日本で初めてのアフィリエイトスクールを国絡みでやっていく
株式会社ルーチェ
世界で一番携わる、関わる人数が多い会社を目指す。
主体性を発揮して、目指すは「天下統一」
代表取締役の戸上 祐一さんに話を伺った。
ー 事業内容を教えてください
通信事業とアフィリエイトコンサル事業ですね。
通信事業ではネット回線の取次代理店、アフィリエイトコンサル事業ではアフィリエイトのノウハウ提供を国や地方自治体などを絡めながらやっています。
もともとは通信事業のみでしたが、2014年からアフィリエイトコンサルの方もはじめました。
ー 後ろに表彰状がたくさん置いてありますが?
これは通信事業の方でいろいろと表彰を受けたものですね。
法人としてやる前に、個人でやっていたのですが、auひかりで全国ナンバー1になることができました。また、法人化した後も大阪の各地域を全制覇したり、東京地区でナンバー1を取ったりすることができました。
そういう実績があるので、いろんなところからこれ売ってくれあれ売ってくれと話がきます。
ー 素晴らしい実績の数々ですね。個人で結果を出した後に、組織としても結果を出されていますが、個人と組織ではまた違うと思います。なぜ組織になってからも強い営業力を発揮されているのでしょうか?
各業界の営業でナンバーワンになってきた方々がうちに集まってきてくれているので、それで強い組織になっているというのはありますね。
ー 戸上さんはなぜそのような人を集めることができるのですか?
私がしつこいからでしょうね。笑
手伝ってくれって...笑
ー それは愛されてるということですね。笑 何か戸上さんには会った瞬間から人との間に壁をつくらない感覚を感じます。
そうですね、人に壁をつくることはないですね。
ー ところで通信事業を始めた経緯について教えてください?
株式会社ルーチェを立ち上げたのは2011年1月で、当時私が27歳でしたが、実は10代の頃から事業はやっていました。
それも同じく通信の営業だったのですが、20代前半で潰しちゃったんですよね。お金は儲かっていたのですが、それによって組織が壊れる部分もみてきました。

今度会社をつくるときは、そういうのではなく、新しい会社づくりをやろうと思っていました。
会社を潰したことで負債もかかえていたこともあり、まずはサラリーマンからやり直そうと思い就職をしました。

その就職した先で、本気でナンバーワンを目指し、朝誰よりも早く出社し、夜も22時ぐらいまで訪問営業をした結果、入社してから一ヶ月ほどでナンバーワンになることができました。
そんな中で、戸上なら部長職とかについて月70万ぐらいは安定して稼げるよなどということを言われていましたが、僕はそれを求めてはいなかったんです。

一方で、昔の会社の社員から、会社をもう一度立ち上げてほしいとか、もう一度一緒に仕事をしたいというようなことを言われていました。じゃ、自分がもう一度やるしかないなと決意したんです。

そして27歳で再び起業しました。
ー なるほど。今はアフィリエイトコンサル事業も新しく始められていますが、これはどういう経緯で始めたのですか?
通信事業の方が順調にいっていたので、このままトップを取ろうなんて言っていた矢先、営業マンの3/4ぐらいが引き抜きに合っちゃったんですよね。それで多くの売れる営業マンがいなくなってしまいました。
ー それは大変ですね。
そこで新しい事業をやろうと思い、いろんなことに手を出しました。
売れるものは10個やって1個あればいいかなぐらいに思っていたのですが、その中でアフィリエイトがうまくいったんですよね。
うちの社員一人一人が月100万稼ぐことができたので、このノウハウを自分たちだけが稼ぐために使うのではなく、みんなで稼げるようにしていこうと考えました。
それが今のアフィリエイトコンサル事業の始まりです。
今この事業がうまくいき始めている状態です。
ー 国や地方自治体を絡めて、とおっしゃっていましたが、具体的にはどういうことですか?
まず日本は平均所得が高いですが、地方にいくとまだそうでもないんですよね。
職業がなかったり就職難なところも多いので、アフィリエイトで稼ぐのを一つの手段として提案できるようにと考えています。

そして今、総務省がやっている地域おこし協力隊という制度があります。これは東京から起業家を増やしていくという思想の制度で、東京から地域興しのノウハウを持った人間を地方に送る活動をしており、そこに参画することで助成金が出たりします。

そうした制度がある中、国からお声がけいただいたという経緯ですね。
東京で弊社アフィリエイトノウハウを学んでいただき、その方々を地方に送り、ノウハウを広めることが社会貢献になります。
ー なるほど若者は都会に集中していますし、アフィリエイトがそういったところで役に立つんですね。
今は若者が東京名古屋大阪に集中してしまっているので、地方から若者が離れないようにする支援の一貫として考えています。
アフィリエイトは一部ではネガティブな要素として見られていますが、そのネガティブなイメージを覆そうと思ってやっているんです。
これからアフィリエイトのスクールの運営も考えていますよ。
日本ではじめてアフィリエイトで稼ぐためのスクールが作れればいいと思っています。
うちの会社が全国の人を稼がせて平均所得をあげていくようなことをしていきたいんです。
ー 人を稼がせることはできますか?
通信事業をやるときに、当時人を雇うお金がなかったのでフルコミで募集をうって人を集めましたが、そこから100万円プレーヤーが3人誕生しています。そうやって誰かを稼がせることができたということは、しっかりとノウハウを覚えさせれば、お金を稼がせることができるんだと、今この事業をやるにあたっての自信につながっています。
ー この事業を通して会社をどう成長させていきたいですか?
アフィリエイトで稼がせる会社として、日本でナンバー1になりたいですね。
あとは海外進出です。海外にはアフィリエイトが今はあまりないんですよね。
アフィリエイトで海外進出し、それをきっかけに世界に出ていきたいと思っています。
ー どのような人生を歩んできたのですか?経歴を教えてください。
中学を卒業してから高校には入学したのですが、高校は一ヶ月で辞めました。
家が貧しくて、ロウソクの火で生活するような家だったんですよね。食べ物も友達の家から譲ってもらったりしていました。
高校を辞めたあとはいろんなアルバイトに明け暮れていましたね。
そこで仕事をしてお金を手に入れる価値を覚えて、仕事が楽しかったです。

私の性格上、サボっている人を見ると気分がよくないので注意する方で、すぐにバイトリーダーになったりしていました。
そんな中で、とある営業会社のアルバイトをやっているときに、社長から100万稼がせてやると言われて、他のアルバイトを辞めてそちらに専念することにしました。
フルコミでの仕事だったのですが、そこで実際に100万稼ぐことができたんですよね。
そこからメンバーを集めて自分たちで事業をやるようになりました。
ー 戸上さんは仲間を集めるのが得意そうですよね。
そうですね。誰に対しても壁はつくりませんし、周りからもそう言われます。
ー 合う人合わない人っていうのは普通はあると思うんですけれど。
昔は少しありましたけど、今はないですね。
どんな人にもストーリーがありますので、これがあったからこそ、今のその人になっているんだって思うようにすると、納得できます。
ですから、なぜそういうこと言うんですか?とか、なぜそういうことをやるんですか?というのをズバッと聞いたりしますし、そうすると「あ、そういうことか」と腑に落ちます。
ー 仲間づくりや人と接する上で意識していることはありますか?
人が困っていることがあったら助けるということをいつも意識してきました。
ー 話が戻りますが、100万円を稼がしてくれた社長のところを離れ、起業されたのはなぜですか?
仕事観ですかね。上司と考え方が合わない部分もあり、自分の観点でやりたいと思って起業した経緯はありました。
ー 今は素敵なビジョンをお持ちですが、そのときのビジョンはありましたか?
もともと貧しかったというのもあってとにかく稼ぎたいというのが強かったんです。
ただお金を稼ぎたいということで、ビジョンがなかったんですよ。
しかし会社を経営するにあたってビジョンがないとやはりだめです。
ー 廃業された経緯を教えてください
その当時僕はマネジメントという言葉を知らなかったんですよね。
一人一人を自分でマネジメントしながらかつ自分も営業に行くというスタイルでした。
それでやっていると売上もあがりませんし、人に仕事を任せることができず、自分から動ける人間を育てることができなかったわけです。
それで業績悪くなったりとか、お金の使い方もおかしくなっていて、破綻の原因になっていたかと思います。
10代で月300万ぐらい稼いでいたので、おかしくなっちゃいますよね。
自分のマネジメント不足がすべての原因でしたね。
ー 今の会社で起業するときはそのあたりはどうでしたか?
一度失敗していますので、今度はそのようなことがないよう、経営や哲学をかなり勉強しました。
松下幸之助さんや稲盛和夫さんやスティーブジョブスさんやマーク・ザッカーバーグさんの本を読んだり、種々の自己啓発系の書籍を買っては実践していきました。
ー 私生活も随分変わりましたか?
昔はロレックスをしたりブルガリのネックレスをしたり、靴はフェラガモでバックはエルメスとかやっていましたが、今は時計はその辺で買える4万円の時計ですし、ブレスレットは1000円です。スーツなどの最低限の身だしなみはしっかりしますが、それ以上の背伸びすることはやめようと思っています。
家もボロアパートに住んでいますし、役員給与も大卒給料より低いぐらいですね。そして飲みに行くときは鳥貴族です!笑
ー 鳥貴族!笑 個人の夢を教えてください。
僕が死んでも後世に名前が残るような人間になりたいですね。これが経営者じゃなかったとしてもそうです。
せっかく生まれてきたので、「何かを変えた」といえるようなことを成し遂げるのが夢です。
会社の夢も同じようなことで「世の中を変える」ことです。
日本で初めてのアフィリエイトスクールの構築をやりたいと思っていますし、日本という国がこれからアフィリエイトのカリキュラムを創るのであれば、その促進をうちの会社がやりたいと思っています。
ー 今日はありがとうございました。

  • 株式会社ルーチェ
  • 代表取締役
  • 戸上 祐一 (Yuichi Togami)
【インタビュアーから見た印象】
戸上さんの印象は何と言っても人当たりの良さである。
人に対して壁をつくらない性格だとインタビューの中でも答えていただいたが、本当に壁のない方である。
写真の方とも、思わずニコニコしてしまうような冗談を交えながらコミュニケーションをとるその姿に、自然と人の輪を広げる力を持った人ではないかという印象を受けた。
ロウソクの火のもとで暮らした幼い時代、とにかくお金を稼いだ10代後半、事業を失敗した20代前半、再起をかけて立ち上がった20代中盤、再び起業し販売実績ナンバーワンを達成した20代後半、様々な苦難と栄光を凝縮して味わってきた戸上さん、その経験が戸上さんの心を豊かにしていったのかもしれない。