。

セットで読める記事

おすすめ

本当に大切なことに自分の時間を使えるようになる本。
限られた時間の中で重要なことに自分の時間を割き、価値ある日々を送れるようになるための本だと思います。
基本的に本はダイレクト出版(この本の出版社)の本ばかり読んでいます。一応経営者向けの出版社ですが、僕が経営者になる前からずっと好きな出版社!
行動力は後天的に作ることができると僕は思っています。 理想を手に入れられるかどうかは行動できるかできないか、いつの時代にも言えることではないかと。 行動力についてはこちらでも記事にしています。
結果を出す人は自分を追い込んで死ぬほど努力をしているのだろう...と思っていたのですが、戦略的な休む技術を取り入れることでノンストレスでのびのびと成果を出すことができるようです。ただいま僕も実践中。
田中亮行
運営:田中亮行
新宿でソーイというWeb製作会社をやっています。こじんまりと。