自己投資と時間の考え方。

投資とは将来の資本を増大させるために現在の資本を活用することを指します。

主に経済活動のことを指した言葉ですが、ここでは自己啓発などによって自分の存在価値を高める意味も含めて投資という言葉を使います。自己投資は自分に対する投資ですが、投資には時間がかかることも多くあります。

ビジネスを例にとりますが、ビジネスマンなら自分が稼ぎ出す金額をより多くしたいと思うでしょうし、そこに対する投資は惜しまないはずです。様々な方法があると思いますが、僕は仕事のクオリティで顧客の期待を上まり続けることが一つの効果的な方法だと思います。

1.50万で受けた仕事を100万のクオリティでやるから100万の仕事がくる

受けた金額以上のパフォーマンスを発揮すると、自分の実績にそれだけのクオリティのものが溜まるので、新規のクライアントにプレゼンするときに、これまで以上の金額で提示しても通りやすくなります。

50万の仕事をずっと50万のクオリティでやっていても、50万のクオリティの人・企業にしかならないので、次にくる仕事もやはりそのぐらいのレベルになってしまいます。常に金額以上のクオリティを出し続けることが、自分の収益をより高みにもっていく確実な方法ではないかと思います。

時間が必要ですが、自己投資として時間をこういう後々バックがあるものに使うことは有効ではないかと思います。

2.クオリティの高い仕事をするとセルフイメージが変わる

最初はなかなか高額な見積もりを出すのにためらうものです。自分にこれだけの価値があるだろうか、ちょっと高いかな、などという感情がストッパーになり、ついつい安い金額を提示してしまいます。

しかし50万の仕事を100万のクオリティでやっていると、もっと全然取れるし取るべきであるという感覚になってきます。ストッパーとなっていた「ちょっと高いかな」という感覚はなくなり、むしろ安すぎたなという感覚に変わるために、下手に遠慮した金額を提示することはなくなります。

自分の価値がもっと高いことを自分で認識し、安請けする体質から抜け出すことができます。

3.稼ぎ出してくるとクオリティと収益のバランスを取ろうとし出す

稼ぎが少し安定してくるとだんだん50万のクオリティは50万のクオリティで収めようとしてきます。

仕事が忙しくなってきて自分の時間がより貴重になってくるので、どうしても収益と時間のバランスを優先的に見てしまうと思います。これは駆け出しで仕事がないときには、仕事があること自体が嬉しいので、よりクオリティの高いものを作ろうという意欲が大きくなる一方、仕事が多くなってきて金銭的に安定し時間がなくなってくると、より少ない時間で多くを稼ぐという考え方にシフトしてくるために起こる現象だと思います。

モチベーションが内的動機(仕事があることが嬉しい、とにかく仕事をしたいという心の内側から出る自発的な動機)から、外的動機(より多くの報酬を得たいという外部要因)へと変わったためであり、これを心理学ではアンダーマイニング効果と言います。目標金額に到達している場合はそれでもいいのですが、未達の状態でそうしてしまうと、この先の伸びなくなってしまいます。

4.自分の時間を未来のために投資する自己投資

貴重な自分の時間をどう使っていくか、これは人生の大きな課題だと言えます。効率という観点からいうと、100万の労力で50万を稼ぐのはアホみたいですし、25万の労力で100万稼ぐことを誰しも目指すものですが、どうしてもそれには土台が必要になってきます。

その土台をつくるまでは自分の貴重な時間を投資する必要があります。しかしこういう後につながる投資は非常に効果的な自己投資だと思います。アフィリエイターやブロガーはまさにそういう自己投資をしています。ブログを書いても最初から莫大なアクセスを集めるなんてことはほぼできません。

ものすごく地道な努力を重ねて書き続けることでしか成功はあり得ませんし、そこにかかる時間は膨大な時間です。

5.自己投資は好きなことか好きな方法でやる

自分の貴重な時間を投資しなければならない自己投資。やるなら好きなことか好きな方法でやるしかないと思います。僕はデザインが好きなので、デザインの仕事であれば、自己投資だと思ってより収益以上のクオリティの高いものをつくることに時間を注ぐことはなんなくできます。

ただ、仮に僕がアフィリエイターとして生きていこうと思った場合、別に好きなことでもなんでもないので、デザインと同じ感覚でやることは無理です。それでもアフィリエイターになる必要があったとしたら、好きな“方法”を探してやるでしょう。

人と競争することが好きであれば、アフィリ金額やアクセス数を人と競争するなど、そういう自分が好きでやれる環境をつくることで解消できると思います。

時間が必要な自己投資はどれだけ気持ち良く継続できるかが肝です。自分が継続できる分野・方法で自己投資をしていきましょう。

セットで読める記事