日本最大級のコンサルタント派遣事業で、日本の明るいみらいの ために挑戦する人を増やす - 株式会社みらいワークス
株式会社みらいワークス
日本最大級のコンサルタント登録者数を誇るビジネスマッチングサービス「 FreeConsultant.jp」を運営する株式会社みらいワークスは、人材調達支援事業などを通じて、日本のみらいのために挑戦する人を増やす会社
代表取締役の岡本 祥治さんに話を伺った。
ー 事業内容について教えてください。
コンサルタント派遣事業をしています。
現在、弊社が管理しているフリーコンサルタント.jpではプロフェッショナル人材が3,400名登録しており、これはコンサルタントの登録者数として日本最大級の規模となっております。

コンサルタント派遣事業は世の中に数多くありますが、我々はその中でも、コンサルティングや財務、マーケティング、経営企画などのアッパー層の人材に特化しており、そういった経営に直結する部門に対して経験豊富で即戦力な人材をご紹介することが可能です。
補足情報
登録されているコンサルタントのバックグラウンドは、戦略系ファーム出身者、総合系ファーム出身者、特定の領域のスペシャリストなど様々だ。
現在(2016年8月)では月100案件以上の依頼を受けるまでのプラットフォームになっている。
利用する側の企業のメリットは、質の高い即戦力のアッパー層人材をすぐに紹介してもらえるところだ。
しかしどのようにして、質の高いコンサルタントを集めているのだろうか?
ー 登録されている方々は皆、プロフェッショナル人材ということですが、どうやって質の高い人材を集めているのでしょうか?
あたりまえのことにはなりますが、我々は、質の高い仕事ができるコンサルタントの方々に魅力的な仕事をいかに多く準備できるかどうかに注力しています。
そこには弊社の営業一人一人の努力とチーム力を生かし、成果を残し高い顧客満足度を得ることで、実現できています。
もう一つは、コンサルタント登録の半分はWebからの登録になりますが、その他はご紹介によるものです。

一人一人のフリーコンサルタントに良い仕事をご紹介していくことで、ご紹介した方のご友人やビジネスパートナーなど、また優秀な方の登録が増えていくといった良い形の循環ができているという感覚があります。
補足情報
コンサルタント派遣事業においては、プロジェクトの最初の2週間〜1ヶ月を乗り切るとあとは滞り無く進むことが多いため、特に最初のフェーズは手厚いフォローが必要になるそうだ。
また、プロジェクトの途中で必ずクライアントからフィードバックをもらい、より素晴らしいパフォーマンスを発揮して貰うためにコンサルタントへ更にフィードバックする仕組みも整えている。

その甲斐もあり、顧客満足度調査において83.8%のクライアントから大変満足・満足という結果を得ている。
ー どのようなコンサルタントが登録しているのですか?
1/3ぐらいの方はコンサルティングを本業にしていますが、それ以外の方はご自身でビジネスを抱えていらっしゃる方も実は多いです。

ご自身でビジネスを抱えていらっしゃるが、立ち上げ当初キャッシュが回らない中でキャッシュを稼ぐために当サービスを利用する方もいます。
また、当サービスを利用して様々な企業と仕事をすることで、「自分はこの分野で起業しよう」と決めてビジネスを立ち上げる方もいます。

例えば、とある大手グループ企業の採用支援に2年ほど入ってくださっていたコンサルタントの方は、そのときに学んだことが起点となって新卒採用のビジネスを始めました。

また、我々がご紹介したフィンテックベンチャーの仕事を通じて、フィンテックの領域に可能性を感じていただき、ご自身でフィンテックのビジネスを立ち上げた方もいます。

起業しながら、ご自身でコンサルタント業もやるというような、両輪を回していくやり方は当たり前の時代になりつつあります。
そんな時代だからこそ我々のサービスは活用の仕方次第で、今まで以上の価値を生み出す可能性を秘めているのではないかと考えています。
ー コンサルタントの選定基準はあるのですか?
特定の選定基準というのはないのですが、
我々がコンサルタントの方を評価させていただく際には、スキルはもちろん確認しますが、それとは全く異なる軸として、“何ができるか”ではなく、“何がしたいか”でマッチングすることを大切にしています。

自分の時間の中でどれだけ効率的に稼げるかは重要な要素である一方で、当サービスを通して、世の中の新しい領域にチャレンジしたいと思ったときにも当社のサービスを使えるのが理想的です。

最近当社が注力している新規チャレンジ分野、例えばAIとかフィンテックのような新しい領域のビジネスにも自ら関わることができます。
未経験でそういう領域に挑戦することは、通常難しくチャンスも少ないのですが、当サービスをご利用いただければそういったことも可能になります。

我々は、できることだけではなく、コンサルタントの方が何をやりたいかという志向性も含めてマッチングをすることが大切だと思っており、プロフェッショナル人材のあらゆる働き方の選択肢を提供していきたいと考えています。
補足情報
岡本社長の考えが当サービスに浸透しているせいか、登録コンサルタントの満足度は非常に高い。
アンケート調査において、実に91%の登録コンサルタントから“満足”の評価を得ており、今後またみらいワークスと仕事がしたいと思う登録コンサルタントも90%を超えた。
ー フィンテック企業向けにもコンサルタント派遣サービスを提供していますね。
まず我々は、コンサルタント派遣としてフィンテック業界のベンチャー企業にここ7年ほど、その会社の成長を支えてきた経緯があります。

当時まだフィンテックという言葉が世の中に生まれていませんでしたが、たまたま決済という領域でのビジネスは我々としても面白いと感じ、更に仕事の領域を広めてきたところ、結果としてここ3年ほどはフィンテックという言葉がブームになってきて、マーケットも立ち上がってきました。

その中でフィンテックベンチャーが抱えている課題が我々の経験を通して見えてくるようになってきました。

特に人材を獲得することに苦労することが多いんですよね。

中々お金もない中で先行投資として人を採用することもできません。ただベンチャー企業が成長していく段階、スタートアップ時期、急成長期と一定のタイミングからサービスレベルを非常に高くしなければいけない時期がきます。

これはユーザー数が一気に増えていく、あるいは取引先が大企業に変わってくるなど色々な要因があるのですが、そういった中で何が起こるかというと、仕事が取れないと給料の高い優秀な人は採用できないが、逆に仕事を獲得する前に十分な資金が準備出来ないと、事前に給料の高い人も獲得することもできないということです。

仕事を獲得した際、その仕事ができる優秀な人材がいなければいけないのに、いない…。どうしたらいいだろうみたいな。

そこで、我々が即戦力として優秀な人材を入れ、その間に3〜6ヶ月かけて正社員を採用してもらいます。
正社員を採用してもらったら、我々が派遣したコンサルタントがOJTとしてしっかりとスキルをトランスファーし、会社の中で仕事ができるようにまでする、そういった支援の方法も取り入れています。

フィンテックは特にサービスレベルの上がるタイミングが他のベンチャーよりも速いです。
また、金融サービスというのは、そもそも求められるサービスレベルが高く、さらにフィンテックベンチャーは大手の金融機関と提携しながら事業を広げることが多いのです。

結果として創業して1年ぐらいでそういうタイミングがきてしまい、即戦力な人材の採用が必要になってきます。

そこで我々の出番がきます。

つまり、フィンテックベンチャーが持つ悩みは、優秀な人材をすぐに連れてくるという我々の強みで解決できるわけです。

フィンテックはこれからの日本経済を牽引していく存在になります。
しかし、まだまだ人材が足りていない状況が続いているのが現状です。

これからはいかに優秀な人材をフィンテック業界に連れていけるかが、日本の経済を支えていけるかどうかに繋がってくる考え、当社のサービスを提供しています。
ー 今後みらいワークスをどのように発展させていきたいですか?
我々は、プロフェッショナル人材、アッパー層の方々があらゆる立場で活躍し、挑戦していけるようなエコシステムをつくっていきたいと考えています。

そのような方々が生涯のキャリアを積んでいく上でチャレンジするときに必要な仕組みを当サービスに積んでいきたいです。
そして、色んな働き方をする上で必要なサービスを総合的に提供できるような会社になっていくことで、我々の目指すプラットフォームが完成するのではないかと考えております。
ー 岡本さんが起業されたのはいつですか?
会社設立が2007年9月ですね。
私は当時31歳でした。
ー 30歳前後で人生を見つめ直して起業に至ったという話もよく聞きますが、岡本さんの場合はどうだったのですか?
私もまさにそうなんですよ。笑
30歳になったときに人生を振り返った経験がありました。

それまでは、自分と向き合う時間があまりなかったのかもしれません。
20代のころは外資系に勤めていて、ひたすら仕事の日々でした。
プライベートでは、海外が好きで20カ国くらい行ってましたが、日本ではなく国外に目を向けていました。

しかし、30歳過ぎたときに、これからのキャリアを考えるタイミングになり、
そのときにふと、もう一度自分なりに日本を見直そうと思ったんです。

母が書道の師範代なので、小さい頃から日本の文化を教え込まれてきたのですが、20代のころは国外に目を向けすぎていました。そこで、日本全国47都道府県を回って、もう一度自分なりに日本を見直してみました。そのときに、日本の元気がなくなっていく姿を見たのと同時に、日本の良さをたくさん見ることができたんですよね。

そして、もっと日本の良さを広げ、日本を元気にしたいなと思い、自分でそういう会社を立ち上げたいと思ったんですよね。
ー なるほどですね。では、起業するときのプランは何かあったのですか?
いえ、それがなかったんですよ。
ー ノープランだけどとりあえず起業される方もよくいらっしゃる気がします。
日本を元気にしたいとか、地方創生をしたいというキーワードは私の中にあったので、自分自身がコンサルタントとして地方の企業を元気にすることで日本を元気にするという考えはありましたが、事業プランが特別あったわけではありませんでした。

なので、個人コンサルタントとして起業をスタートしました。
ー キーワードにも出ましたが、当初持っていた考え方が今の経営理念になっているわけですよね。そのルーツはご自身で日本全国を回られたところなどにあるわけですね。
そうですね、強烈な思いや哲学は自分の経験からしか出てこないと思うんですよね。
私としては自分自身で日本全国を回ったことで、日本の良さを自分なりに理解していますし、地方を元気にしたいとか、企業に属さず個人で頑張っている人たちが世の中にたくさんいることもわかりました。

そういった自分の経験の中からしか出てこない考え方はあると思いますので、常に自分と向き合うというのはやり続けなければいけないと思っています。
ですので、自分の心をゆさぶられるところには行きたいと思っていますし、旅も好きですね。
ー 海外も60カ国以上行かれているようですが、それもそういった感覚ですか?
例えば今まで行ったところで言うと、3.11の震災が起きたG.W.にはチェルノブイリに行ってきました。

チェルノブイリの事故から25年目でしたが、福島の25年後がどうなるのかを自分の目で見てみたいと思いまして。

当時、放射能とかメディアで色々報道されていましたが、正しい知識を正しい体験の中で学ぶのは大切だと思います。
そういった中で自分の考えを熟成させていく、そういったところに自分の時間を使っていきたいと思っているんです。
ー 起業を決意されてからまずどういう行動を取られたのですか?
まずは独立した瞬間はお金を稼がないといけないですよね。笑

しかも、会社設立費用を払ったら貯金が10万を切っていて、とにかく稼がないといけない状況でした。
当時、コンサルタントとして稼ぐことしかできなかったので、まずはそれを行っていました。

ただ稼ぐにしても、自分自身で日本を元気にする事業をやると決めていたので、
「その実現のために何ができるのか」を念頭に置きながら、当時は自分で色々と新規事業を行おうとしていました。

当時のことで未だに覚えているのは、 
中国旅行者が増えてきた時期だったので、中国旅行者向けの翻訳サービスを立ち上げ、最初のクライアントもほぼほぼ取れそうだという状態になったのですが、

タイミングが悪く、尖閣諸島問題で中国旅行に対する熱が一気に冷めてしまったので、そのビジネスをやめました。
そしてまたお金がなくなってきたのでコンサルティングで稼いで...そのようなことを繰り返して数年間は続けていましたね。笑
ー では、今の事業の仕組みができるまではどのような流れだったのですか?
最初は自分がコンサルタントとして活動していく中で、色んな方からお声がけをいただくようになり、自分の周りの人にも仕事をご紹介するということを行っていました。

そんな中、当時8人ぐらいでチームを組んで、アメリカのとある決済プラットフォームを提供している会社の案件に対して提案活動をしていました。
その時のチームリーダーが某外資系コンサルティングファーム出身の戦略コンサルタントとして本当に優秀な人で、その方と一緒に仕事をした時にロジックの展開が早すぎてついていけませんでした。

個人コンサルタントとして成長していく過程で、自分はどのようにしてもそのリーダーのようなレベルまでたどり着くことはできないだろうし、果たして自分が目指すべき姿がそこなのかなという疑問を持つようになりました。

一方で、色んな人に仕事を紹介することで、「ありがとう」と言われることがとても嬉しかったです。
特に当時はリーマンショックでなかなか仕事もなかったですからね。

コンサルタントでは自分より優秀な人はたくさんいるが、誰かに機会を提供するということに関しては自分より想いを持ってやれる人はいないんじゃないかなと思ったんです。
そして、誰かに機会を提供するというところでは日本一になれると思いました
ー 人付き合いとかお客様との関係性を維持するにあたって意識していることはありますか?
お客様に限りませんが、自分が楽しまなかったら相手も楽しめないはずだという考え方をしている。
例えば、この人が仕事をくれるかもしれないから、自分を抑えてご機嫌取りしようと思っても、仕事にはならないんですよね。

なによりも自分が楽しめる場になったら向こうも楽しいし、そういう関係は長続きします。

弊社の行動指針の中で、「持続的な関係」というのがあるんですけど、対人関係ではとにかく中長期的な関係を築いていくことが大切で、短期的な関係を構築しても長続きしませんし、結果として長い目で人間関係をみないと物事は動かない。だからこそ自分に嘘をつかず人付き合いをすることが大切に考えています。

この考え方・姿勢は自分自身でも貫いていますし、社員に対してもそういった考え方をしましょうという話をしています。
ー 社員を雇うには人としてどこまで信頼できるかなどハードルが結構あるように思いますが、如何でしょうか?
今思うと結構あったのかもしれませんね。
ただ、考えすぎていたなというのが正直なところです。

何か大きなことを行わなければいけないときに、そもそも一緒に行動してくれる仲間がいないとできませんし、
思いに人は集まってきてくれるので、経営理念とかビジョンなどをすごく大切にしていて、そこに賛同いただける方に来てもらうようにしています。
ー ビジネスをやる上で大切にされていることは何でしょうか?
様々なことを大切にしていますが、特に気にしているのは人に対して誠実であることです。

弊社で獲得するお仕事は、ほぼ100%人からのご紹介です。
何故、人からのご紹介でお仕事を獲得できているのかなと思った時、結果として色々な人とのご縁を大切にしてきたことだとわかりました。

また、以前にご縁があった方と継続的に関係が続いている中で、あるタイミングで仕事のパートナーになったり、もしくはニーズが生まれたりすることもありました。

誰かが仕事をくれるかなんて、出会ったときにはわかりません。
起業するのであれば仕事をあげるよと言ってくださる人もいましたが、そういう人が仕事をくれることは少なく、5~10年経ってみると全然関係のなかった人たちが、仕事を紹介してくださったり、その逆もしかりで、私からも何か困ったときに、「あ、そういえばこういう人がいたな」ということで仕事を依頼することもあります。

そういった一つ一つの縁を長い目で育んでいくことで将来の人間関係やビジネスへの発展もあると思います。

スティーブジョブスがコネクティングドットと言っていましたよね。

“点と点を繋いでいって物事は進んでいくが、どの点と点が繫がるかはわからない”ということですが、あの感覚は人間関係においても当てはまると思います。

だからこそ今おこなうべきことというのは、一つ一つの出会いに誠実に向き合うことだと思います。

この人が将来自分にとって線になるかわからないけれども、一つ一つ点を打ち続けること、一つ一つの出会いに対して誠実に向き合うことが大切だと思っていますし、これからもそうしていきたいと思っています。
ー 今後の岡本さんの生き方のビジョンを教えてください。
私の場合は、自分自身で行おうとしていることが会社の理念になっているので、それをまずは実行していくことがメインになってくると思います。

しかし、一方でビジネスだとできないこともあると思っています。

例えば、今は地方創生というキーワードで色々な活動をされている方はたくさんいます。
ビジネスとして実現しようと思うと、マネタイズを考えないといけませんし、それができないと活動もできなくなります。

地方に多くの人が移民するとか、向こうで仕事を見つけて働くというのを、マッチングとしてビジネスにしようと思っても、なかなか難しいのが現実です。実際にその類は国からの地方交付金とかで回っていることがほとんどです。

地方創生を本気で実現しようとすると自分のライフワークとして取り組まないといけないと考えています。

ビジネスとして世の中に応えていくことと、自分のライフワークとしてやりたいことを実現していくことの両立が必要になってきます。
まさに私の40代というのは、そういったことを行える環境作りをすることが私自身の挑戦になるんじゃないかなと思っています。
ー 今日はありがとうございました。

  • 株式会社みらいワークス
  • 代表取締役
  • 岡本 祥治 (Nagaharu Okamoto)
【インタビュアーから見た印象】
キリっと引き締まった立ち姿が印象的な初対面であった。
少しこちらは緊張してしまったが話始めるとなぜ緊張していたのか不思議なぐらいにリラックスして話をすることができた。また、取材が終わった後も私の個人的なビジネスの話に耳を傾けアドバイスまでしてくださった。
動画を見てお分かりの通り、話し方は1本の軸が通った人の話し方で迷いがない。
かといって、緊張感を煽るような話し方ではなく、時折見せる笑顔はその場を和ませる力がある。
3.11の後にすぐチェルノブイリを訪れるなど、正しい知識と情報を現地現物で仕入れるなど、常に本質的なものを追求している。
岡本さんが日本全国47都道府県を回ったり、世界60カ国以上も旅しているのはそういった姿勢の表れでもある。